季節のイベント

お盆のお墓参りは赤ちゃんも行くべき?服装や必要な持ち物も

お盆に旦那さんの実家のお墓参りに行く奥さんは多いと思いますが、その際に、赤ちゃんも連れていくのが普通なのか気になる方も多いと思います。

行くのが普通かそれともどうでも良いのか?行くなら服装はどんな注意が必要か?そしてあると便利なグッズはどんな物か?紹介してみました。

お盆の墓参りは赤ちゃんも一緒に行くのが普通?

赤ちゃんの月齢にもよりますが、基本、お盆のお墓参りは、避けた方が無難です。特にまだ、生後3か月だと言うこと。こんな時期に暑い中、お墓参りに連れて行くと言う事は、赤ちゃんにとっては、大きな負担になりかねません。

もし、お墓まで数分の距離と言ったように近い場合は、義両親の希望を叶えるのであれば、一緒に行くだけ言って、すぐに赤ちゃんは帰宅させてもらうほか、お墓の掃除中などは車の中で待機させてもらい、手を合わせつだけと言った感じで短時間のみ外に出てみてはいかがでしょうか。

また、お墓参りの基本は、午前中だと思います。その為、より早い時間にお墓参りの予定を組んでもらい、少しでも涼しく、また、人が少ない時間にお墓参りに行くようにしてもらうと安心です。

お盆のお墓は、間違いなく暑いです。そんな中、生後3か月の赤ちゃんを連れて行くと言う事は、正直、無謀です。

でも、義両親がそうしたいと言ってきたら断り切れない気持ちもわかります。私も同じ経験者です。

私の場合は出来るだけ涼しい時間にお墓参りをし、また、幸いお墓の真横に車を停める事ができた為に少しの間だけ車で待機させてもらいました。

その間、私は少し掃除のお手伝いして子供は車の中と言った感じで進め、手を合わせる時だけ、車から子供を降ろし、一緒に参らせてもらいました。

実際、義両親は、どう思ったのかわかりませんが、夫が「それでいい」と言ってくれたので、義両親の事まで気にしていません。

まあ・・ぶっちゃけ、夫や相手の親の性格にもよるかもしれませんね。。。空気が読めなかったり、口癖が「私らが若い頃には」という義理の両親ならヤバイです。

子供が熱を出したことにでもして連れていかない方が無難ですw

お盆の墓参りのときの服装の注意点

まず、お墓参りの服装に迷った場合は、義両親に少しお伺いをする事をお勧めします。そこで、大抵の場合、普段着で大丈夫と言う事になる為、そう言われたら、普段着でお墓参りに行きます。

その際、母親の服装としては、動きやすく赤ちゃんを抱っこしやすい。また、授乳しやすい洋服の中から、少し落ち着いた色の洋服を選べば十分です。

また、赤ちゃんの方はと言うと、日焼け対策と虫刺され対策を行った洋服選びが重要になります。暑い季節となる為、半そで半ズボンが基本となりますが、お墓参りの際は、そこに薄手の物を羽織らせてあげる事で、日焼け対策と虫刺され対策を行う事が可能です。

また、背中にもタオルや専用の汗取りパッドを入れてあげる事で、背中の汗を吸収する事が可能です。

もちろん、帽子も忘れずにかぶらせてあげてくださいね。

お盆の墓参りに子連れがあると便利な持ち物は?

お盆のお墓参りは、意外と時間がかかってしまう事があります。お墓の周りの道が混雑している場合もあり、思い通りにお墓参りを済ませる事ができない場合がある為です。

また、お墓の掃除などを行えば、より時間がかかってしまいます。そう言った事を考慮し、どんなものも多めに持って行く事をお勧めします。

スポンサーリンク

例えば、ミルクですが、近い場所にあるお墓だからと持参しなかった場合、途中で赤ちゃんがお腹を空かせてしまう場合も十分に考えられます。

その為、どれだけ近い場所にあっても、念のため、ミルクの準備は行っておきます。

もし、授乳をしている場合は、車の中でもそっと授乳する事ができるように授乳ケープを持参するようにしてください。そうする事で、人目を気にせず、授乳する事が可能です。

もちろん、オムツも同様に多めに持って行くようにします。

その他、少し外に出ただけでも汗をかいてしまう季節です。着替えを持参し、お墓参りの後に汗がひどいようなら、すぐに着替えさせる事ができるように着替えも持参してください。

この他にも、欠かせないのが虫よけです。赤ちゃんのようの虫よけスプレーなどを持参し、外に出る際は、必ずスプレーしてあげてください。お墓は想像以上に蚊などの虫が多くなっています。

その為、虫よけスプレーは必需品です。また、虫よけスプレー以外にも蚊取り線香など置き型タイプの虫よけも持参する事で、より一層、虫よけ対策を強化する事が可能になります。

赤ちゃんの虫除けや日焼けの関連記事

→ アウトドアでの虫よけ テントでの基本とスプレーや蚊取り線香のコツ

→ 赤ちゃんに日焼け止めが必要か知らないとヤバ!塗り直しや落とし方も

まとめ

以上がお墓参りに赤ちゃんも連れて行く際の注意となります。できる事なら、来年のお盆まで赤ちゃんと一緒のお墓参りは遠慮させてもらった方が良いとは思いますが、嫁の立場としては、そう簡単に言いきる事はできません。

それでも、もし赤ちゃんの体調が優れない場合は、絶対に無理をせず、旦那様の方からご実家のご両親に言ってもらってください。

お盆時期のお墓は、赤ちゃんにとっては、非常に酷な場所になります。その為、体調が万全でなければ赤ちゃんの体の大きな負担にもなりかねません。

そこは、旦那様にうまく言ってもらい、孫の体の方が大切だと思って頂けるようにすると良いかと思います。

その上で、お墓参りは難しくても、お仏壇に手を合わせる事は出来ると思うので、自分と赤ちゃんの出来る範囲でご先祖様の供養をされると良いかと思います。

きっと、それでご先祖様は許してくれると思います。

お墓参りの関連記事

→ 墓参りのお供え物を食べるってヤバイ人?持ち帰りやマナーの注意点も

→ 墓参りのマナー 時間と水と線香についての疑問を解消!

→ お盆のお墓参りの時間帯や失礼にならない服装や花の選び方も

→ お盆のお墓参りの時間帯や失礼にならない服装や花の選び方も

→ お彼岸 春はいつからいつまで?お墓参りやお供えものの注意点も

→ お彼岸の墓参りはいつまでに行くべき?お供えや服装の注意点は?

honmura