季節のイベント

結婚後にお中元は親同士で贈るもの?実家や兄弟にはどうすればよい?

結婚後には親同士の付き合いもはじまるのでお中元のやり取りもしくちゃいけないのかな?と気になる方も多いと思います。

ただ、若いご夫婦の場合には親同士のお中元が必要かどうか?また贈る場合のマナーが分からないのが普通です。

そこで今回は新婚さん向けに親同士の両家のお中元について紹介してみたいと思います。

結婚後のお中元や親同士で贈りあうもの?

親同士で贈り合うかどうかは一番難しい問題です。何故なら違う環境で育った二人がなので考え方がまったく違うからです。

中にはお中元を当たり前に贈っている家庭もありますし、そういった付き合いがない家庭もあります。

ですが、親同士でお中元を贈り合うといことは良くあることなのでどうするか考えた方がいいでしょう。一番いいのは子ども同士が話し合って決めるのが一番角が立ちません。

お互いにどのような考え方の親なのかを話し合って両家の親御さんの意見を確認しておくことをおすすめします。こういう場合は旦那さんの協力が必要なのですが、中には興味がなく、まったく関与してくれない人もいます。

そういう場合はお嫁さんが親御さんの意見を聞き、相手のおかあさんにそれとなく伝える必要があります。そのときはあくまで相手の家の顔を立てて下手にお願いする事がポイントです。

お歳暮は家によってはすごく大事に考えている場合もあるので、気楽になしにしてしまうと今後の付き合いに響いてしまう可能性があるので慎重に行いましょう。

また、中には最初は贈っていても数年したら「気遣いはなしにしましょう」とお断りされる可能性もあるので、今後ずっと続くとは限りません。

結婚後にお中元は互いの実家にも贈るのが普通?

お互いの実家にお中元を贈るかどうか迷う場合もありますよね。

絶対に贈らなくてはいけないわけではないですが、実家の間が離れている人は普段のやり取りが少ない分、せめて挨拶代わりにお歳暮だけでも贈るという考え方もあります。

これもお互いの実家との考え方があるので、親の考え方に合わせて贈るか決めるのが一番です。

旦那の実家に贈るかどうかは旦那の実家の考え方があるので、その考え方に従いましょう。

特にお嫁さんは相手の今後の付き合いがあるので、お中元を実家に贈るのが当たり前と思っているなら贈った方が良いですね。

どちらにしてもその家の考え方があるので従う方がいいでしょう。

スポンサーリンク

結婚後のお中元は兄弟同士はどうすればよい?

お中元は日ごろお世話になった方へ贈るものですが、兄弟や義兄弟へはどうしたら良いか分からない人も多いですよね。

また、結婚したら実家とは別の家庭になるので、義兄弟、兄弟とももちろん別の家庭になります。

今ではお歳暮自体を贈らないという人も少なくないので、贈るのが普通というわけではありません。義理親や自分の親にお歳暮を贈っていないという人は兄弟には贈らなくても大丈夫でしょう。

ですが、実家や義実家がお歳暮を贈るのが当たり前の家庭なら兄弟も贈り合う可能性があります。

ですので、その家がどのようにかんがえているかが一番大切なのでまずは確認しておく事が大切です。

中にはお歳暮などの行事をとても大事にしている家庭もあるので、そういう家は兄弟間でも贈る事が多いでしょう。

もし、最初から贈る気がない場合は兄弟間で話し合っておくことが大切です。

もし、兄弟が実家の近くに住んでいて将来的に両親の世話をする可能性があるならお歳暮を贈った方が良い場合もあります。

他にも兄弟の距離が遠くて普段交流がなかなか取れない場合も贈った方がいいです。

兄弟間が遠い場合、普段交流が取れないので両親に何かあった場合に連絡が取れなくて困ったというケースもあるので、交流を持つつもりでお歳暮を贈るという事は大切です。

また、兄弟にお歳暮を贈るといっても高価なものである必要はありません。年代によって相場は違いますが、目安として3,000円~5,000円がいいでしょう。

相手の負担にならないような金額にすることも大切なので値段の目安は覚えておきましょう。

まとめ

このように親戚間のお中元について紹介しました。結婚したばかりでどうすることがマナーなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

もちろん絶対にこうしなければいけないという決まりはありませんし、近年はこうした行事は簡略化されてきている傾向があります。

実際にお中元のやり取りがある家庭よりもない家庭の方が多いのが現実です。

ですが、中にはお歳暮などは必ず贈り合うと考えている家庭もあるので、結婚相手がそういう考え方ならそれに合わせていくことが大切です。

家によっても考え方が全く違うのでお互いに話し合っていくと角がたたないのでお互いの実家は自分たちで話合う事が大切です。

親戚は今後の付き合いがあるので難しい問題ではありますが、結婚したらお歳暮についてしっかりと話し合うことが大切です。

また、夫の実家をたてるという考え方の方が今後の付き合いがスムーズにいくので覚えておいてくださいね。

honmura