季節のイベント

雨に浴衣を着る女子必見!必須な持ち物や髪型キープのテクニックも

雨が降っててもせっかくの夏祭りや花火大会をやってるのなら友達や彼氏と予定取りに浴衣で出かける女子も多いと思います。

でも、浴衣に汚れでシミが残るのは最悪ですし持っておけば良い物があるのに知らずに持ってなかったり、髪型がペシャンコになるのは最悪ですよね。。。対策を紹介してみました。

雨で浴衣を着る女子が知っておくべき注意点とは

雨が降った時は泥跳ねしますので、内股で歩幅は小さく歩くと必要最低限に泥ハネを防ぐことが出来ます。

その他にポリエステル素材などの乾きやすい素材の浴衣を選んでいれば、いざ雨になってもすぐに乾きますので安心です。でも強い雨ですと裾が濡れてしまうので裾を少し上げて着るのがいいです。

透けるのが気になるという人は肌襦袢というインナーを着ると透け感を予防する事が出来ます。

それに雨の場合は素足に草履を履いた方がいいです。スニーカーやパンプスですと、靴の中に雨が入ってしまいます。でも草履でしたら、素足で履くので蒸れる事もないですし、あの独特の靴下が濡れて気持ち悪くなるような事もなくなります。

小雨ぐらいでしたら防水スプレーでもいいのですが、素材によってはシミになってしまったりするので、事前に目立たない所や裏側で試した方がいいです。

スプレーも抵抗がある人は着物用のレインコートを羽織るという手もあります。

雨で浴衣を着るときに必須の持ち物

雨で浴衣を着る時は先ほどの、インナーや着物用のレインコートを持っていくと良いです。それに浴衣用の傘をコーディネートしておけば急な雨も素敵な演出に代わります。濡れてしまった時の為にタオルは必需品です。

無地の浴衣ですと濡れた後がくっきりとシミになってしまうので、濡れないように準備して濡らさない事が必要です。

でも濡れてしまった時の為に濡れるのが確実だと分かっている場合は、濡れても大丈夫な素材の浴衣にするのが一番です。

真夏日でも雨が降ったらとたんに気温が下がってしまいます。そのような時の為にもストールやインナーは外せません。

もしインナーが無い場合はタンクトップ、下はステテコがいいです。それに濡れた身体や髪をすぐに乾かす為にも厚手のタオルが必要です。タオルは意外と色んな所に使いますので2枚以上用意しておいくといいです。

それに自動販売機は冷たいものしか売っていませんので、暖かい飲み物を水筒などにいれて持っていくといいです。

スポンサーリンク

雨で浴衣を着た時に髪型をキープさせるコツ

雨の日は髪が水分を吸って膨らんでしまい広がってしまいます。そのような時におすすめな浴衣に合うヘアアレンジは、前髪の表面だけにワックスを付けてねじってバレッタで止めます。

その上で簪を付ければより一層和風なイメージが大きくなりますし、ジメジメした雨だからこそすっきりした髪型はより一層、どんよりとした天気を吹き飛ばすぐらいの明るいイメージに見せてくれます。

ショートやボブぐらいの髪で縛ったりする事が出来ないという人は、外ハネの髪型にするとそのハネがこなれた感じになってより一層魅力がアップしますし、それでも髪が重く感じているのでしたら片耳にサイドの毛を掛けるとより一層すっきりした感じになります。

髪が長い人はまとめ髪してまとめると、浴衣にも合いますしすっきりします。耳の上あたりサイドの毛をロープみたいにしてゴムで止めます。その上で簪でもすれば浴衣に合う事間違いないです。

髪の質などによってヘヤースプレーを使ったり、ワックスなどを使うとより一層まとまります。折角浴衣を着るのですから楽しみたいですし、雨で折角の髪型が崩れたら悲しいですものね。

雨対策でしたヘアーアレンジがいつもと違うヘアースタイルで周りから高評価を受ける事もありますので、雨対策としだけではなく、イメージチェンジとしてヘアースタイルを変えるのもいいかも知れません。

まとめ

雨が降ってしまいますと、浴衣が濡れてしまったりして折角楽しみにしていた花火大会などに行きたくなくなったり、憂鬱に感じてしまいます。でもそのような雨に備えて事前に準備しておけば、そのようなストレスもなくむしろ雨が演出になって楽しむ事が出来ます。

浴衣を着るのはめったに着ないものですから、草履やレインコートとかタオルなどをきちんと用意して楽しみたいものですね。

このように準備しておくと降ってからバタバタする事もなく慌てる事もなくなると思います。今年は雨が降るのが多いのでその事も踏まえて準備しておくといいですね。

その前に天気予報で天気の確認をする事も必要不可欠です。最近ではアプリで雲の動きや1時間単位の天気を教えてくれるのもありますので、事前に調べておいた方がいいです。雨が降ってからでは遅いですからね。

濡れてしまった浴衣はハンガーとかにかけて型崩れしない様にして、外干しするといいです。

下駄も同様に濡れると傷みやすいので、下駄を履いてしまったときはすぐに干すようにするか、最初から下駄を諦めて和風サンダルにするのがいいです。

準備を忘れて濡れてしまったとしても、その時はきちんと寒いという事を伝えたり自分で寒さ対策をする事が必要です。

せっかく楽しみにして浴衣を着たのに、それが原因で風邪を引いてしまいましたら悲しいですものね。

honmura