冠婚葬祭

新盆だと香典の相場はいくら?お金の入れ方や親族への挨拶の仕方も

新盆にお香典を包む際には相場がだいたいどんなものか?気になりますよね。

また、新盆なんてそうそう経験するものじゃないので、お金の入れ方や親族への挨拶の仕方などもうっかりすると恥をかいてしまいます。

そこで、新盆に渡す香典の相場からそのお金の入れ方、そして親族への挨拶の仕方について紹介してみました。

新盆に渡す香典の相場は大体いくらくらい?

新盆(にいぼん)は初盆(はつぼん)ともいい、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、正式には告別式が終わり四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことをさします。

通常のお盆では毎年夏に先祖の霊を祀りお墓参りをしますが、新盆では僧侶を招いて法要を営んだり遺族・親族以外にも故人とお付き合いがあった友人、知人を招く場合があります。

例えば親族と言っても旦那さんの親戚であまりお付き合いのない旦那側の叔父さんの新盆では香典の相場や親族の方への挨拶はどうしたらよいのでしょうか?

新盆での香典の相場は地域や法要の規模によって異なりますが、相場としては1人5,000円~10,000円が相場となるようです。

お斎と呼ばれる会食に出席する場合は1人3,000円~10,000円を足して入れます。夫婦で香典を出す場合は相場のおよそ2倍の金額にします。

旦那側の叔父さんの新盆ではあなたが30代であれば5,000円~10,000円となります。夫婦2人分なので2倍の金額を入れます。

単純に2倍にはせずに香典には3,000円、5,000円、1万円、2万円、3万円などきりのよい金額を包むようにしてください。

新盆で渡す香典のお金の入れ方

新盆での熨斗袋の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」です。お葬式で使う「御霊前」とは記載しないので注意してください。

水引は黒白ではなく、双銀、藍銀、黄白の結び切りを使用します。熨斗袋の色が通夜や葬儀とは異なりますので注意してください。

新盆の熨斗袋の表書きはそのほかに「お供」「御花料」「御提灯料」など、神式では「御玉串料」「御神前」などと記載します。宗旨宗派に関係なく使用できるのが「御供物料」などです。

表書きは夫婦連名で包む場合は中央に夫の名前をフルネームで記載し、あなた(妻)の名前だけを夫の名前の左隣りに記載します。

次にお札の入れ方です。
・お札の向きをそろえる。
・新札は使用しない。新札を使用する場合は一旦2つに折り目をつけてから封筒に入れる。
・だからといって汚いお札は入れない。
・お札の向きは裏向きまたは顔を下向きにする。ただしこれは必須ではありません。
・お札の枚数は4枚と9枚は避ける。

スポンサーリンク

お札を入れる中袋には金額と住所氏名を記載します。金額は「金壱萬円也」「金参萬円也」など金額を「金」と「也」で挟み、1や3、千、万などは難しい字を書きます。

一が壱、三が参、千が阡、万が萬などです。円は圓とどちらを使用しても構いません。

金額と住所を書くのは封筒の表と裏とで諸説ありますが、香典袋によっては記入する欄が印刷されているので印刷されている封筒は欄の中に記載するれば大丈夫です。

香典袋のお札の向きや入れ方は色々な説があったり風習によって違ったりします。大切なことは失礼にならないということ。

不快になるような汚いお札は使わない、表書きの文字は丁寧に書くなどの基本的な気遣いが大切です。

新盆で香典を渡すときの挨拶の仕方

新盆を迎える叔父の家に訪問する場合はまず施主に挨拶をしますが、どういう言葉をかけたらいいのかわからないですよね。

ご遺族にとっては大切な法要ですし、夫の親戚なので親しいわけでもない。その場合は通常行われるご挨拶をすれば大丈夫です。

例としては
「初盆の御供養に参りました。よろしくお願いいたします。」
「本日は叔父さんの新盆のお参りをさせていただきありがとうございます。」
「みなさまと御供養させていただきます。よろしくお願いいたします。」
などとお声がけすればよいでしょう。

特に受付などが設けられていない場合はこのタイミングで施主に香典を渡し、仏前にお線香をあげます。施主の案内があればそれに従ってください。法要に参加する場合は法要の式次第に従い新盆の法要が進みます。

新盆はお葬式ほど堅苦しくないものですが、新盆参りの訪問の服装は

男性は夏用の喪服または無地のスーツ(色は紺やグレーなどの地味な色)に白いワイシャツ、ネクタイも暗めの色で柄も控え目なものにしてください。靴下は黒、靴も黒です。

女性の場合は略式喪服または黒やチャコールグレーのワンピースにジャケット、黒または肌色のストッキング、アクセサリーはパール(白またはグレー)なら可能です。

靴は黒のパンプスですが、光沢のないシンプルなものを履きます。高すぎるヒールもNGです。

服装は肌の露出が少ないものを選んでください。また、ネイルはしない方がベターです。どうしてもネイルをしていくならベージュまたはベージュに近いヌーディーなピンクまでです。

まとめ

夫の親戚の法要ですと関係も深くなくどう対応したらいいのか迷うと思いますが、新盆は遺族にとっては大切なものであり、まだつらい時期である場合もあります。

礼儀を守って新盆のお参りをし、言葉にも気を付ける必要があります。かといってあまりあなたが緊張しすぎると遺族の方も気を遣ってしまうと思いますので適切な距離感で会話をすると良いです。

施主やほかの親戚の方ががお話ししてくれる場合はこちらは控え目にしてお話に耳を傾けるようにしましょう。

honmura