料理

夏休みの昼ご飯がめんどくさいママへ作り置きや子供が喜ぶメニュー

夏休みって毎日の昼ごはんを子供にも用意するのってめんどくさいですよね。

自分だけが食べるんなら前夜の残り物でも全然OKだけど子供は文句言うし、下手したら食べてくれないですからね・・・

それに、いくらめんどくさいって言っても子供に頻繁にカップラーメンを食べさせるわけにもいきませんよね。

そこで今回は、夏休みの昼ごはん作りがめんどくさいママへ、作り置きするコツや子供が喜ぶメニューについてご紹介します。

夏休みの昼ごはんがめんどくさい時には

お料理自慢のママでも、夏のお昼は暑さに負けてしまって料理をする気になれないという人もいることでしょう。

火を使うと体温や室温もグッと上がるので、本当に嫌になってしまいます。

もしも「今日はどうしても無理」と思うのであれば、時には外食やコンビニ食、スーパーのお惣菜でもOKと気楽に考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、毎日のことではなく、本当にママが嫌になってしまったときだけの限定ルールです。

ママだって気分が優れないとき、子供たちの元気にママの体調が追いつかないときだってあるはず。

そんなときだけと割り切れば、不経済ではありません。

反対にママのご飯が大好きな子供達だって、たまに外のご飯を食べることで夏休みのイベント感覚で楽しく美味しく食べてくれるに違いありません。

また、「やっぱり手作りのものを食べさせたい」というママは、単品メニューを上手に頼りましょう。

そうめんやどんぶりものは手早く作れるし、食器の利用も限られるので洗い物が激減。

そして、こういった簡単なものは子供の嗜好にピッタリマッチするので、喜んで食べてくれます。

実は、子供だって暑すぎる日には食欲がダウンしてしまうことだってあるんです。

そんなときにママに気合バッチリのメニューを出されると食欲が減退してしまうことも。

長い夏休みの昼食作りを無事に乗り切るためには、がんばり過ぎず、お腹が満たされれば何ら問題はありません。

夏休みの昼ご飯で作り置きするコツ

夏休みこそ、作り置きがピッタリのシーズンです。何故ならば、作ったものを冷蔵庫でストックしておけば、ひんやり涼しい食事が食べられるから。

作り立てにこだわらず、作り置きメニューを上手に使いましょう。そこで、おすすめの作り置きメニューをご紹介します。

・ポテトサラダ

スポンサーリンク

夏になるとじゃがいものお値段が安定するので、たくさん食べるには最適な野菜です。じゃがいもを茹でたら潰して、好みの具材とマヨネーズを混ぜれば完成です。

子供達はコーン缶やハムが大好きなので混ぜると彩もきれいに仕上がります。これを冷蔵庫にストックしておくと、1品増やすのがとても楽に。

また、パンに挟めば立派なサンドイッチの出来上がりです。夏の季節におすすめのアレンジは、カレー粉を混ぜること。スパイシーで、香りの良いポテトサラダが楽しめます。

牛乳を加えてスープ仕立てにすると、「なんちゃってヴィシソワーズ」もできちゃうんです。

お好みで塩コショウを加えて味を調えてください。

・焼きおにぎり

冷蔵でも冷凍でもOKです。冷凍保存の場合は、きちんと冷めてから冷凍すること。

また、ひとつづつラップしておいて、必要な個数だけ解凍して食べます。

電子レンジで解凍してから、仕上げにトースターやフライパンでこんがりとさせると美味しさ倍増。

しらすや胡麻、かつお節などを混ぜて作ると栄養価もアップ。

これとみそ汁などの汁物があれば、お昼ご飯としては上々です。

夏休みのご飯で子供が喜ぶものは

子供ってママが考えるよりも簡単料理の方が意外に好きだったりするんです。例えば、焼きそばやお好み焼きや鍋ひとつで完成するカレーです。

よりジャンクフード的なもののほうが手間を掛けた一品よりも喜んだりするものなんですね。

だからこそ、ママも割り切ってジャンクな昼食を準備すればいいのです。

例えば、冷凍たこ焼きを油で揚げればカリカリ熱々のたこ焼き。

また、揚物繋がりで冷凍のポテトフライなんかは大喜び間違いなし。

ケチャップやマヨネーズがあれば、それだけでテンションが上がるはず。

延々と食べ続けてくれます。

そしてジャンクの王様、カップラーメン。数種のカップラーメンを準備して、「好きなものを選んで食べていいよ」なんて言われたら最高に喜んで、絵日記に書きたいくらいの出来事になるかもしれません。

その代わり、キャベツなどの野菜は沢山入れて栄養バランスだけは考えてあげましょうね。

まとめ

子供には宿題もちゃんとやって欲しいし、1学期の復讐や2学期の予習だってして欲しい頑張るママは子供に対して欲張りです。

でも、せっかくの夏休み。子供だって息抜きは必要です。

そして、子供だけではなく普段から頑張っているママにだって息抜きは必須。夏休みの昼食タイムを息抜きとして、堂々と手抜きをしてみましょう。

自分が肩の力を抜いて気楽に過ごせば、子供にだって寛容になります。

暑い夏、ガミガミと雷を落とすママの顔は置いといて子供とのびのびするママになれたら素敵ですね。

honmura