子供・赤ちゃん

赤ちゃんとの夏の夜に クーラーと扇風機の使い方や水分補給のコツも

赤ちゃんと夏の夜に寝る大人からするとクーラーをつけることを心配される方も多いと思います。

クーラーをつけると気持ちよく休めますが、一緒に寝ている赤ちゃんが風邪ひかないか?おなかを壊さないか?など体調が気になりますよね。

冷えすぎていないか、暑くなりすぎていないかなどは、見た目ではわかりにくいものです。初めての赤ちゃんのママは特に、心配になってしまうこともあると思います。

そこで、赤ちゃんと一緒に寝る部屋でのクーラーの使い方や、扇風機の使い方、それに水分補給のコツなど気を付けておきたいポイントについてご紹介します。

赤ちゃんへ夏の夜にクーラーを使う注意点

・赤ちゃんへのクーラーの使い方

その1 赤ちゃんに風が直接当たらないようにする

大人でも、ずっとクーラーの風が体に当たり続けていると、とても疲れてしまいますよね。体の小さな赤ちゃんだと、余計に影響を受けてしまいます。

体に直接風を当ててしまうと、体の水分が蒸発しやすくなり、脱水症状になりやすくなってしまいます。

クーラーの風向き調節機能を使うか、赤ちゃんの寝ている位置をずらすなどして、風が体に当たらないように気をつけましょう。

その2 赤ちゃんのそばに温度計を置いて、室温を管理する

温度計は、赤ちゃんの近くに置いて室温を管理しましょう。クーラーのリモコンにも、室温は表示されますが、それは赤ちゃんのいる付近の温度ではないことも多いです。

赤ちゃんの布団のあたりが今どれくらいの温度なのか、いつでも見られるようにしておきましょう。

その3 外との温度差は5度までにする

夜中に暑くなり、部屋が冷えないと、ついつい設定温度を下げてしまいがちではないでしょうか。

外気との温度差は、大きくても5度までに抑えるよう気をつけましょう。差が大きいと、体への負担が大きくなってしまいます。

また、クーラーの設定温度は28度くらいまでにして、赤ちゃんの身体が冷えすぎないよう気を付けましょう。

どうしても耐えられないときは、扇風機やうちわを併用するなどして、体への負担を小さくできるよう気を付けてみましょう。

・赤ちゃんへのクーラーのメリットデメリット

クーラーを使うメリットは、室温調整が簡単にできることです。また、赤ちゃんが直接触れないので、思わぬ事故も起きにくいです。

デメリットは、使いすぎによる自律神経失調症などの症状、いわゆるクーラー病です。クーラー病にならないためには、室内を冷やし過ぎないよう、設定温度に注意しましょう。

赤ちゃんはこれからどんどん成長して、体の機能も発達していく大切な過程にあります。体にもともと備わっている大切な機能を失わないよう、上手にクーラーを利用していきましょう。

赤ちゃんへ夏の夜に扇風機を使う注意点

・扇風機のメリットとデメリット

扇風機を使うメリットは、クーラーに比べると部屋が冷えすぎないことです。クーラーのように冷たい風ではなく、室温の風なので、体への負担はクーラーよりもずっと軽くなります。

扇風機を使うデメリットは、赤ちゃんが触ってしまうことで起こる事故です。扇風機を使う時は、赤ちゃんが触れない場所に置いたり、ガードをつけるなどして、思わぬ事故が起きないよう注意しましょう。

・赤ちゃんと、夏の夜に扇風機を使う時に気をつけたいこと

クーラーと同じように、風が体に当たらないよう調整しましょう。壁や天井に向けて扇風機を動かすと、体に風が当たらず、部屋の空気が適度に動いて涼しさを感じられます。

また、あまりに暑い日は、窓を開けて外に向けて扇風機を動かすと、部屋の熱気を追い出してくれます。

扇風機だから、と安心してつけっぱなしにすると、明け方に意外と冷えていることもあります。うっかりつけたまま寝てしまわないよう、タイマーも使って、上手に室温を管理しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの夏の夜の水分補給のコツ

・起こしてまで水分補給させる?

夏の夜、赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。こんなに汗をかくと、脱水症状にならないの?と心配になってしまうこともありますよね。

でも、寝る前に母乳やミルクで水分補給をしているなら、起こしてまで水分補給させる必要はありません。

赤ちゃんの場合、数時間おきに母乳やミルクなどで水分をとっていますよね。

ただし、いつもと様子が違ったり、顔色が悪い、泣き声が弱いなどの場合は、起こして水分補給をしましょう。脱水症状にならないように、赤ちゃんの様子をよく見て、気を付けてあげてくださいね。

・何を飲ませる?

夜に水分補給する場合、いつも飲んでいるような麦茶などでかまいません。もし、脱水症状のような様子が見られるなら、ベビー用イオン水などの電解質の含まれているものを飲ませてみましょう。

まとめ

初めて赤ちゃんと過ごす夏は、暑くて大変かもしれませんが、楽しいこともいっぱいありますよね。

初めての海やプール、花火、お盆の帰省など、夏はイベントもたくさんあります。赤ちゃんがご機嫌な体調で過ごせるよう、夜の温度管理には気を付けて過ごしたいですね。

クーラーや扇風機を上手に使って、暑い夏の夜を乗り切りましょう。

honmura