家のこと

ムカデ対策 室内での赤ちゃんがいるなら!布団とベッドの対策も

ムカデ対策のなかでも室内での赤ちゃんへの対策は何よりも大切なことだと思います。うちも子供が赤ちゃんだった時にはいろんな対策をしたものです。

布団だけでなくベッドの対策も絶対にやらないとダメなんですよ!

そこで、我が家が以前にムカデが毎晩1匹は出るような古い家(立て替える前)だった時にあみ出した対策をご紹介しますね。ぜひ参考にしてみてください。

ムカデ 対策 室内で赤ちゃんがいるなら

ムカデ対策をする場合に室内で赤ちゃんがいるなら、ムカデの大小に関わらずに根絶させる長期目線の対策と、今すぐにできる目の前の対策の両方を行う必要があります。

★ただし、今すぐに出たヤツを退治するなら記事冒頭の画像にあるような凍らせるスプレーが人やペットにも無害で安心です。殺虫剤みたいに逃げられる心配もなく1秒目で動きが鈍り2~3秒で凍りつきます。そして外にポイ!するだけw

まず、根本的な原因を無くすための長期目線の方からご紹介します。(これをやらないといつまでも室内でムカデを見かけることになるからです・・・)

まず、ベランダや屋外にある鉢植えや落ち葉を無くすことです。そして次に、ムカデ対策用の駆除薬が餌になった置型の物と、顆粒状の薬をベランダや家の基礎周りに振りまくことが欠かせません。

うまくいくと、これだけで家の中では1匹も出なくなる可能性があります。

ちなみに、撒く薬には粉状と顆粒状の2タイプがありますが、風で舞い上がることがないので顆粒状がおすすめです。

1回撒けば2ヶ月は持つので、後は雨で流れるごとに追加で振りまくだけでOKです。

それでは次に、布団とベッドの対策についてご紹介します。

関連記事もどうぞ→ ムカデ対策で家の中の基本とは!私のおすすめの方法と使用市販品

ムカデ 対策 布団

ムカデ対策で布団の対策と言えば、何よりも重要なのが干す時の状態です。

多くの場合、ベランダや庭で布団を干した際にムカデが入り込むことが多いからです。

なので、布団を干すなら物干し竿の土台を伝ってムカデが上に登れないようにステンレス製のパイプを使った土台にするか、もしくはコインランドリーの乾燥機を使うのがオススメです。

後は、布団カバーはファスナータイプの物を使い、ヒモで数か所結ぶだけのタイプは使わない方がおすすめです。

スポンサーリンク

ムカデ 対策 ベッド

ムカデ対策でベッドを使えるならこれはかなり有効です!ただしベッドをどんなタイプにしても壁に布団が触るくらいの距離しか離れてないなら危険です。壁を登ったムカデが布団に移ってくる可能性が非常に高いからです。

そこで、まずはどんなに寝相が悪くても布団が壁に触らないように離すことが基本となります。

次に、布団を床に垂らしてしまわないように気をつけることも大切です。

後は、ベッド選びで注意すべきポイントとして、ベッドの素材がムカデが爪を立てて登ってこれる素材かどうかの注意も必要です。

できればパイプベッドタイプで足が垂直になってるものならムカデは登ってこれないので安心です。

後、割り切って蚊帳を買うのもオススメです。床も含めて全て包まれるタイプの蚊帳を購し、その蚊帳の中にベッドを入れてしまえば、ムカデだけでなく蚊も避けることができるので一石二鳥になります。

これならベッドから布団を垂らしてしまうような寝相が悪い人でも安心して寝ることができますよ。

関連記事もどうぞ→ ムカデ対策で家の中の基本とは!私のおすすめの方法と使用市販品

honmura