季節のイベント

子供の日は男の子は何歳からで初節句に何をするか?着物を着せたい時は

子供の日を初めて迎える場合には、男の子は何歳からが初節句になるのか?何をするか?そして着物を着せたい場合にはどうしたら良いかなど悩んでしまうと思います。

 

そこで今回は同じ悩みを持っていたママ友からの質問に答えた時の内容をまとめてみました。

子供の日は男の子は何歳からお祝いをする?

まず生後100日までに5月5日が入るようであれば、自然と翌年の5月が初節句となります。しかし、これはあくまでも、地域によって異なる為、必ず確認しておく事をお勧めします。

基本的にそれ以外には明確な決まりはなく、ご家族やお母さん、お子さんの体調を考慮し行うと良いかと思います。

その上で、経験者としては、やはり、4月以降に男の子が生まれた場合は、翌年に延ばしても良いかと思います。5月の節句に必要な兜や鯉のぼりは、お雛様の販売が終わる2月末から販売されるお店が多くなります。その為、4月に生まれた場合、どうしても、良いものをゆっくりと選ぶ時間は持てないのではないでしょうか。

また、兜などは、春分の日を過ぎた頃から飾り始めると言われています。その事を考えても、それまでに準備する事が望ましく、それが難しい場合は、翌年に延ばし、ゆっくりとお祝いしてあげた方が良いかと思います。

また、その方がお母さんの体調にも影響を及ぼす事は少ないかと思います。もちろん、悩む時期ではない時期に生まれたお子さんの場合は、次の5月にお祝の席を設けると良いかと思います。

子供の日の男の子の初節句は何をするのか

では、子供の日の男の子の初節句は、何をすれば良いかというと、まず、基本は兜や鯉のぼりを飾ってあげる事から始まります。住宅事情などで鯉のぼりを飾る事ができない場合もあると思いますので、そう言った場合は、無理をして飾る必要はありません。

また、兜においても大きさは、様々です。その為、兜においても、住宅事情を考え選んであげると良いかと思います。

そうして、初節句の準備が整えば、今度は家族でお祝いをする準備を整えます。ここで言う家族の考えは、人それぞれかと思いますが、祖父母からお祝を頂いている場合は、初節句のみお祝の席にご招待すると良いかと思います。

その際、何を準備しなければいけないと言う事はなく、少し豪華な食事を作れば十分かと思います。また、お子さんが食事することができるような場合は、お子さんに合わせたメニュー作りでも良いかと思います。

もっと言えば、それも面倒だと思った場合は、お店を予約し食事は別の場所で行うようにしましょう。そうする事で、メニュー選びに迷う事なく、また、お母さんの負担も軽減させる事ができるかと思います。

ただし、どちらにしても、一度は自宅に招き入れ兜などを見て頂き、その上で一緒に写真を撮る事をお勧めします。一生に一度の初節句のお祝い。是非、家族皆さんの笑顔を写真に収めてください。

その他、手土産として、ちまきや柏餅をご両親に持って帰って頂くと良いかと思います。

スポンサーリンク

子供の日に男の子に着物を着せたいなら

せっかくの初節句だから、出来ればお子さんに特別な装いをさせてあげたいと思いますよね。そう言った人には、着物などがお勧めです。

兜を購入した際に法被が一緒に付いている事もあり、それを着させてあげるだけでも十分可愛いかと思いますが、通販を利用すれば簡単にロンパースタイプの着物や可愛い金太郎スタイルの洋服なども購入する事が可能です。

着物では、ありきたりで少し変わったものが良いと思われる場合は、金太郎や桃太郎などといった衣装を準備してみてはいかがでしょうか。きっと、それを見た祖父母も喜ばれるかと思いますよ。

実際、我が家の息子の時は、桃太郎を着せました。その写真は今も毎年、兜の前に飾られており、良い記念となっています。

まとめ

以上が男の子の初節句についてとなります。私の場合、娘が2月生まれでその年のお雛様の初節句は飛ばした経緯があります。

その際、私の独断で行ったのですが、それが気に入らなかった姑に嫌味を言われた経験があります。

出来れば、自分たちだけで決めるのではなく、その地域の風習や親戚付き合いの中での風習などがある事を考慮し、一度、どのようにすれば良いか確認しておくと良いかと思います。

そうする事で、きっと、揉める事なく初節句のお祝いを迎える事ができるかと思います。

また、万が一5月5日で予定を合わせる事ができなかった場合は、お祝い事は遅れない事が基本です。そう言った事を考え、5月5日前に初節句のお祝いの席を設ける事ができるようにする事をお勧めします。


honmura