敬老の日

敬老の日のプレゼントはしおりや絵本を!幼児に手伝わせたい場合も

敬老の日のプレゼンにしおりや絵本を予定している人へ!そして幼児に手伝わせて作りたい人へのアドバイス記事です。

敬老の日のプレゼントにしおりをプレゼントするなら

本好きなおじいちゃん&おばあちゃんのために、敬老の日のプレゼントをしおりにしてみてはいかがでしょうか。

しおりは買っても安いですが、簡単に手作りすることもできるのがいいところです。

例えば、祖父母との思い出の場所のしおりなんてきっと喜ばれるのではないでしょうか。

前に一緒に出かけた時にもらってきたパンフレットや、その時に買ったポストカードがあればそれを使って加工します。

なければその場所にもう一度でかけてそれらを入手し、しおりの形に切って加工してください。穴あけパンチで穴を空けたところにヒモを通せば簡単にしおりが完成です。

写真や似顔絵をラミネートして作ることもできます。

ラミネーターは数千円で売っているので家にあるという家庭も多いのではないでしょうか。

もしないのであれば、透明セロファンなどをピンと張って写真や似顔絵の上を覆い、裏をテープで貼って固定してもラミネートしたような状態になります。

これならラミネーターをわざわざ用意する必要もなく小さいお子さんでも手軽に作れるのではないでしょうか。

私がおすすめなのは押し花を使ったしおりです。

綺麗な小さめの花を押し花にし、先ほどご紹介したように透明セロファンでラミネートしたようにして作ります。

厚手の画用紙などの上に押し花を乗せればしっかりと固さのある丈夫なしおりが完成します。ぜひお試しください。

敬老の日のプレゼントは思い出を絵本に!

思い出を絵本にしてプレゼントするというのも素敵です。
絵本は業者に頼んでもいいですし、手作りでも楽しく制作できます。

業者に頼むと数千円かかりますが、その分仕上がりも立派で悔いの残らないものが出来上がることでしょう。

また、名入れをしてくれるお店もあり、オリジナルな作品にも仕上げることが可能です。完成度にこだわりたいならやっぱりプロに任せましょう。しかし、写真選びには十分時間をかけて手抜きと思われない作品にしてみてください。

手作りするのも案外簡単です。

小さめのアルバムやノートなどを用意し、思い出の写真とともに周りにメッセージを入れてみてください。

その時々の孫が書いたイラストや足型などを挟んでみても面白いかもしれません。もらう側もより喜んでくれそうですが、作る側としても思い出しながら楽しく制作できるはずです。

スポンサーリンク

私としては、読書好きの祖父母もしっかり楽しめるような作品にこだわってほしいと思っています。
メッセージもちゃんとストーリー性にこだわって作り上げた方が手の込んだものだと感じてもらえるような気がします。親子で時間をかけていいものを作り上げましょう。

敬老の日に渡すプレゼントを幼児が手作りするなら

しおりも絵本も幼児が作れる簡単な作り方があります。
今回はそれをご紹介していきましょう。

まずはしおりです。

先ほどご紹介したように、ポストカードや写真を切り取って穴を空け、ヒモやリボンを通せば完成します。

ただ、薄いとしおりとして機能しないため、厚みが必要なら2枚を重ねて補強してください。表と裏の柄が違うようにするとおもしろいかと思います。しおりは何も長方形にこだわることもありません。

○型でもいいですし、波型でも何でもかまいません。ただ、あまりに大きすぎると使いにくくなってしまうので気をつけましょう。

ちょっと凝ったことをしたいなら、しおりの形に切ったハガキや厚紙などの真ん中あたりをくり抜いて模様を入れてみるなんて素敵です。

そこにカラーセロファンを貼って上から透明セロファンで覆うだけで、まるでステンドグラスのようなオシャレなしおりが出来上がります。

先ほどご紹介した押し花のしおりも素敵ですが、見つけてきた四葉のクローバーを間に挟んでみたりしてもきっと喜んでもらえるでしょう。

絵本を作る時は、少しでも安く仕上げたいなら100円ショップを活用してみてください。
クリアファイルやバインダー、ポストカードホルダーといった絵本の台紙代わりになるアイテムがたくさん売られています。それらを土台にし、表紙はカラフルなリボンなどで飾って高級感を出しましょう。

孫とペアのしおりにしても良さそうです。
ふたつを隣り合わせにするとひとつのマークになるように絵を描いてみたり、全く同じものをふたつ作って「一緒に使おうね」「使う時に思い出してね」とメッセージを入れたりなどもできます。または、おじいちゃんとおばあちゃんのペアにしてセットで贈ってもいいでしょう。

私はしおりも絵本も個性が出しやすいのでどちらも手作りすることをおすすめします。
特にしおりは本好きの祖父母ならいくつあっても嬉しいはずですし、その日の気分や作品によって使い分けしたいかもしれないので、複数枚作ってあげてもいいのではと思います。

まとめ

敬老の日のプレゼントにしおりや絵本をおすすめしてきましたが、準備するイメージができましたか?

幼児でも簡単に手作りできるものなので、今年の敬老の日はぜひご検討ください。

祖父母の本棚にプレゼントしたしおりや絵本が置かれるようになれば、本好きな祖父母のそばでそっと見守っていられるような幸福感も感じられるはずです。

honmura