料理

夏にお弁当を車中に置くなら!便利グッズや冷凍するコツについて

夏にお弁当を車内に置かないといけないお父さんも多いと思います。営業マンなど日中に車の運転ばかりする人などはクーラーボックスを利用したりといろいろ工夫されているようです。

そこで、夏にお弁当を車内に置く場合の注意点から、便利グッズや今流行りの冷凍弁当にしておく場合のコツなどもご紹介したいと思います。

夏のお弁当を車内に置くときの注意点

せっかく営業で頑張るご主人のために美味しいお弁当を作ったのに「腐っていて食べられなかった」「嫌な臭いがこもっていた」などクレームを付けられては、作る気も失ってしまうもの。

朝つくって昼前後にフタを開けるお弁当は湿気がこもりやすいため、夏場はとくに食中毒に注意しておくことが大切です。

・どこに置くのがベストなの?

真夏のときの車の中は、熱がこもりとても暑くなります。どこでも同じとその辺りにお弁当を突っ込んでおくと、さらに腐るスピードを速めてしまうこともあります。

車の中で1番暑いところは、ずばりダッシュボード。先端にあるダッシュボードは光を吸収しやすくエアコンの冷気も届きにくいため、熱がこもりがちです。

また涼しいと勘違いしてしまうシート上も、実は温かくなりやすいスポットのひとつ。革製のシートは熱の発散がわるく、エアコンを切った短時間の間に温度が急上昇してしまう場所です。

ダッシュボードも閉鎖された空間のため、もっとも暑いときで、なんと80度くらいの温度になります。

おすすめはトランクの中。車のほかの箇所と比べて、1日の温度変化が少なくもっとも涼しさをキープできる場所です。直射日光が入らないため、保冷剤などをうまく活用することで涼しさを保つことができます。

夏のお弁当で傷ないようにする便利グッズはこれ

炎天下になりやすい車中のお弁当。お昼まできちんと持たせるためには、効果的にグッズを使うことが大切です。

・ひんやり保冷剤

冷たい空気でお弁当を守ってくれる保冷剤。100均でも手に入る保冷剤は、お弁当箱の上に置いて使います。これは冷たい冷気が上から下におりるという特性を利用したもの。

お弁当全体を冷やしたいからと、弁当箱の下や横に保冷剤を複数おくのはかえって逆効果。保冷剤はとけると表面の霜が水滴のように滴りおちるため、ケースやミニタオル・小さい袋に入れるのがおすすめです。

・ランチジャー

ホカホカのご飯やスープを楽しめるランチジャー。高性能なものが沢山出ているため、営業まわりで忙しいご主人にもおすすめです。

ランチジャーは真冬だけのアイテムと捉えがちですが、保温や保冷にすぐれているため真夏でも使うことができます。

温かいスープを入れて楽しむこともできますが、菌の繁殖が気になる方は「冷たく冷やして使う」方法を。ランチジャーごと冷蔵庫や冷凍庫に入れておき、冷やしてからおかずを詰めます。

冷めたご飯は食感が悪いため、できればそばや素麺・のどごしの良いうどんなどの麺が最適。ツルツル冷やした麺と冷たいそばつゆを入れると、簡単に真夏向けランチができあがります。

・夏向け、お弁当箱

断熱素材の付いている保冷機能アリの弁当箱は、真夏の強い味方。外からくる熱い熱風をカットしてくれるため、毎日安心して車中にのせられます。

保冷ケースが付いているお弁当箱は、お弁当の上部にあらかじめ保冷剤を収納できるポケットが付いています。車の移動中に保冷剤がヨレる心配がなく確実にクールダウンできますよ。

また昔ながらの曲げわっぱの弁当箱も、夏場に使える弁当箱の種類です。木のナチュラルな温もりは、ステンレスやプラスチック製の弁当箱とはひと味ちがう大人のテイストです。

食中毒に強い曲げわっぱですが過信は禁物。保冷剤などの併用がおすすめです。

スポンサーリンク

夏のお弁当は冷凍しておくと腐らない?

いまネットで話題となっているのが「まるごと冷凍弁当」というものです。単身赴任中の旦那さんのために1週間分まとめてお弁当を作ってみたことが、そもそもの誕生のキッカケなんだとか…。「本当に素人が作っても大丈夫なのか」調べてみました。

・安全に冷凍するコツは?

白いご飯とおかずがのった、丸ごと冷凍弁当。いたって見た目は普通のお弁当ですが、コツは温かいものは必ず冷ましてから詰めること。

温かいまま急いで詰めて冷凍庫に入れると、雑菌の繁殖しやすい弁当になってしまいます。また煮物などの汁物は必ず取り除いてから詰めること。煮物を作るとき、最後に強火でからっと蒸し上げると汁気が飛びやすくなります。

・おいしく解凍するためには?

丸ごと冷凍弁当、ランチタイムに楽しみにフタを開けたのに、まだカチカチだった…。こんな哀しいエピソードを作らないためにも、おいしく解凍できる工夫を見つけたいもの。

お弁当自体が凍っているため、大量の保冷剤を付けない・保冷剤は食べる30分くらい前に外しておくなど、少々の工夫が必要です。

また真夏のシーズンは冷凍お弁当でも多少食中毒が心配になることもあります。丸ごと冷凍弁当の作者は、朝冷凍庫から出しそのまま自然解凍させ、職場で一度電子レンジでチンしてから食べることをおすすめしています。

営業まわりのお店などで電子レンジを扱える場所があれば、一度レンチンしてから味わうのが良いかもしれません。

まとめ

最近では性能の良いアイテムも沢山出ているため、暑さが気になる夏の時期でも気持ちよくお弁当を味わうことができます。

保冷剤をプラスしたり、殺菌効果の高いお弁当箱を選んで、夏のランチタイムを楽しく彩ってくださいね。あなたの愛情が旦那さんに伝わりますように。

honmura