敬老の日

敬老の日の手紙を幼稚園児に書かせるなら手作りの手形で決まり!

敬老の日にお幼稚園に通ってるお子さんに手紙を書かせる場合には、本人の楽しみもかねて手作りがベストです。

その際には、おじいちゃんやおばあちゃんには孫の成長記録としても楽しめる手形がすごくウケが良いんですよ。

そこで、敬老の日の手紙を幼稚園児に書かせるコツや手作りや手形を作るコツについて紹介してみました。

敬老の日の手紙を幼稚園児と一緒に書くなら

祖父母が喜ぶ孫からの贈り物として、定番のものといえばやっぱり「手紙」ではないでしょうか。

ひらがなを覚えたての孫が書くたどたどしい手紙なら真剣さも伝わりますし、何といってもこの時期ならではの幼さが祖父母にとっては可愛くてたまりません。

綺麗に書かせようとつきっきりになり、言葉まで考えてしまう親御さんもいるかもしれませんがそれはやめてください。

幼稚園児の子供が素直に書いた言葉だからこそ祖父母に響くはずですし、書かされた感が伝わってくる手紙では相手もしらけてしまいます。

クオリティーの高さはまったく必要なく、なんならなぐりがきでもOKなくらいです。

ただ、一緒に書いてあげることでよりよい言葉選びができたり、失礼な言い回しを避けることもできます。

子供が不安そうにしているならそっと見守り、「この言い方でいい?別の言い方もあるよ?」などとヒントをあげたりするのもいいかもしれません。

私自身も我が子に祖父母宛の手紙を書くよう促した経験があります。幼稚園児の我が子は「元気でいてね」「いつもありがとう」というような定番メッセージしか思いつかなかったため、「ひとことでいいからへ~そうなんだ~と思う何かを書いてみたら?」とアドバイスしました。

その後で「そだてていたトマトがおおきくなりました」と書き足した我が子を見て、「そうそう!そういうのが喜ばれるんだよね!」と思ったものです。

敬老の日の手紙を手作りで作るなら

敬老の日の手紙を手作りで作るというのもオススメです。

画用紙と折り紙があれば十分で、祖父母の顔型に切って手紙に貼ったりしてもいいですし、ちぎり絵風にしてみるのもおもしろいでしょう。

また、切り込みを入れて飛び出すメッセージカードにしてみるというアイデアもあります。

飾りつけは幼稚園児に無理のない程度で十分です。のりで固定しやすいようにするなら紙製のものがいいですが、穴を開けてリボンを通したりして可愛く飾ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

材料は文房具店や100円ショップなどで購入できます。折り紙はキラキラと光るものや両面タイプのものもあり、幼稚園での工作の時間を思い出しながら工夫してみてください。

クリスマス時期にサンタさんの髭を綿で飾る工作をつくったりしませんか?あの要領で祖父母の白髪を表現してみてもいいでしょう。

折り紙が得意な子なら、自分が折ったいくつかの作品を手紙に貼り付けてみるのも良さそうです。手紙の飾りになるばかりか、「こんなのも折れるようになったよ!」と成長を伝えることもできて二重の喜びを感じてもらえるでしょう。

サイトや折り紙の折り方ブックなどを見ながら作ることを一緒に楽しんでみてください。便箋をお花型に折ってみたり、祖父母が好きな食べ物の形にしてみるのも子供らしくていいのではないでしょうか。

敬老の日の手紙は手形で成長をアピールという手も

敬老の日の手紙は手形を添えて成長をアピールしてみるのも良さそうです。

どうせなら毎年の恒例とし、去年の手紙と見比べてもらえたらなおいいでしょう。遠方でなかなか会えない祖父母は写真で孫の成長を確認していることだと思います。

しかし、写真ではどのくらい大きくなったのかいまいちイメージしにくい場合もあります。そんな時に手形が便利なんです。

手形なら祖父母自身の手と合わせてリアルに孫の成長を感じてもらえるのではないでしょうか。

祖父母の手と手形を合わせることで手を繋いだ気分にもなれるため、会えない寂しさもいくらか埋めてあげられるかもしれません。

「手を合わせて比べてみてね」なんてメッセージ付きにしてみるとよりほっこりしてもらえます。

手形を贈るにはそのままでもいいかもしれませんが、手形アートとしてひと工夫してみると祖父母にさらに楽しんでもらえそうです。

取った手形の周りに絵を描いてみたり、指に顔を書いて「おじいちゃん」「おばあちゃん」にしてみるのもいいでしょう。

色も一色にしなければそれだけで個性がでますし、「こんな工夫ができるようになったんだな」と関心してもらえるかもしれません。

手形は肉感やしわも出るので孫をそっくりそのまま感じてもらうことができます。「親子で楽しく手形を取ったんだろうな」という情景も浮かび、祖父母は幸せいっぱいでしょう。

「おかげさまでこんなに大きくなりました」という思いがすぐにでも伝わってきそうです。

まとめ

敬老の日の定番の手紙に心を添えるには手作りや手形などで工夫してみましょう。
幼稚園児の孫が頑張って用意してくれたのが伝わり、祖父母はただの手紙以上に感動してくれるはずです。

もちろん一般的な手紙を書いて終わり、でも十分喜んでもらえます。
しかし、その際はそばで親が指示して書かせたと思われないような素直なメッセージを心がけましょう。

形として残る手紙という贈り物の良さを、祖父母だけではなく我が子にも知ってもらえたら一番です。

honmura