美容・健康

浴衣メイクの汗崩れを防ぎたい!顔や背中にかかない方法とは

夏といえば浴衣で女性は着たいという人は多いのではないでしょうか。特に男性は女性の浴衣にぐっとくるので、好きな男性を落とすためにも浴衣を着るという女性も多いのではないでしょうか。

ですが、浴衣のデメリットは暑いということですよね。普通の服よりも暑いためすごく汗をかいてしまいます。

そうすればメイクも落ちてしまうので、せっかくオシャレをしても台無しになってしまいます。それでは、浴衣をきたときに背中や顔に汗をかかない方法を紹介したいと思います。

浴衣メイクの汗崩れを防ぐには

体はまだ浴衣を着ているので分かりにくいですが、メイクが落ちてしまうのは周りから見るとすぐにわかってしまいます。

せっかく化粧をしてもパンダ目になっていたら男性もひいてしまいますね。まず対策として顔にすぐ汗をかく体質とわかっている人は化粧を薄くしていくことが大切です。

そもそも浴衣を着るときは夜が多いので厚化粧をしても分からないことが多いです。そのため、化粧が落ちないように薄化粧をして、万が一メイクが落ちても被害が最小限になるように工夫をしましょう。

また、キラキラのメイクでごまかすのも良いですね。キラキラメイクは薄化粧でも華やかに見えるので、可愛く見える化粧としてピッタリです。アイシャドウもラメが入ったメイクにしてごまかしましょう。

浴衣が汗で背中の目立ったりシミを作らないために出来ること

背中の汗はメイクほど目立ちませんが、大事な浴衣にシミを作ってしまう可能性があります。

白い浴衣ほどシミが出来ると目だってしまうので、背中にたくさん汗をかく人は対策を考える必要があります。

そして、対策としてまず大切なのは肌着をきちんとつけるということです。肌着をつけていれば汗を肌着が吸い取ってくれるのっで浴衣がシミにならずにすみます。

また、白い浴衣ほどシミができた時に目立つので背中にたくさん汗をかく人は白っぽい浴衣はやめるようにしましょう。

また、浴衣でも素材があるのですが、汗かきの人は綿のものがいいでしょう。着心地がいいですし、汗を吸ってくれるのでお肌にもいいです。

特にあせもが出来てしまう人は綿の浴衣することをおすすめします。

浴衣によって生地が違うということを知らない人も多いと思いますが、汗をたくさんかく人は浴衣を買うときにどんな素材かをきちんと確認してから購入する事をおすすめします。

スポンサーリンク

浴衣を着たときに顔の汗を止める方法はある?

ですが、夏は暑いのでどうしても汗をかいてしまうのは仕方ありません。そこで顔の汗を止める方法を紹介します。

知らない人が多いですが、着物の帯でワキの下あたりをきつく締めると顔の汗を抑えることが出来るので試してみてくださいね。

これは、舞妓さんが実施している方法ですが、皮膚圧反射の原理で帯を高めの位置でぎゅっとしめることで顔・ワキから出る汗を抑えています。

他にも対策としては日傘やうちわ、扇子なども多少は効果がありますね。浴衣にうちわを持っている人も多いですし、暑いときには少しは涼しくなりますよね。

日傘が邪魔になるという人は扇子やうちわを持っていくと多少は暑さがまぎれるでしょう。そして、他にもおすすめなのは保冷剤です。保冷剤を持ってって体につければかなり涼しくなります。

特に首につけると効果が大なのですが、保冷剤はそこまで長くもたないので1日中は難しいですね。このような対策をしてもまだ汗をかいてしまう場合は制汗剤を利用する事をおすすめします。

顔専用のものもあるので、ネットなどで探してみてくださいね。

制汗剤なら確実に顔の汗が止まるのでメイクが落ちたくない人におすすめです。もちろん体が涼しくなるということはないですが、メイクを落ちないようにするという点ではかなり有効です。

何をやっても汗でメイクが落ちてしまうという人は制汗剤を利用してみてくださいね。制汗剤は日常的に使う事も出来るので汗をたくさんかくという人にはとても効果的です。

まとめ

このように、浴衣着用時の汗について紹介しました。浴衣は可愛いけど、暑くて汗をたくさんかくのがネックという人もたくさんいますよね。

浴衣を着るときは何かのお祭や花火大会という事が多いです。ただでさえ人ごみで暑いのに浴衣を着るというのは本当に大変です。

せめてメイクが落ちてしまうのを避けたい人がほとんどですね。そのため、できるだけ汗をかかないように工夫をしてメイクが落ちてしまうのを防ぐようにしましょう。

汗をかくのは体質なのでほとんどかかない人から汗が吹き出るくらいかく人までたくさんいますね。

もし、汗をたくさんかくと分かっているなら浴衣を着るときは何らかの対策をしていくことをおすすめします。

せっかくの浴衣を汗のせいで着ないというのはもったいないので、対策を考えて着るようにしましょう。浴衣は夏のシーズンしか着れないのでどうせなら思い切ってオシャレを楽しむようにしましょうね。

honmura