ファッション

雨の日の浴衣は裾がえらいことに!汚れの防ぎ方や手入れを知っとこ

せっかく浴衣を着て夏祭りに行っても途中で雨が降ってきてしまうことも珍しくありません。裾なんて濡れたり泥がついたりでえらいことになります・・・

でも大丈夫です。雨の日でも浴衣の裾の汚れ対策や手入れについて知っておけば思いっきり浴衣を楽しむことができます。ポイントをまとめてみました。

雨の日の浴衣で裾への注意点

幸い浴衣は綿素材なのでぬれてしまってもきちんと乾かせば大丈夫です。お洗濯もできます。逆に着物は絹素材なので水は厳禁です。水が絹にかかると繊維が収縮して二度と元に戻らなくなってしまうのです。

ただし浴衣も染め方や技法によっては水厳禁のものもありますので注意してくださいね。新品の藍染めの浴衣もものすごく色落ちするので気を付けてください。

浴衣は水は大丈夫なのですが雨の日のやっかいな汚れが泥はねです。雨の日に歩くと浴衣の裾に泥はねがしやすいので歩くときに泥はねしないように気を付けて歩くことが大切です。
というのも泥はね汚れは食べ物のシミよりもずっと厄介になってしまう場合があるんです。

雨が降ると土の上でなくても泥はねしやすいです。アスファルトの上に積もった小さな砂が雨でぬれて泥はねを起こします。泥はねは歩き方を注意するだけでかなり軽減できますので雨が降ってきたら少し歩き方を工夫してください。

足が着地するときにつま先またはかかとのどちらか一方から着地すると泥はねしやすいです。ポイントは足が斜めにならずに地面と平行に着地することです。

地面と足の裏が平行になるようにして体重がすべて平均に乗るように着地します。下駄を履いていると自然に斜めに着地するようになるのでかなり大変ですし、不格好かもしれませんが、雨をしのげる場所まではなんとか頑張ってください。

雨の日の浴衣の汚れを防ぐには

浴衣を着ているとさまざまな汚れに遭遇します。雨が降っていなくても浴衣は暑いので汗を大量にかきますし、食べ物や飲み物をこぼすこともあります。雨が降れば雨でぬれ、下からは泥はねがあります。

自分が気を付けていても他の人が水たまりを踏んで水しぶきを浴びて被害に遭うことも考えられますね。

食べ物のシミなどは即座にシミ抜きの応急措置をすることで対応できますし、汗も着物用の下着をきちんとつけると浴衣への汗汚れがかなり軽減できます。

泥はねや飲み物のちょっとした飛び散りには防水スプレーが有効なので採用してみるのもありです。大雨に遭ってしまったら意味をなしませんが、ちょっとした水跳ねには十分威力を発揮します。防水スプレーはもちろん衣類用を使ってくださいね。

スポンサーリンク

呉服店やデパートの呉服売り場には着物専用の防水スプレーが販売されています。

もともとは水に弱い正絹の着物の裾あたりにスプレーして雨コートを着ていてもついてしまう雪などを払うために使いますが、最近ではデパートの呉服売り場に浴衣専用の防水スプレーが販売されているようなので、デパートの呉服売り場に足を運んでみてください。

防水スプレーは防水だけでなく、汚れの付着も防ぐのでかなり便利です。

雨の日に着た浴衣の手入れの方法とは

雨の日に浴衣に泥はねをしてしまったという場合、無数の小さな細かいシミがあってどのように対処していいのかわからないかもしれません。

泥の汚れはついたばかりの頃はあまり触らない方が良いです。というのも、すぐに汚れを落とさなきゃと思って色々触りすぎるとかえって逆効果になってしまうことが多いのです。

泥汚れは他の汚れに比べて粒子が大きく、こすったり叩いたり触れば触るほど繊維の奥に汚れが入っていってしまいます。下手にいじりすぎるとクリーニングにもっていってもプロでも落とすのが難しくなってしまうのです。

泥はね汚れがついてしまっても、すぐに対処せずに我慢してそのまま家に帰りましょう。

泥はね汚れがついて帰宅した場合は浴衣が乾くまで汚れには触らずに干しておきます。そして完全に浴衣が乾いてからそっと指で泥をひっかいてぽろっと落ちる汚れなのかを確認してみます。

いきなり強くこすったり洗剤水などでたたかないでください。まずは様子見をしながら泥が落ちるか見てください。

もし、泥だけがぽろっと落ちてその下にシミだけが残っているならまずは乾いた布などで泥がついている部分を軽くこすって泥を浴衣から落とします。

その後、シミ抜きをします。浴衣の下に乾いたきれいな布を置き、歯ブラシまたは綿棒に洗剤を付けて叩きます。下の布に汚れを移していくイメージです。泥が見えなくなるまでたたき、優しくゆすぎます。

もし、上記の過程をやってみて落ちないな、と思ったら一度手を止めて下さい。深入りすると繊維の奥まで汚れが入り込んでしまいますので、あくまでも様子見をしながら作業することが大切です。

自分で落とせないと判断したらクリーニングにお願いしましょう。その際クリーニング屋さんでよく相談してください。

中には着物専門、シミ抜き専門のクリーニング業者もありますので確実性を求めるならそういった専門業者にお願いすることをおすすめします。

まとめ

浴衣の泥汚れはショックですよね。安価な浴衣でも汚れてしまうと悲しいですが、おばあちゃんやお母さんの浴衣だったり、職人さんが作った工芸品の浴衣だと汚れへのあきらめができないと思います。

シミ抜きで評判の良いクリーニング業者や着物専門のクリーニング業者がありますから自分で難しいと思ったら思い切ってプロにお願いしちゃいましょう。

honmura