ファッション

浴衣は右前と左前どっちが本当?男女や子供で着方は変わる?

浴衣を着る際に悩むのが右前と左前のどっちにすべきか?だと思います。考えれば考えるほど深みにハマるんですよね。

男女で違う?とか、大人と子供で違う?とかw間違えると大恥ですからね。。。そこで今回は違いについてご紹介したいと思います。

浴衣は右前と左前どっちが本当?間違えると大恥!

浴衣の着方ですが、浴衣を含めてすべての着物は『右前』が正しい着方です。

つまり、自分の左側の”前身ごろ(まえみごろ)”が上(人から見える方)にくるように着ます。右側を先に身体に合わせるので右前と呼ばれるようです。これを覚えておくと間違いはなくなると思います。

ちなみに・・・「前身ごろ」をイラストにするとこんな感じ。よけい混乱するかな?!

早い話が、この記事の最初の風鈴を持ってる浴衣女性を見れば答えになってるわけです♪

とは言え、現代では特に男性が花火大会等で浴衣を着る時、左前で着ていることが時々見られます。見かねた年配の方が教えてあげることもあるようです。

お節介な、と思われるかもしれませんが、実は『左前』は着物を着てきた日本人にとってはとても縁起が悪い着方なのです。

着物を左前に着るのは、死んだ時だけです。お棺に納められたご遺体は白装束を左前で着せます。

これには諸々の説があり、遠くは奈良時代の衣服令(えぶくりょう)で、庶民は着物を右前に着るようにと定められたそうです。

当時の庶民の生活は貧しいものでした。せめてあの世では今とは違う豊かな生活が送れる様にと、着物を左前にしたという説。

また、お釈迦さまが亡くなられた時、着ていた物を左前にしていらしたと言う説もあります。ただ、お釈迦さまが日本のような着物型の服を着ていらしたかは定かではありません。

そして最も考えられるのが、死者に迷わずあの世へ行ってもらう為に、この世とは違った左前で死に装束を着せる、という説です。

死んだことがわからずこの世でさまようことの無いように、まっすぐ天国へ行けるよう願って普段とは違う着せ方をするということですね。

ですから、生きた人が着物を左前で着ていると、見る人は「死」を連想してギョッとするのです。

また、人が「左前だ」と言うと、商売が上手く行っていない、経済的に苦しいことを意味します。もう死ぬしかないと思う程家計が逼迫していることを意味するのも、着物の着付けからきています。

着物は死に装束以外は総て『右前』が正式な着方です。
是非、覚えておきましょう。

浴衣の右前は男女で着付けが変わるもの?

男性でも女性でも生きているなら(笑)、浴衣も右前で着るのが正しい着付けです。初めに右側の浴衣の前身頃を身体に巻き、それから左側をその上に巻きます。

女性の着物の場合は、そうしないと裾模様が出ないので、一旦間違っても鏡を見ればすぐわかると思います。
しかし、浴衣は総柄が多いので、特に気を付けて左前にならないようにしましょう。

男性と女性の着付けの違いは、おはしょりを取るか取らないかでしょう。女性も子供から中学生位まではおはしょりを取らずに着付けられますが、大人になるとおはしょりを取ります。
しかし、男性はおはしょりは取りません。ただ、右前にして帯を結ぶだけです。女性から見ると、浴衣の着付けも帯の結び方も簡単でとても羨ましいことです。

ただ、男性で標準よりかなり背の低い人は裾を切るなどしなくてはなりません。また、最近の男性は背が高いので、浴衣がくるぶしより上になってしまうようなら、誂えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

子供の浴衣の着付けで右前を綺麗にするコツ

仕立ててある子供の浴衣は、着付けも本当に楽です。肩上げも既にしてありますし、おはしょりを取らなくて良い位の丈の物を購入するようにしましょう。

1. 浴衣を羽織る

子供は暑がりなので、下着を着せないことも多いです。身体にまず浴衣を羽織らせます。

2. 右の紐を左の八つ口に通す

仕立ててある浴衣には、紐が付いていています。右に付いている紐を左側の八つ口(浴衣の脇にある『あき』部分)から外に出します。子供の浴衣の八つ口は、この紐を通す為にあると言えます。

3. 衿を整える

今度は左側に付いている紐を引くと、自動的に浴衣が子供の身体にフィットします。衿元は、子供の首の部分が三角形に見えるように、自然に左右の衿を整えます。子供が苦しくない様に、でも、芸者さんやお年寄りのように衿を抜くことはしません。

4. 紐を結ぶ

そして、先程の2本の紐を背中を回して前で結びます。
この時、結び目は子供のお腹の下の方で結びます。こうすると、浴衣がはだけにくくなるからです。

5. 背中心を整える

背中の縫い目が背中の中心に来るように整え、浴衣のシワは総て引っ張って脇の方へ伸ばします。
上半身から下半身まで背中心が真っ直ぐになるように注意しましょう・

6. 帯を結ぶ

子供は柔らかい素材の兵児帯なので、結ぶのも簡単です。
子供の身体の前に帯を巻き、後ろで床に15cm程床に『手先』を垂らして目安とします。手先の部分を向かって左側に持っていながら、帯を身体に一巻きします。

手先が上になるように今巻いた方の帯と結びます。
そして右側の帯で丸を作って手先と共に蝶結びをします。
後は、蝶結びの形を整えれば完成です。

まとめ

子供の浴衣の着付けは簡単です。ただ、『右前』に着付けることだけ、気を付けて下さい。

今は特に女の子の浴衣は上下セパレートタイプの物、ハリのあるオーガンジーの帯で後ろのリボンが大きく華やかになる物等新しい物が次々出ています。

着付けがどうしても大変なお母さんは、セパレートタイプで、帯も作り付けの物を選ぶと洋服感覚で着せることが出来ます。また、ドレスのような浴衣は丈が短い(膝丈くらい)ので、幼稚園の年少~年中組位の子に向いているかもしれません。レースが付いていたりと、和洋折衷のデザインとなっています。

今年の夏は親子で浴衣を楽しみたいですね。

honmura