敬老の日

敬老の日の手紙はイラスト付きで 小学生らしい書き方と例文は?

敬老の日に手紙を書くならイラスト付きが絶対におすすめです。

ただし、注意したいのは小学生らしさも失わないように注意したいところです。ママが手を加えて大人びた内容になるケースって多いですからね。。。

そこで、小学生らしい書き方や例文も紹介してみました。

敬老の日の手紙はイラスト付きなら気持ちが伝わる!

敬老の日のプレゼントは、何もお金をかけたものだけが喜ばれると言うものではありません。特に可愛くて仕方のない孫からのプレゼントの場合、手紙一つでも、とても嬉しいものです。

そこで、孫から手紙のプレゼントを贈る場合、ただ単に便せんに文字を書いただけでは、少し寂しいと思いませんか?もちろん、文章で感謝の気持ちなどを伝える事も大切ですが、少し工夫してみてはいかがでしょうか。

例えば、文字と一緒に似顔絵を描いてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。祖父母の似顔絵はもちろん、家族全員の似顔絵を描いても喜んでもらえるかと思います。

その際、便せんに描いても良いかと思いますが、少し大きな画用紙などに言葉と一緒に似顔絵を描いてあげるとそのまま、壁に飾る事もできて、より喜んでもらえると思います。祖父母の場合、孫からもらったものはすべて宝物となります。

少しでも身近に、そんな宝物を置いておいてもらうために是非、飾る事ができるように少し工夫してあげるとより喜ばれると思います。

我が家の場合、手紙とは別に画用紙に祖父母の似顔絵を描いて渡したことがあります。

手紙には、日頃の感謝の気持ちを文章にして渡し、画用紙には、「いつまでも元気でね。」と書き、その中に祖父母の似顔絵を描いて渡しました。よほど、嬉しかったようで、すぐに画用紙サイズの額縁を購入し、部屋に飾ってくれていました。

今思うと、初めから額縁に入れてプレゼントすれば良かったと思っています。

敬老の日の手紙の書き方のコツ

小学生でも低学年の場合、長い文章の手紙を書く事は困難かと思います。その為、手紙は、短い文章での箇条書きでも十分、祖父母に気持ちを伝える事は出来ると思います。

「いつもありがとう。」といった感謝の気持ちや「いつも○○して遊んでくれて楽しいよ。」などといった日頃の出来事の話。

その他、「いつまでも元気で長生きしてね・」なとといった気持ちを伝える文章を箇条書きで伝えても良いと思います。

スポンサーリンク

コツとしては、とにかく、子供が思う通りに書かせてあげる事ではないでしょうか。ついつい、出来栄えが気になって横から口を挟んでしまいがちですが、それでは、結局、大人が書いた文章になってしまいます。

それでは、意味がありませんよね。その為、出来るだけ子供の好きなように書かせてあげて、困っている事があれば、手を差し伸べる程度に親は構えておくと良いかと思います。

また、文章を書く事が苦手な場合は、短い文章で、ところどころイラストなどを入れていくと、見栄えもよくなり、短い文章でも気になりません。

自分が好きなもののイラストや祖父母が好きなもののイラストなどを入れるほか、便せんの周りをデコレーションしても完成品の質がグンとアップします。それも苦手な場合は、シールなどを上手く活用してみる事もお勧めします。

可愛らしいシールは100円ショップなどでも手軽に購入する事ができます。それなら、絵が苦手なお子さんでも、手軽に手紙を完成させる事が可能です。

敬老の日の手紙向けの例文はこれ

では、実際、どのような文章を書けば良いのか、少し例文を書いてみるので、参考にしてみてください。
・おじいちゃん、おばあちゃんへ

いつも、学校から帰って来た時、「おかえり」と言ってくれてありがとう。
いつも、美味しいお菓子を食べさせてくれてありがとう。
おばあちゃんのご飯、いつも、美味しいです。
いつまでも元気でね。

・おじいちゃん、おばあちゃんへ

夏休みに行った旅行、楽しかったです。
ご飯も美味しかったね。
また、一緒に行きたいね。
これからも、長生きしてね。

このように、日頃の出来事を書いて、それについて、お礼の言葉を添える書き方と思い出話を書く書き方があります。

どちらにしても、最後に「いつまでも元気で長生きしてね。」などといったように体を気遣う気持ちを入れる事で、敬老の日のプレゼントにふさわしい手紙に仕上げる事ができます。

まとめ

いかがでしたか?小学生の子供が書くと言う事で、色々と心配になるかと思いますが、一緒に暮らしている祖父母です。

その為、孫の事も良く知っているかと思います。その為、その孫が自由に描いた絵や手紙を送ってあげた方が喜んでもらう事ができるのではないでしょうか。

とは言っても、せっかくの敬老の日のプレゼントです。少しでも見栄えを良くしたいと思うのなら、子供が描いた絵の他、シールや折り紙での飾りつけ。

その他、家族そろって撮影した写真がある場合、その写真を手紙に添えて贈ってあげても喜んでもらえると思います。その場合、写真のみで贈るほか、写真たてに入れて贈ってあげても喜んでもらえると思います。

その際、写真たてを子供の手でアレンジしてあげると、より一層、手作り感が増して、既製品の写真たてよりも喜んでもらえると思います。

是非、手紙だけではなく似顔絵や写真を一緒にプレゼントしてみてくださいね。

honmura