アウトドア

ビニールプールの穴が空きやすい場所や応急処置と接着剤を使う方法も

ビニールプールは穴が空きやすい場所がほぼ決まってます。また、穴が空きやすいために応急処置の方法を知っておけば水遊びを中止にしなくて済みますよ。

そこで今回は、穴が空きやすい場所応急処置について、そして接着剤を使ったちゃんとした修理方法も紹介しておきますね。

 

ビニールプールの穴があきやすい場所は?

小さなお子さんがいる家庭だと、夏になったらビニールプールで遊ぶことがあるのではないでしょうか。気になるのがビニールプールの穴開きです。

穴が開いてしまったら水が漏れるので、ビニールプールで遊ぶことができなくなります。

穴が開いて遊べなくなったら子供がかわいそうですよね。でも、どうして穴が開いてしまうのでしょうか。

ビニールプールの穴が開いてしまうのは、使い方と保管方法が原因です。

値段が高いビニールプールだと、それなりに頑丈に作られているのですが、それでも使い方によっては穴が開きます。以下のような使い方は穴が開く原因です。

・勢いをつけて飛び込む
・尖ったもので突き刺す
・おもちゃがぶつかる

ビニールプールでは水鉄砲などおもちゃで遊ぶことがあると思いますが、固い素材でできているおもちゃが強い力でビニールプールにぶつかると穴が開いてしまうことがあります。

少し大きなお子さんなら、はずみをつけてブールに飛び込むこともあるでしょう。

空気が入っている部分に体を押し付けると、ビニールのつなぎ目が破けることがあります。
また、設置場所や保管方法にも気をつける必要があります。

ビニールプールを置く場所に尖った石などあると、石で傷ついて穴開きの原因になります。よく見ないと小さな石が落ちていることがあるので気をつけましょう。

ビニールプール使用後には水洗いして保管をしますが、そのときに小さな石が付着したままだと、折りたたんだときにプールを傷つけることになります。しまう時にも石など付着していないかよく確認をしてください。

穴が開きやすい部分ですが、遊んでいる時に穴が開きやすいのは空気が入っている側面の部分です。置き場所によっては底に穴が開きやすいです。

ビニールプールに穴があいたとき応急処置を自分でするなら

穴が開いたときには専用の道具を使って穴をふさぐことができるし、買い換えるという方法もあります。

応急処置の方が費用が安く、応急処置は自分で行えます。

用意するものは、ビニール補修用のビニールパッチ、ビニール用の接着剤です。ビニールプールを購入した際に補修用のビニールが付属していることもあり、その場合は付属していたものを使用します。

まずは穴が開いている部分を確認しましょう。小さ穴でわかりにくいと思いますが、洗剤を薄めて水を空気が入った場外のビニールプールに塗ると、穴が開いている部分に泡ができます。

ビニールプールから漏れてくる空気で、シャボン玉のように泡になるのです。その部分を補修しましょう。

補修する部位はよく拭いて水気が残っていないようにします。接着剤をビニールパッチにつけて、ビニールプールとビニールパッチを接着させます。そのままの状態で1日ほど置いて乾かします。

ビニール補修用テープ を使っても補修できます。テープは水や湿気に強くできているので、ビニールプールで遊んでテープが濡れてしまっても大丈夫です。

一般的なガムテープやビニールテープでは水に濡れて取れてしまうので、ビニールプールの補修にはビニール補修用もテープを使いましょう。

使い方は簡単です。テープを適当な大きさに切って、穴が開いている部分に張り付けるだけです。接着面が汚れているとはがれてしまう恐れがあるので、よく拭いてきれいにしてから貼り付けます。

スポンサーリンク

ビニールプールの穴をふさぐ接着剤の使い方

ビニール補修用テープを使った補修方法は簡単なのですが、しっかりと補修をするならビニールパッチとビニール用接着剤を使用することがおすすめです。

上手に補修をするには接着剤の使い方にポイントがあります

ビニール表面のゴミや水分はしっかりと取っておきます。乾いた布を使ってよく拭き取りましょう。

ビニールパッチとビニールプールに接着剤を塗り、二つを貼り合わせます。このとき、しっかりと接着をさせましょう。空気を押し出すときれいに貼り付けられます。

貼りつけたら、1日ほど乾かします。きちんとついたか気になって触りたくなりますが、乾くまで触らないでください。

接着剤は必ずビニール用のものを使用します。その他の用途の接着剤だと上手く貼りつけられないし、くっついても水に濡れて取れてしまいます。

ビニールプールの多くは塩化ビニールでできています。そのため、接着剤に「塩化ビニール用」と記載されていることを確認してください。

入手先は通販やホームセンターです。ビニール製品を補修するキットが販売されていて、これはビニール専用接着剤とビニールパッチがセットになっています。

補修するために必要なパッチがビニールプールを購入したときに付属されていなければ、セットを購入するのもよいでしょう。また、ビニールパッチは通販やホームセンターで購入することもできます。

まとめ

ビニールプールに穴が開いてしまうとがっかりしますよね。でも、ビニール補修用のテープや接着剤などを使用して、自分で穴をふさぐことができます。

自分で対処できれば買い替えよりも費用を抑えられます。もしも穴が開いてしまったら挑戦してみてください。

honmura