ファッション

傘の撥水力を回復したい!スプレーやドライヤーはどこまで効果あり?

せっかく撥水性のある傘を購入したのに、しばらく使っていると雨をはじかなくなった経験がありませんか。

特に営業で外回りをしているような女性の場合には高価なお気に入りの傘を使ってることも多いので気になるところだと思います。

最初はどの傘も雨をはじいてくれるのに徐々に傘生地に水が浸みこんで重くなったり、たたむときに手や服が濡れてしまって厄介になりがちです・・・。

そこで気になるのが傘の撥水力を回復したい時にスプレーやドライヤーが効果があるって話です、今回は撥水力を回復させる方法についてご紹介したいと思います。

傘のだんだん落ちてくる撥水力を回復するには

現在販売されている傘の多くは、「フッ素樹脂」を使った撥水加工がされています。傘の撥水性が落ちたといっても加工自体がなくなってしまったわけではありません。

傘を開いたり閉じたりする際、傘の生地同士がこすれます。また、折りたたむ際には手で傘の生地を触ります。このように、生地同士がこすれたり手で触ったときの摩擦で、フッ素樹脂のフッ素の鎖を寝かせることになります。

傘を購入したばかりのころは、フッ素樹脂の先端に水滴が支えられて水滴をはじくことができます。しかし、フッ素の鎖が寝てしまったり乱れてしまうと、水はフッ素に支えられることなく繊維に広がってしまいます。

撥水性が低下しやすい部位は、傘の折り目や手でよく触れる部位です。これらの部位は摩擦が生じやすいため、フッ素の鎖が乱れやすく撥水性が低下するのです。

また、傘がいっぱいでぎゅうぎゅうの傘立ては、傘立てに置いたり出したりするときに他の傘とこすれてフッ素の鎖を乱す原因になります。

コンビニの傘立てなどはぎゅうぎゅうなことが珍しくないので、このような置き場所には気をつけましょう。

では、一度撥水性が落ちてしまった傘はもう撥水性を回復させることはできないのでしょうか。お気に入りの傘だと捨ててしまうのはもったいないですよね。

撥水性が低下した傘は復活させることができます。復活させる方法は、スプレーを使う方法とドライヤーを使う方法の2通りがあります。

傘の撥水力を取り戻すにはスプレーが1番簡単!

簡単に傘の撥水性を取り戻せる方法が、撥水スプレーを使った方法です。吹きかけるだけで撥水性が戻ります。

撥水スプレーはホームセンターや通販などで販売されています。購入をする際には、傘に使用できることを確かめてください。

傘から20~30cmほど離してスプレーを吹きかけます。全体に均一に吹きかけてください。傘との距離が近すぎるとムラになって傘の生地にシミができることがあるので、必ず離して使用をしましょう。

スプレーを吸い込むと気分が悪くなるので、屋外で使用をしてください。スプレーを吹きかけたらよく乾かします。

スプレーを一度吹きかければずっと撥水性が続くものではなく、時間が経てばスプレーが取れてしまって撥水性はなくなります。

撥水性がなくなったときには、再度スプレーを吹きかけてください。
手軽な撥水スプレーですが、生地によってはシミになることがあります。

スポンサーリンク

傘の撥水力を取り戻す身近で使えるのがドライヤーって本当?

生地のシミが気になる場合は、ドライヤーを使って撥水性を回復させるとよいでしょう。

撥水性を発揮するフッ素樹脂は、熱を加えることでもとの形に戻ることがわかっています。フッ素樹脂が残っている場合なら、この方法が使えます。

使った傘は陰干しをしてよく乾かします。傘の生地から10cmほど離し、ドライヤーの温風を当てます。長く当てないようにしましょう。10秒程度が目安です。傘の折り目は撥水性が低下しやすい部位なので念入りにドライヤーの温風を当てます。

ただし、フッ素樹脂も長く使い続けていると取れてくるので、古い傘では撥水性は回復しない可能性があります。

また、古い傘はフッ素樹脂加工をしていないこともあります。フッ素樹脂加工をしていない傘の場合は、ドライヤーの温風を当てても撥水性は回復しません。

まずは部分的にドライヤーをかけてみて、撥水性が回復するようなら全体に使用をするとよいでしょう。

お気に入りの傘の撥水性を低下させないためには、普段からの傘の使い方を見直すことが大切です。

摩擦によってフッ素の鎖が乱れてしまって撥水性が低下をするので、なるべく手で触らないようにしたり、折りたたむ際にも生地同士がこすれないように気をつけましょう。雑巾を絞るように傘をバンドで止めると大きな摩擦が生じます。

ハンドクリームをつけた手で触るとハンドクリームの油分によって生地を汚したり、撥水性を低下させることになります。

置き場所にも気をつけてください。ぎゅうぎゅう詰めの傘立てに置くと傘同士で生地がこすれてフッ素樹脂を傷めるので、なるべくなら余裕のある傘立てに置くとよいでしょう。

まとめ

お気に入りの傘の撥水性が低下をするとがっかりしますよね。それだけでなく、水を吸って傘が重くなったり、たたむときに手や服が濡れてしまって使い勝手も悪くなります。

しかし、このような傘でも撥水スプレーを使ったりドライヤーの温風を当てることで撥水性が回復する可能性があります。まだまだ使いたい傘であれば、このような方法を試してみてはどうでしょうか。

honmura