ファッション

梅雨時期の正しい靴の手入れ方法 乾かし方や収納の仕方について

梅雨時期には靴の手入れを疎かにしているとあっという間にカビが発生してしまいます。

注意が必要な期間は梅雨入りをしている間だけでなく梅雨明けをしてからも靴についた水分がもとでカビが生えることも多いです。

そこで今回は、梅雨時期の正しい靴の手入れ方法と乾かし方や収納の仕方についてご紹介します。臭くなって履けなくなることを避けるためにぜひ目を通してみてください。

梅雨時の正しい靴の手入れ方法とは

梅雨になると雨で靴が濡れる機会が多くなります。濡れた靴を放置していると靴にカビが生えたり、嫌な臭いがしたり、靴の持ちが悪くなってしまいます。

しかし、きちんとお手入れをしておけば靴のトラブルを防ぐことができます。では、どのようなお手入れをしたらいいのでしょうか。

スニーカーと革靴ではお手入れの仕方が違います。

梅雨時期のスニーカーのお手入れ方法

普段から靴に防水スプレーをかけていますか。雨があまり降らない季節ならいいなか、ちょっとくらい濡れてもいいかなと思って、防水スプレーを使用していない方もいるのではないでしょうか。

雨が布地に浸みこまなければスニーカーはぐっと長持ちをするので、梅雨時だけでなく普段から防水スプレーをかけておくとよいでしょう。

防水スプレーによって使えない素材があるので使用前に確認をしてください。

汚れが付着したままだとシミになってしまうので、汚れたらすぐに拭き取ります。

まずはブラシで軽くホコリや砂などの汚れを落とします。固いブラシを使用すると靴を傷めるので、柔らかいブラシを使用します。その後に乾いた柔らかい布で汚れをふき取ります。クリーナーを吹きかけて汚れを浮き上がらせてから布で拭き取ると、よりきれいになります。

梅雨時期の革靴のお手入れ方法

革靴も普段から防水スプレーを吹きかけておきましょう。その防水スプレーが革靴に使用できるのか確かめてから使用をしてください。

雨に濡れた場合はできるだけすぐに水気を拭き取ります。水気を拭き取っておくだけで、シミになったりカビが生えたりということを防げます。

雨に濡れてしまってからしっかり対処をしたつもりでも、うっかりシミになってしまうことがあります。雨シミは乾いた部分と塗れた部分がムラになってできるものです。

シミを消したり目立たなくしたりするには、革靴ようのクリーナーを使ってみてください。クリーナーを直接革につけると変色の原因になるので、必ず布にクリーナーを取り出して使用をします。

スポンサーリンク

次に靴クリームで革靴にツヤを与えます。そして、最後に防水スプレーを吹きかけます。

また、普段から油性靴クリームを塗っておくと、靴クリームに防水性があるので突然の雨にあったときでも被害を最小限に抑えることができます。

梅雨時期の靴の早い乾かし方なら

塗れた靴はできるだけ早く乾かしましょう。濡れたままにしていると、シミが付着をしたりカビが生える原因になります。

早く乾かしたいのなら洗濯機の脱水にかけるとよいでしょう。脱水をした後に風通しのよい場所に置いておけば、乾きが早くなります。

そのまま脱水をすると靴も洗濯槽も傷んでしまうので、タオルにくるんでネットに入れて脱水をします。

しかし、脱水をかけると靴の形が変形してしまうことがあります。また、脱水ができるのは布製の靴だけです。

脱水できない場合は、ビニール袋に靴を入れてぐるぐると振り回します。遠心力で水気を切るのです。周りに人がいない場所、ものにぶつからない場所で行ってください。

新聞紙を靴の中に入れておくと、新聞紙が水分を吸って乾きやすくなります。ポイントはぎゅうぎゅうに靴の中につめることです。靴と新聞紙が触れるようにしましょう。

一定の量の水分を吸うとそれ以上新聞紙が水分を吸収しなくなるので、こまめに新聞紙を変えてください。

なお、広告のようにつるつるしているものは水分を吸収する力は高くありません。

乾燥させる時間を短縮したいならドライヤーを使用するとよいでしょう。

新聞紙を靴の中に入れてタオルでくるみ、ドライヤーの温風を当てて乾かします。タオルが温かくなってきたら、新聞紙を取り替えます。これを何度か繰り返していると乾いてきます。

しかし、急激に水分を飛ばすと靴が固くなることがあるので、乾かし過ぎないようにしましょう。あるていど乾いてきたら自然乾燥させることがおすすめです。

梅雨時期にカビや湿気を寄せ付けない靴の収納の仕方

靴が濡れてしまった場合は靴箱にはしまわず、玄関に置いて乾かしておきましょう。

このとき、つま先を上にむけておきます。こうすることで靴の底を乾燥させることができます。お風呂場に乾燥機能がついているようなら、玄関よりもお風呂場に置いておいた方が乾きが早くなります。

塗れていないとき、普段は靴箱にしまっておくと思いますが、靴箱は湿気がいっぱいでカビや嫌な臭いを発生されることがあります。

そこで、備長炭や除湿剤を靴箱に入れておくことがおすすめです。

備長炭は多孔質な構造をしていて、無数に開いている孔が湿気や臭いを吸着してくれます。「水取りぞうさん」という商品もあるので活用してみてはどうでしょうか。シートタイプ、置き型タイプ、ブーツ用などがあります。

まとめ

梅雨時は雨で靴が濡れてしまって厄介ですよね。濡れたままにしていると靴が傷むので、素早くお手入れをして乾かしましょう。

きちんとお手入れをしておけば、靴をよい状態で長く保ちつことができます。

honmura