ファッション

浴衣の帯はクリーニングに出すもの?洗い方と素材の注意点とは

浴衣の帯を洗いたい時にはクリーニングに出すのが一般的なのでしょうか?気になる女性も多いと思います。

また、自分で洗う場合の洗い方やその時の素材ごとの注意点などについて、着付け教室もやってる祖母から教えてもらった情報をご紹介します。

浴衣の帯はクリーニングに毎回出すべき?

帯という物は原則洗う物ではありません。特に浴衣の帯は型崩れや色落ちを起こしやすいので、着用する度に洗うのは避けましょう。

しかし、浴衣にしろ着物にしろ着用後は汗もかいていますから湿った感じがしますね。ただ干すだけではちょっと気持ちが悪い、また、しみ等が出来ないか心配でもあるでしょう。

自宅で洗うのも型崩れを起こす原因になるので、洗いたいならプロであるクリーニング屋さんに出すことをお勧めします。素材や洗濯が可能か表示も確認しましょう。

しかし、着用の度にクリーニングに出す必要はありません。原則として帯は着用後に浴衣同様干して汗を飛ばします。そして乾いたタオルで表面に着いた汚れをトントンと叩くようにして取り除きます。そしてタンスにしまいます。

浴衣は綿や麻で出来ているので、夏に大汗をかいた時などは畳んでネットに入れ洗濯機の弱水流で洗えます。

しかし、帯はしっかりと編んである織物ですから何より型崩れは防がなければなりません。その為、汚れを付けてしまったりしない限りはクリーニングも数年に一度位で充分です。

浴衣の帯の家での洗い方はどんな方法がベスト?

帯を自宅で洗うにはどうしたら良いでしょうか。まず、自宅で洗える素材と洗えない素材があることを覚えておきましょう。

  • 自宅で洗える素材・・・ポリエステル、綿、麻
  • 自宅で洗えない素材・・・絹、金糸が使用されている物、レーヨン、他に訪問着や留袖に合わせる高級な帯は自宅では洗えません。

クリーニング屋さんにお願いしましょう。

ただ、先述の通り、帯は原則として洗わないことを前提に作られています。表示に「洗濯可」と書いてあるポリエステルの帯が最近出ていますから、そういう帯以外はあまり自宅での洗濯はお勧め出来ません。

でも、綿、麻、ポリエステルの帯を自宅で洗うなら、洗濯機に入る大きさに畳み、弱水流や手洗いコースで洗います。脱水時間は短めに。1~3分間に留め、型崩れを防ぎます。

洗剤はお洒落着用の物が良いのですが、一番良いのは「ハイベック」のような洗濯機で回さず、浸けておくだけの物です。脱水も何十秒で止めて干します。洗濯槽の中で回される程型崩れの恐れが出てきますので、少々お高いですが、ハイベックのような洗剤がお勧めです。

洗濯が終了したら、帯に付いたしわを伸ばすように手でパンパンと叩きましょう。そして、出来れば平干ししましょう。ハンガーなどに掛けて干しても構いませんが、その場合はピンチは使わないで下さい。折角の帯にピンチの跡が付いてしまいますから。

干す場所は風通しの良い「日陰」です。カンカンに日が当たる場所は乾くのは早いでしょうが、色褪せや縮みの原因になります。陰干しでゆっくりと乾かしましょう。

乾いたら、アイロンをしわが出来た部分にかけます。この時、必ず「あて布」をして下さい。

そして、ポリエステル製なら中温で、綿・麻なら高温で、ドライでアイロンをかけてしわをしっかり伸ばします。しわが取れたらハンガー等に掛け、熱を冷ましてから畳んでしまいます。

ただ、帯は出来れば丸めてしまいたいものです。特に浴衣の帯は冬の間使わないでしょうから、その間に折りじわが出来てしまうからです。帯を巻いた場合は立てて保管すると良いでしょう。

スポンサーリンク

浴衣の帯を選ぶときに素材の注意点とは

夏に浴衣を着る若い方が増えた為か最近は浴衣も帯も沢山の種類が売られています。それらは殆どがポリエステル製かポリエステル混紡の物です。今時は綿麻製の帯は少々価格が高くなっています。

浴衣用の帯としては半幅帯、名古屋帯、兵児帯があります。浴衣でもお出かけ用に着るなら涼し気な柄の名古屋帯を締めるときちんと感が出るのでお勧めです。

お出かけ用の場合は下に麻製か竹製の涼しい長襦袢に半襟を付けて、着物に近づけて着こなしましょう。

さて、素材ですが、自宅でも洗えて手入れが比較的簡単なのは、やはりポリエステル製の帯です。化繊なので洗濯機で洗っても綿や麻に比べると型崩れしにくいのも利点です。

着用中は綿・麻の帯に比べると蒸してしまうかもしれませんが、最近は化繊の質も良くなっているので、着にくさも随分軽減しています。

自宅では手入れが難しい素材は、やはり絹です。また、金糸や銀糸を織り込んでいるなら、自宅では絶対に洗わないで下さい。また、クリーニング屋さんに出すのも数年に一度で充分です。

こういった素材の帯は浴衣に使うことはまず無いでしょうが、元から洗うことを前提に作られていないので気を付けましょう。

また、レーヨン、またはレーヨン混紡は縮みが激しいので、やはり自宅で洗うことは避けた方が良いでしょう。

まとめ

浴衣でも着物でも、帯は原則として洗わないものと思って下さい。ただ、浴衣は夏に着る物で、帯も汗を吸ってしまいます。また、汚れを付けてしまった時等はクリーニング屋さんにお願いするようにしましょう。

また、自宅で洗う場合は綿・麻・ポリエステル製の帯で、表示に洗濯可と掛かれている物に限るようにした方が無難です。

honmura