掃除・洗濯

梅雨のカビ対策で靴とバッグはどうすべき?

もともとカビは年間通して発生しますが、湿度の高い梅雨時期は一瞬の油断ですぐにカビだらけになりますよね・・・。

でも、以下で紹介しますカビ対策を知っていただければ、今年の梅雨は靴やバッグにカビが生えることはきっとありませんよ。

梅雨のカビ対策は正しい掃除を知ること

カビ防止策の基本は2つで「掃除を念入りに行う事」と「換気」です。

掃除の際には、畳やカーペットなどの掃除機掛けも念入りにしましょう。特に、お子さんの部屋は目が届きづらいのでちゃんと換気をしたり、掃除に気をつけてあげてください。

掃除ついでに、布団を収納しているスペースも、布団を一度出してから掃除をしておくのが無難です。梅雨時期に、一度でも家の隅々までカビ避けの掃除をしておくことで増殖を防ぎ、他の部屋にカビが浮遊して広がることも防ぐことができます。

部屋の掃除やクローゼットの掃除ができないと、いくら湿度を気にしたところで、靴やバッグのカビを防ぐことはまず無理ですよ。もし、毎日、念入りに掃除するのは時間的にも難しいという場合には最低限「水回り」だけは掃除をしておくべきです。

洗面台やトイレやキッチン周辺など水回りの掃除は大変ですが、使った後に軽く綺麗にする習慣をつけておく事で、念入りに掃除する必要がなくなり、カビ対策にもなります。

換気についての注意点は、最低でも2箇所の窓を開けて外からの空気の入口と出口を作ってあげる事に尽きます。フレッシュな空気の入口と出口の両方が揃わないと風の通りが発生せず換気にならないからです。

もしも、窓が一つしかない場合には、窓を開けつつ換気扇を回すことで空気の入れ替えが効率良くなります。

梅雨時期は屋外も湿気が高いですが、湿度云々の前に、綺麗な空気と入れ替えるということに意味もあるので、締め切ったままにしないよう注意してくださいね。

梅雨のカビ対策 靴をカビから守るには

お気に入りのパンプスやブーツにカビが発生してしまってはショックですよね。でも、いきなりカビを払い落としてしまうと大変なことになります。なぜなら、払った瞬間にカビが飛散してしまうからで、これが原因で今度は床や壁にカビが広がる原因になってしまいます。

でも、だからと言ってカビを落とそうと水で洗い流すのもダメです。流水で洗い流してしまえば湿度がさらに加わりカビが増殖してしまいます。

カビを見つけた時に革製の靴なら乾いたタオルや雑巾で、スエード素材の靴ならブラシなどでゴシゴシと拭き取り、次に拭き取った後に除菌スプレーをかけます。それから最後に、軽く水拭きをして日陰で乾かせばOKです。

(ただし、スエードには除菌スプレーはせず、防水スプレーだけで十分です。)

長さのあるブーツを乾かす場合には、新聞紙をくしゃくしゃと丸めて入れておくと乾きも早くなります。

今後、新たなカビを家に持ち込んで手間を増やしてしまわないために、帰宅した時に靴に付いたホコリや汚れはその都度落としておく事が大切となります。雨や雪の日などどに履いた靴は玄関先などに読まなくなった雑誌や新聞紙などの上に置き乾かしてから収納してみてください。

あと、理想的な靴の収納場所は風通しの良い場所が絶対条件になりますが、そうもいかない家もあると思います。例えば、下駄箱に扉が付いている場合には、頻繁に扉を開けて少しでも広い空間に触れさせておくことが効果的なようです。

梅雨のカビ対策 バッグを守るには

バッグを収納して置く場所はクローゼットや押し入れという人も多いでしょう。でも、窓のないクローゼットは普段の開け閉めだけでは換気にはなりません。なので下駄箱同様にクローゼットも定期的に意識して換気を心がけましょう。

特に革バッグは湿度にとても弱いです。なので雨などに濡れてそのままにしておけばカビの原因になってしまいます。雨に濡れたら十分に乾いてから収納ようにしましょう。

もし、立たせて置けるバックであれば、立たせた状態での収納がおすすめです。立たせる事で床や棚などと触れる面積が少なくなるので通気性を確保する事が出来るからです。

それと、バッグを収納するスペースにはたくさんの物を詰め込みすぎないよう気を付けましょう。なるべく空間を確保できる方がいいんです。

収納テクニックの本にあるような、隙間を無駄なく物で埋め尽くしてしまう収納は、たしかに、少しでも多くのバッグが収納できますが、カビ対策としては最悪です・・・。

また、バッグは日頃から天気の良い日に天日干しをする事でカビ防止対策になります。使う頻度が少なくなったバックは、長く密閉した収納スペースに置かれたままの状態になりがちなので、特には天気が良い時には風通しの良いとろこで日陰干しをしてあげることも必要になります。

まとめ

  • カビ対策は部屋全体の空気の入換えも大切
  • 風を通すには2箇所を開けないと空気が入れ替わらない
  • カビをみつけても払い落としてはダメ!部屋に飛散します
  • 靴は布で拭いてから除菌スプレーも使う
  • スエードは除菌スプレーを使わず防水スプレーで仕上げる
  • バッグの収納箇所は物を詰め込まずに空間を残してあげる
  • バッグはたまに日陰干しもしてあげる

靴やバックなどの収納スペースには薬局などで売られている、除湿剤を置いておく事で湿気除去の効果があり、カビ防止策の効果も高まりますよ。

でも、大切なのは部屋の空気を入れ替えることと、新しいカビを増やさないように払い落とさないこと!これだけでも随分と違ってきます。この基本ができてないと、いくら水取り象さんのような水取り剤を置いても、カビ予防の効果は望めません。

honmura