ファッション

浴衣の時期はいつからいつまで?クリーニングに出すタイミングとは

浴衣を購入したらなるべく早くから着てみたいと思うものですよね。でも浴衣にも着るべき時期というものがあります。

常識的な時期よりも前に着ても時期を過ぎてから着てもどちらにしても笑われてしまいます。インスタなんかに時期を外してアップしたらそれこそ恥の拡散ですよ。

そこで今回は、浴衣を着るのはいつからいつまでの時期が常識の範囲内なのか?そして着るからには避けられないクリーニングのタイミングについても紹介してみたいと思います。

浴衣を着る時期はいつから?

浴衣の場合、一年中着る事ができる着物とは違い、やはり、着る季節を考慮する事が重要になります。浴衣の場合、やはり、夏に着るものと言うう事を考えても梅雨が明けた7月頃からが浴衣の季節と言えるのではないでしょうか。ただし、必ず7月からでないといけないと言う事はありません。

ちなみに6月末に行われる事の多い神社のお祭り「輪くぐり」ですが、我が家の地域では、その輪くぐりのお祭りには、6月にも関わらず多くの女性が浴衣で輪くぐりに参加し、夜店を楽しんでいます。それを見て、「6月なのに浴衣?」などと一度も思った事はありません。そう言った事から、時期も大切ですが、お祭りなどがその前後にあった場合は、7月と言う区切りを気にせず、多少早くても浴衣を楽しんでもいいかと思います。

浴衣は、見ている人にも涼しげな印象を与えるものです。そう言った事から、言い換えれば7月でもあまりにも寒い日には着用しない方が良いと思われ、反対に6月でも蒸し暑い日ならば気にせず、浴衣でお出掛けしてもいいのではないでしょうか。

また、地域によってお祭りが始まる時期が異なりますよね。その為、地域によって浴衣の解禁日が異なるとも言われています。

例えば、東京の場合、5月に大きな三社祭が開催されます。そこには多くの人たちが浴衣姿で現れ、それが浴衣の解禁日だと言われているようです。月で考えると7月まで2か月もあるものの、やはり、大きなお祭りと言う事で多くの人が浴衣を楽しむようです。

最近では浴衣=お祭りと言った事が多いかと思います。その為、お祭りに着ていく分には、5月でもOKと言えるのかと思われますが、お祭りなどではない場合は、やはり、季節感を重視し7月前後を目途に考えるといいかと思います。

浴衣を着る時期はいつまでなら大丈夫?

では、つぎにいつまでなら浴衣を楽しんでも良いかと言うと、一般的には8月。しかも、お盆までと言えるかと思います。とは言っても、まだまだ、暑い日が続き、しかも、9月頃までは花火大会なども多く開催される事かと思います。その為、出来れば浴衣を着て楽しみたいと言う人も多いのではないでしょうか。

その気持ちは十分にわかりますが、洋服でも季節の先取りはオシャレと言われる事と同じように長く着続ける事は季節外れと認識される可能性が高くなります。その為、5月から浴衣を楽しむ事は出来ても、9月の後半になっても浴衣を着ているようでは、ちょっと…。と思われてしまう可能性が非常に高くなします。

その為、9月中旬までの花火大会などにはギリギリ、浴衣はセーフだと言えますが、それ以降は出来るだけ避ける事をお勧めします。ましてや、いくら残暑が厳しい時でも、秋祭りと言われるような祭りには浴衣を着て出かける事はできません。完全に浮いてしまいます。

また、お盆が過ぎた頃からは同じ浴衣でも柄に注意する事をお勧めします。金魚や朝顔などといった夏の定番の柄の浴衣は避け、また、色においても白などの薄い色、淡い色は避けるようにします。そうする事で、夏全開の浴衣ではなく落ち着いた印象の浴衣姿にすることが可能になります。

スポンサーリンク

浴衣をクリーニングに出す時期はいつが最適?

浴衣の場合、洋服のように着る度に洗う必要はありません。とは言っても、蒸し暑い日に浴衣で出かけると汗や臭いが気になりますよね。そのような時は、乾いたタオルで優しく浴衣を押しながら汗などを拭きとり、あとはハンガーにかけ湿気を取ってあげれば大抵の場合、大丈夫です。

それでも気になる場合は、消臭スプレーをシュッとかけて干してください。そうする事で、臭いや菌の繁殖を防ぐ事が可能になります。

中には、洗濯機OKや手洗いOKの浴衣もあるかと思います。そう言った浴衣の場合、着る度に洗ってしまいがちですが、出来れば、浴衣の事を考えると頻繁に洗うのではなく、シーズンの終わりに一度洗う程度にすることをお勧めします。

また、クリーニングに出す場合も費用の事を考え、シーズンの終わりに出せば十分かと思います。

とにかく、着る度に洗う必要はないと覚えておいてください。その代わりに浴衣を着た後は、すぐに畳んでしまうのではなく、ハンガーにかけ十分に乾燥させてからしまう事を忘れてはいけません。そうする事で、次に浴衣を着る際も、綺麗な状態で着る事が可能となります。

まとめ

いかがでしたか。せっかく購入した浴衣だから何度も楽しみたいと思いますよね。もちろん、何度も浴衣を着て楽しんで頂ければ良いかと思います。

ただし、だからと言って常識外れの季節に浴衣を着ないと言う事だけは忘れないでいて欲しいと思います。浴衣と言うものは夏の風物詩のひとつ。

その為、その事を頭に入れ着用する時期を選ぶ事をお勧めします。特にお祭りや花火大会などといったイベント以外で浴衣を着る際は、必ず季節外れにならないかと言う事を考慮し浴衣を楽しむ事が大切になります。

honmura