美容・健康

産後に腰痛が治らない原因とコルセットの効果について

産後に腰痛がなかなか治らないのは、妊娠・出産によって骨盤が大きく広がることが主な原因です。

特に、産後1ヶ月~3か月の骨盤は柔らかい時期であり戻しやすい反面、正しくケアしないと歪みの原因になりやすいとされています。

妊娠中に胎児を支えるために開いていた骨盤は出産後に開いた状態で不安定な状態となり腰痛を引き起こすからです。

出産後は、育児で赤ちゃんを抱っこする機会が増え、授乳中は赤ちゃんを抱きながら行う必要がありますが、今までと違う生活や慣れない姿勢で筋肉を使うことで、体に様々な影響を引き起こし腰痛を悪化させてしまうんですよね。

それに、夜中に授乳をしたり、おむつ交換をすることによって、まとまった睡眠を取ることができなくなり、育児の負担やストレス、運動不足などで、自律神経のバランスが悪くなります。

自律神経のバランスが悪くなると、血行が悪くなって腰痛となり、次は血行不良による冷えで寝付きが悪くなるなど腰痛の原因はいつまでも続いてしまうことになります。

産後の腰痛がすぐに治らない理由とは?

産後に開いた状態の骨盤は片側づつ徐々に元に戻ろうと閉じていきます。しかし、産後の育児で授乳や、おむつ交換など腰に負担のかかる姿勢を毎日行っていると、骨盤の閉じ方が右と左でバランスが悪くなってしまいます。

それから、骨盤の靭帯や関節が、正しい位置に戻らないままになってしまうと、骨盤を元に戻そうとしても自分の力では戻らなくなってしまいます。

そうなると腰痛がすぐに治らず慢性化したことで運動不足にもなり肥満の原因にもなります。

赤ちゃんをベビーベッドに降ろす時や布団に寝かしつけるなど、背中が丸くなる動作は腰に負担がかかりますが、腰に負担をかけないようにするためには、授乳の姿勢を変えながら行うことが大切です。

また、自宅で簡単に行えるストレッチを行ったり、バランスボールやヨガなどを取り入れて、体幹を鍛えることも大切です。

産後の腰痛にコルセットをする効果は?

産後の腰痛対策として、腰にコルセットを巻くと、腰痛が出にくい姿勢を取ることができます。

お相撲さんは、まわしの上にお腹が乗っている状態ですが、まわしも腰をしっかりと安定させるためにお腹を持ち上げてまわしを巻いています。

そしてコルセットは巻いているだけで腰痛を治すものではなく、痛みを出にくくするために固定するものです。

また、コルセットに頼り過ぎると、腹筋や背筋が弱ってきてしまうので、長期間使用するのはお勧めしません。

産後の腰痛コルセットは円数千円の安いものから1万円を超えるものまで幅広くあります。外出時に巻いても服にひびかない薄手ものがあったり、メッシュタイプのコルセットであれば、暑い夏でも無理なく使用できます。

中には、腰の部分に磁石が付いていて、血行を改善してくれるタイプもあります。育児で色々な動作をすることを考慮し、コルセットは、がっちりしたものよりも、伸縮性のあるものの方が楽に過ごせます。

まとめ

産後は出産により腹筋が弱くなっているため腰痛になりやすくなっています。

スクワットやプランクは全身の筋肉に働きかけることができる簡単な運動なので、産後太りを予防するためにも積極的に行いましょう。

honmura