家のこと

一人暮らしの洗濯物 梅雨時期の室内干しや浴室での臭い対策など

一人暮らしをしている女性の場合には室内干しじゃないといろいろ困ることもあると思います。

アパートのベランダの作りによっては雨が降るとすぐに濡れてしまう場合や、帰宅が遅くなりがちで早くに取り込めないケース、それに防犯面から室内干しをしたい方も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、大学進学などっで一人暮らしをはじめる方などに向けて、室内干しで失敗しないための注意点や浴槽を使って干す場合や生乾きの臭いの対策についてご紹介したいと思います。

一人暮らしの洗濯物 室内干しするなら

室内干しにするといいメリットやデメリットはどんなところにあるのでしょうか。

犯罪に巻き込まれない

初めての一人暮らし、家族と一緒なら大丈夫なものの、いざ1人になって不安に感じるのは「防犯」です。

とある調査によると下着泥棒など何らかのトラブルを経験したことのある女性の多くが、室内干しではなく外干しを日常的におこなっていたそうです。

ベランダに下着をつるしておくと「この家には、女性が1人で住んでいます」というアピールをすることにもなるため注意を払っておきたいところ。

犯罪に巻き込まれてしまわないように、ときには自分の身は自分で守る心がけをおこなうことが大切です。

干しっぱなしでラクちん

室内干しの良いところは小まめに取り込む必要がないことです。天気が変わりやすい梅雨の季節は朝晴れていても夕方には雷雨になることもあります。

外出先で「しまった!」と思わないためにも、面倒な手間のいらない、室内干しがおすすめです。

臭いが気になる

室内干しだと防犯面で安心なものの、生乾きになりやすく臭いが気になりやすいデメリットもあります。

風が通りやすくなるように扇風機をまわす、除湿効果のある新聞紙をまるめて床に敷くなど、簡単なケアをおこなうことで生乾きのシャツを手早く乾かすことができます。

一人暮らしの洗濯物を浴室で干すなら

室内干しと同じくらい人気があるのが、バスルームに干す浴室干しです。

早く乾かすためには「ぶ厚い生地と薄い生地を交互につるす」「一度にたくさん洗濯しない」などのテクニックもあります。浴室干しのメリットとデメリットは次のような点にあります。

室内をキレイに使える

室内干しをすると、カーテンレールや窓際のゾーンが洗濯物でいっぱいになることもあります。彼氏や女友達が突然遊びに来たときには、少々気まづいと感じることも・・・。でも浴室干しなら室内をすっきり広く魅せることができます。

ランドリーパイプが使える

1人暮らしのお風呂場によく付いているのが、ランドリーパイプ。いわゆる突っ張り棒です。

あらかじめ設置されているランドリーパイプはハンガーや物干しパンチをひっかけるのに便利です。お風呂場に入浴する時間以外は、そのまま干しっぱなしでいられるため、とても効率的です。

部屋干しより早く乾く

意外にもバスルームは洗濯物にとって、好都合な場所。換気せんが付いているため空気の流れが良く、効率的に衣類を乾かしてくれます。湿気の多い室内と比べて、早く洗濯物が乾くメリットもあります。

入浴やシャワーが気軽にできない

バスルームに干す浴室干しの場合、室内が洗濯ものでいっぱいになるため、気軽に入浴やシャワーを浴びることができないデメリットもあります。

またトイレとお風呂が一体型になったデザインの部屋だと、トイレに行くたびに多量の洗濯物が目に入り圧迫感を感じてしまうこともあります。

スポンサーリンク

一人暮らしの洗濯物の臭い対策

1人暮らしをしていて気になるのは、やはり室内や浴室で干している洗濯物から出ているムワっとした香り。オシャレなライフスタイルを目指すためにも、臭いケアにこだわることも大切です。

そもそも、どうして臭うの?

洗濯機から出したときはゼロなのに、干す時間が長くなるにつれて臭いが強烈になる「生乾きの臭い」何とかしたいものです。

この臭いの原因は、実は洋服に付いた雑菌のニオイ。水分が残った衣類は雑菌が繁殖しやすく、不快な香りが残りやすくなってしまいます。

嫌な臭いを残さないためには「洗濯は小まめにおこない、少しずつ干す」ことや「生乾きのニオイを取る柔軟剤を使う」ことも大切です。

使って欲しいのは部屋干し専用の洗剤

不快な臭いを排除するためには、毎日使う洗剤のタイプにも気を配ってみましょう。オススメは酸素系の漂白剤が入っているもの。酸素系の漂白剤は雑菌の繁殖を防ぎ、臭いの原因菌をやっつけてくれます。

どれを選んで良いか迷ってしまったときは「部屋干し専用の洗剤」を買うことがオススメです。部屋干し専用の洗剤にはうれしい酸素系の漂白剤が含まれていることが多く、安心して毎日のランドリータイムに活用することができます。

洗濯物が多いときはコインランドリー

最近街中に増えてきているのが、オシャレな都心型のコインランドリーです。読みたい雑誌がそろい、なかにはコーヒーや紅茶などのカフェが隣接されているところも。

洗濯物を一度にたくさん洗い、乾燥まで済ませることができます。山のような洗濯物を洗って自宅で干す手間が省けるため、長い目で見ればコスパにかなった洗い方です。

まとめ

曇り空が多くなる梅雨の季節は、心まで曇りやすくなります。女性の1人暮らしにとって防犯面から見ても安心できる部屋干し。

使用する洗剤のタイプや扇風機の併用などによって憂うつになりがちなランドリーの時間をもっと快適に彩ることもできます。小まめなお洗濯を心がけて、爽快な暮らしを送ってみてくださいね。

honmura