掃除・洗濯

梅雨時のエアコンによる湿気対策 送風とドライどちらが節電か?も

梅雨の時期のじめっとした湿気にはエアコンは欠かせませんよね。でもそんなエアコンによる湿気対策は間違うと不快指数が急激にアップしてしまいます。

そこで、梅雨時のエアコンで湿気対策をするための正しい使い方について、送風とドライの選び方や節電をしながら湿気対策をしたい場合の対処方法についてご紹介します。

梅雨時はエアコンだけで湿気対策は十分可能?

最近のエアコンには、様々な機能が付いている為、それを活用する事で湿気対策を行う事もできるようになります。その中でも特にドライ機能を利用する事で湿気対策を行う事をお勧めします。

また、同じドライ機能でも弱冷房除湿と再熱除湿の2つがある場合は、今の状態にあったものを選ぶ事が必要になります。

例えば、梅雨時期ともなれば、湿気が気になるだけではなく暑さも気になる季節となります。

その為、部屋の温度が高いと感じた場合は、温度を下げながら湿度も下げてくれる弱冷房除湿を選択し、反対に温度は今の状態のまま維持したいと思う場合は、除湿のみを行う再熱除湿を選択する事で快適な温度で除湿を行う事が可能となります。

しかし、このようにエアコン頼みになってしまうと気になるのが電気代です。その為、電気代を考えるなら、やはり、換気を取り入れると言う事も重要なポイントになります。

可能な限り窓を開け、換気を心掛けるだけでも湿気を防ぐ事が可能になります。また、窓の開け方にもポイントがあり、なるべく対角線上の窓を両方開ける事を心掛けます。

そうする事で自然と風が通り抜けるようになり、効率よく換気を行う事が可能になります。

その他、風の流れが気になる場合は、扇風機を活用し扇風機によって風の流れを作り出すと良いかと思います。そうする事で家の中に湿気が溜まるような事を防ぐ事ができ、尚且つ、電気代も扇風機と言うことで節約する事も可能です。

梅雨時にエアコンの送風機能をうまく使う方法は?

エアコンに送風機能が付いている事をご存知でしょうか。ご存知の人も多いかと思いますが、でも実際には送風機能とドライ機能の違いについてまで明確に答える事ができる人は少ないかも知れません。

簡単にこの違いを言うと送風機能は扇風機と同じと考えて良いかと思います。

その為、エアコンを付けていても送風機能の場合は室外機が作動する事はありません。それは部屋の温度を下げる必要がない為です。

一方、ドライ機能の場合は室外機は作動します。その違いによって電気代にも大きな違いが発生すると言えるのです。

送風機能の場合、扇風機と同じと言うことで、さほど電気代はかからず電気代を節約し除湿する事ができるのです。

では、そんな送風機能ですがどのように利用すれば良いのでしょうか。送風機能の場合、それ自体で除湿を行う事は出来ません。その為、使い方が重要なポイントになると言えるのです。

まずは風向きですが送風口は平行にします。そうする事で部屋全体の空気が循環します。また、利用時間としてはさほど気にすることはないかと思われます。

送風機能の場合、電気代は扇風機と同程度と言うことで電気代をさほど心配する事もありません。

その為、窓を開ける事ができず部屋の空気を循環させたい場合は、送風機能を利用すると良いかと思います。

スポンサーリンク

梅雨こそエアコンのドライ機能をフルに活用して快適に!

梅雨の時期こそ、湿気対策に大活躍するのがエアコンです。エアコンといえば、夏と冬にしか利用しないと言う人もいるかも知れませんが、それでは、エアコンを十分に活用する事ができているとは言えません。

梅雨こそ、エアコンを上手に活用してください。特にエアコンのドライ機能は、部屋の除湿を行うには、とても便利な機能となります。

とは言っても電気代を考えるとずっと使い続けると言う事は出来ません。その為、使い方を考える必要がありますが、その場合、洗濯物を部屋干ししている時間を中心に利用すると良いかと思います。

実際、梅雨の湿気は、部屋干しする洗濯物にも大きな要因があります。その為、少しでも早く洗濯物を乾かすためにも、その時間帯にドライ機能を使うと結果的に部屋の湿気対策も同時に行う事ができると言えます。

また、その他の時間はドライ機能ではなく、送風機能を使う事で電気代を抑える事ができる上で風の流れを作る事ができ、安い費用で湿気対策を行う事が可能になります。

このような事から、エアコンを使って除湿を行う場合は、ドライ機能と送風機能を上手に組み合わせ利用することをお勧めします。

まとめ

以上が梅雨時期のエアコンの使い方となります。エアコンといえば電気代が高いというイメージを持っている人も多いかと思います。

しかし、それはあくまでも冷房機能や暖房機能の場合となります。特に送風機能の場合、室外機も作動せず扇風機なみの電気代で使う事ができると言うことを知っていると言う人は少ないのではないでしょうか。

その事を知れば、電気代をさほど気にすることなくエアコンの送風機能を使ってうまく梅雨時期の湿気対策を行う事ができるかと思います。

また、その場合は、風向きに注意し、反対側の窓を開けるなどして、風通しの良い状態を確保してください。

honmura