体ケア

赤ちゃんに日焼け止めが必要か知らないとヤバ!塗り直しや落とし方も

赤ちゃんにも日焼け止めが必要じゃないのかな?とお悩みのママも多いと思います。

そこで、赤ちゃんに日焼け止めは必要かどうか知らないとヤバい話や、塗り直しや落とし方についてご紹介しますね。

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?

昔は子供はなるは真っ黒になるまで日焼けするのがよしとされました

夏休み後に水着の後を見せ合って自慢したりしましたよね。でも現在では紫外線が及ぼす人体への影響から赤ちゃんのうちから日焼けケアも忘れずにすることが一般的です。

帽子での日差しカットはもちろん、赤ちゃんでも外出時は日焼け止めクリームを塗るのが常識となっています。

赤ちゃんの肌は大人の肌の半分以下の薄さ。紫外線によるダメージも、外からの刺激も大人よりも大きいです。皮膚が薄いため乾燥もしやすく肌トラブルを起こしやすいのです。

それに、世界保健機関(WHO)も子供の日焼け止めは大切だと提唱しているので世界共通の認識となっています。

最近では赤ちゃんの肌の保湿ケアについても見直されており、赤ちゃんの肌は3歳を迎えるまでに将来の肌の状態が決まるということが分かってきています。

つまり、赤ちゃんの日焼け防止は3歳までがまず最初の勝負といってもいいでしょう。

では赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗っていいのか、ということですが、1か月検診を終えてお出かけできるようになってからは日差しが強い日は10分程度のお出かけになるときは新生児でも日焼け止めを塗るようにした方が良いです。

赤ちゃんの日焼け止めクリームですが「大人が使っているものでも大丈夫?」「塗り方に大人との違いはあるの?」「ちゃんと塗っていたのに日焼けしちゃったかも」などなどデリケートな赤ちゃんの肌に塗る日焼け止めの塗り方や日焼け止めクリームの選び方をご紹介します。

大人用の日焼け止めは赤ちゃんにとって刺激が強いものも多く、SPFが高い日焼け止めは落としにくいため赤ちゃんのデリケートな肌には向いていません。

ドラッグストアにも赤ちゃん用の日焼け止めが販売されいているので赤ちゃん専用の日焼け止めを使用するようにしましょう。

例えばこういった物がありましたよ!

選ぶ際には、塗りやすく香りのないものを選ぶのがおすすめです。最近ではクリームやジェル状や乳液用の日焼け止めが出ているので使いやすいものや相性の良いものを選ぶようにしましょう。

口コミがよくても実際に塗ってみたら発疹が出たということもあるので自分の赤ちゃんにどれが合うのかを見極めることが大切。

いくつか使ってみて合うものを探してみてください。

日焼け止めの塗り方は容器をよく降ってから手の平に取り両手に軽くのばして顔の中心から外側に向かって目や口のまわりは避けながら伸ばしてあげます。

特に日差しが強い日はもう一度同じ場所に重ねて塗って2度塗りをします。

耳や首の後ろ、小鼻は塗り忘れしやすいので気を付けて塗ってあげてください。顎や髪の毛の生え際のフェイスラインも忘れずに。

身体に塗るときは肩から手の甲、ももの付け根から足の甲までまんべんなく塗ります。腕の内側は塗り忘れしやすいので丁寧に塗ります。

赤ちゃんの日焼け止めは塗り直しはどうする?

日焼け止めは1回塗っておけば安心なわけではありません。特に優しい成分で作られている赤ちゃん用の日焼け止めは汗で簡単に落ちてしまいます。

日焼け止めの効果を持続させるためには定期的に日焼け止めの塗りなおしを行うことがポイントです。

日焼け止めは基本的に2~3時間おきに塗りなおすことで効果が持続します。そのほか汗をかいた後やタオルで拭いた後は日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。

気を付けているつもりでもじゃぶじゃぶ池などで夢中になっているとちょっとの時間のつもりが気づいたら長時間直射日光の中にいたなんてことだってあり得ます。

お出かけ中はついつい忘れてしまいがちですが水分補給のついでに、おやつを食べたらなど、日焼け止めを定期的に塗ることは習慣にしておきましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの正しい落とし方

日焼け止めが残っていると肌トラブルの原因となるので日々しっかり落としてあげます。

赤ちゃん用の日焼け止めには「石鹸で落とせます」などと日焼け止めの落とし方が記載されていますのでボトルの使用方法をチェックしておくと良いです。

ほとんどの子供用日焼け止めクリームはどのメーカーのものも石鹸で簡単に落とせるようになっていますので石鹸をしっかりと泡立てて顔は優しく洗ってあげ、身体はいつものボディーソープか石鹸で洗ってあげれば大丈夫です。

赤ちゃん用のものはSPFが強力なものもなく優しく落とせるために強くこする必要はありません。

まとめ

紫外線が最も強くなる時期は5月6月7月と言われています。赤ちゃんに合った日焼け止めクリームや日焼けジェルを見つけてこまめに塗りなおすことで赤ちゃんの敏感な肌を夏の強い紫外線から守ることができます。

また、赤ちゃんの頃からのスキンケアが将来の肌トラブルの防止や将来の肌の状態に関わってきますので赤ちゃんの肌ケアは大人以上に気を付けてあげましょう。

夏のお出かけの際は赤ちゃんにも日焼けケアをしっかりしてお出かけするようにしましょう。また、日差しが強い時間帯やとくに暑い日はお出かけを控えることも大切です。日焼けケアをしっかりして赤ちゃんと楽しくお出かけしてくださいね。

honmura