冠婚葬祭

お盆に墓参り行けない人へ 時期ずらしやお供え物を送る場合について

お盆にお墓参りに行けない人にとっては行く人よりも悩みが多いかもしれません。

行けない時にどんな対処をするべきか?時期のずらし方やお供え物を送っても良いか?などいつにもない悩みが次々と出てくるからです。

そこで、私が旦那の実家のお盆のお墓参りに行けなかった時に知ったことをもとに、行けない時にどうするべきか?時期のずらし方やお供え物を送る際の注意点について紹介してみました。

お盆に墓参りに行けない時はどうする?

お盆にお墓参りに行く事ができないと決まって時点で、早めに義両親には、事情を説明し一言、お詫びを入れておく事が賢明です。

間違っても、そのまま、知らんぷりだけでは避けてください。また、旦那様から伝えてもらうのではなく、自分から、どうしても、仕事の都合で難しいと言う事を伝える事も必要です。

その上で、可能であれば、お盆までにお墓参りに行く事をお勧めします。お墓参りは、何もお盆だけに行うものではありません。

その為、お盆までの時期に可能であれば、お墓参りを済ませ、そうさせてもらうと言う事も、きっちり、義両親にも伝えておきます。

お墓参りをすることが義務ではく、気持ちの問題ですが、せっかく、お墓参りに行くのだから、行くという事実を義両親にも知っておいて欲しいですよね。

そうしないと、「お墓参りにも来ない嫁だ。」と言われかねないので…。

反対にもし、お盆までにお墓参りに行く事が難しい場合は、9月にはお彼岸もあります。そう言った時期に改めて、お墓参りをさせてもらうと言う事を義両親に伝えておくと良いかと思います。

その他、電話をかけた際、お盆の時期は、自宅で可能な限り供養させて頂くと言う事を付け加えてみてはいかがでしょうか。

ご先祖様の供養と言うものは、気持ちが大切です。そう言った事から、自宅で、しっかりと供養させて頂きたいと思うと言う事も加えておくと良いかと思います。

お盆の墓参りの時期をずらすのはよくない?

お墓参りの時期をずらす事が悪いかと言えば、決して、そうではありません。

お盆にお墓参りに行く理由は、様々です。お盆に自宅に帰ってくるご先祖様を迎えに行くといった考えやご先祖様が自宅に戻っている間にお墓を掃除しておくといった考え。

また、お盆にお墓参りに行く事で、自分が仏様になった際、お浄土に行きやすいなどと自分本位の考えでお盆にお墓参りをする方もいます。

スポンサーリンク

反対にお盆には、ご先祖様は自宅に戻られているので、お墓参りに行く必要はないといった考えの人もいるようです。

そのように、お盆にお墓参りに行くという理由は、様々です。そして、どの理由においても、家族全員でお墓参りに行く必要はなく、誰か一人でもお墓に行き、掃除をしたりご先祖様もお迎えに行けば良いだけです。

その為、お墓参りの時期をずらす事が悪いと言い切る事は出来ないのです。お墓参りにしても、お仏壇に手を合わせるにしても、気持ちが大切です。

その為、もし、時期がずれてしまったとしても、ご先祖様の事を思う気持ちでお墓参りに行く事が最も大切だと言えるのです。

お墓参りに行く事は義務ではなく、気持ちが大切なのです。その事がわかれば時期がずれても、そう気にする必要もないかと思います。

お盆の時期は、大勢の人がお墓参りに行く為、ご先祖様も寂しい思いはしないと思います。

反対にあまり、お墓参りに行く時期ではない時にお墓参りに行ってあげると喜ばれるかも知れません。そんな気持ちでお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか。

お盆に合わせて墓参りのお供え物を送るなら何がいい?

お供え物を送る場合には基本は日持ちのするお菓子となります。

夏なので涼しげなゼリーの詰め合わせや甘いお菓子、おかきなど何でも大丈夫です。購入する際に、お盆のお供えと言えば、そのように包装してくれます。

また、意外と喜ばれるのがお線香のセットです。お盆の時期などは、お線香のセットも多く販売されている為、お菓子など食べ物を好まない義両親の場合は、お線香を送られてはいかがでしょうか。

その他、「現金で。」と思われる方もいるかも知れませんが、初盆でもない場合、現金をお供えする必要はないかと思います。

気持ちのこもったお菓子や線香。また、お菓子を選ぶ場合は、義両親が好みのものを選んで送る事で気持ちを伝える事ができると思います。

私の場合、毎年、決まったお菓子の詰め合わせをお供えしています。

初めは、果物をお供えしていたのですが、暑い夏に日持ちがせず、義両親だけでは食べきれないと言う事で、出来るだけ日持ちのするものを選ぶようにしています。

まとめ

お盆にお墓参りに行く事ができないと言う事は、義両親にとっては、少し残念な気持ちになるかと思います。

その気持ちを汲んで、やはり、ここは少し謙虚な気持ちで、すぐに電話で報告。その上で、自分の出来る範囲の行動で、気持ちを伝える事が大切です。

それが、時期をずらしてでもお墓参り行く事やお供えだけでも送らせてもらう事。また、自宅で供養させてもらうなどと言う事になります。

そして、何事においても、早め早めの行動が大切です。お墓参りに行くのなら、お盆の前に行く。また、お供えを送る場合も、必ずお盆までに届くように注意し配送するなどと言った事に気を付け、誠意を義両親に見せるようにしてください。

honmura