美容・健康

花嫁にシェービング必要?いつまでにする?自分でする時の注意点も

花嫁さんにとってはシェービングをする必要があるのか?いつまでにやるべきなのか?疑問を持たれる方も多いと思います。

また、シェービングをする女性のなかには自分でする人も多いですが、その際の注意点についてもご紹介したいと思います。

花嫁にシェービングは必要?

花嫁にシェービングが必要かと聞かれたら、間違いなく「必要!」と答える人が多いかと思います。その理由は、いくつもあり、それを知ればシェービングが花嫁にとって必要不可欠であると言うことがわかるかと思います。

例えば、花嫁のドレスは肌の露出が非常に多いですよね。その為、日頃は気にならない所でも、どうしても気になってしまうのです。また、顔のシェービングも重要です。顔をきれいにシェービングする事で肌の色を1トーン明るくする事ができ、化粧ノリも良く良い肌の状態で結婚式を迎える事が可能になります。

また、アップにする髪型が多い事からうなじなども忘れず整えておく事も大切です。ただし、肌が弱い人は注意してください。せっかく、美しい状態で結婚式を迎えるためにシェービングを行っても、そのシェービングをした事で肌を傷めてしまってはいけません。

肌が弱い人の場合、シェービングに肌が負けてしまい赤くなったり炎症を起こしてしまう場合があります。その結果、メイクする事すら難しくなる人もいるのではないでしょうか。

その為、そう言った事を避けるためにも肌が弱い人のシェービングは、より注意が必要になってきます。

花嫁がシェービングをするならいつが最適?

実際にシェービングを行うタイミングですが、シェービングの種類によって多少異なると言えますが、ブライダルシェービングの場合、プロの手で行うシェービングになるのですが、この場合は、挙式3~7日前がベストだと言われています。

特にアトピーなど肌に心配なことがある人の場合は、7日前に行う事で肌の状態を整え式の当日を迎える事が可能になります。また、肌に特に問題のない人でも、式の直前は肌が赤くなる場合も多くNGです。

また、シェービング後の皮脂の状態を考えると式の2、3日前には行っておくといいと言われています。

それと、前撮り撮影の際ですがその際もやはりシェービングを受けておくと良いかと思います。一生に一度の写真撮影です。プロのカメラと言うことで、やはり、肌の状態もベストに持って行った方が美しく写る事は間違いありません。

また、この時に本番のシェービングのリハーサルと思っても良いかと思います。そうする事で、どれぐらい前にシェービングを受ければ、結婚式当日、ベストな肌の状態で迎える事ができるのか確認する事もでき、お勧めです。

一方でもしも早くにシェービングを行う事で結婚式の当日までに気になる所ができ来てしまうと言う事もあります。そう言った場合は、どのように対処すれば良いのか、シェービングの際に確認しておくと安心です。プロにシェービングをしてもらう場合、そう何回も行う事は費用的にも時間的にも難しいかと思います。

その為、前撮り撮影と結婚式当日の2回を基本にシェービングの予定を入れておくと良いかと思います。そうする事で、前撮り撮影のシェービングで自分の希望なども伝える事ができ、より自分の肌に合ったシェービングを行う事が可能です。

その他、脱毛サロンなどでも、ブライダル脱毛と言った形で、結婚式に合わせ脱毛を行っている場合もあります。シェービングが苦手な人やこれを機に脱毛を考えている人などの場合は、脱毛サロンの利用も検討してみると良いかと思います。

スポンサーリンク

花嫁のシェービングを自分でする時の注意点

プロのシェービングを利用せず、自分でシェービングを行う場合は、出来るだけ家族の方などに手伝ってもらう事をお勧めします。特に背中など自分でシェービングを行う事が難しい所が花嫁さんにとっては重要なシェービング場所となります。なので自分一人で行う事は危険です。

また、自分で行うからといって、結婚式の前日などに行う事は避け、3日前を目途に行う事をお勧めします。そうしなければ、肌がカミソリ負けを起こしてしまい傷んだ状態で士気の当日を迎えてしまう可能性があります。そう言った事にならないように肌が回復する期間を設けてシェービングする事も大切なのです。

また、シェービングに自信がない場合は、除毛クリームなどドラッグストアで販売しているグッズを利用すると良いかと思います。特に除毛クリームは使い方も簡単で一気にムダ毛処理を行う事が可能になります。ただし、この場合も自分では確認しずらい背中などは誰かに手伝ってもらうようにしてください。

まとめ

花嫁の準備において欠かす事ができないシェービング。このシェービングにおいては、とにかくタイミングが重要となります。日頃の自分の肌の状態を確認し、いつ行えばベストな状態で結婚式当日を迎える事ができるのか確認し、その上で日程を組んで行くと良いかと思います。

また、自分で行う場合は、決して無理をせず、誰かに手伝ってもらい、急がず丁寧に行っていく事をお勧めします。また、その場合、十分な保湿ケアも忘れずに行ってください。

honmura