国内旅行

桂浜の駐車場に早朝から停めたい人へ 無料の場所や混雑についても

高知の有名スポットの1つ桂浜ですが、季節を問わず土日の観光客はかなり多いです。

交通の便が不便なところでもあるので出来たら車で行くのがベストですが、県外から来る方は早朝に着くこともあると思います。

そこで、桂浜の駐車場の注意点など地元民だからこそ知る情報とともに紹介してみたいと思います。

桂浜の駐車場は早朝から停めることができる?

桂浜に1番近い駐車場は「桂浜公園駐車場」です。営業時間は午前8時から午後18時までの年中無休で料金は普通車・軽自動車が400円、大型車(バス等)800円、タクシー160円、自動二輪50円、自転車は無料です。

収容台数も500台と桂浜の駐車場は結構広いく、わざわざ駐車場代払うもの?と思うかもしれませんが一回の値段なので、時間を気にすることなく桂浜を楽しめるのでやはりここを利用した方が便利ですよ。

周辺にコインパーキングはなく、実質桂浜に行くのに一番便利な駐車場はここと思っていたほうがいいです。

駐車場は午後6時から開門、午後22時30分に閉門と紹介されていることもあり、わかりにくいかもしれませんが実際料金が発生するのは紹介した午前8時から午後18時です。

なので、それまでなら駐車場を無料で使えますが出る時間に注意しないと係りの人に注意されると思います。

駐車場からメインの桂浜に行くまでには少し歩きます。おみやげ物店も多く、水族館もありますが早朝だとまだ開いておらず、ひと気がないのでちょっと雰囲気的にはつまらないかもしれません。

でも竜馬像の辺りへは歩いていくことは出来るので、雄大な太平洋の雰囲気を味わうにはいいかもしれません。

桂浜の駐車場で無料で利用できるところはある?

残念ながら無料の駐車場はありません。

上記で紹介したように桂浜公園の駐車場なら朝6時から8時30分まで、午後18時から22時半までは無料で停めることはできますが店など観光はできないと思っていたほうがいいです。

桂浜に行くまでの間に「高知県立坂本龍馬記念館」があり、こちらの駐車場は無料なので裏技として利用する方法もあります。

駐車場から桂浜まで意外と歩くので小さな子供連れやベビーカーを使うなら桂浜に一番近い「桂浜公園駐車場」に停めるのがやはり一番ベストです。

スポンサーリンク

桂浜に行くのならどうせならリニューアルされた「高知県立坂本龍馬記念館」にも一緒に行ったほうが記念になるのでこちらも是非立ち寄ってみてください。龍馬像と握手できる銅像もあり、写真スポットになってますよ。

車以外のアクセスはバスかタクシーになるので注意が必要です。路面電車も途中までなので注意してください。

桂浜への車でのアクセスは高知インターを降りて「桂浜」の標示に従い五台山道路を抜け、高知新港を右折します。しばらく道なりに行き、浦戸大橋を渡り「桂浜」の看板を左折すると桂浜に到着です。(所要時間約30分)

または、高知インターを降りて「高知市街」の標示に従い、鏡川大橋を抜け電車どおりを左折。宇津野トンネルを抜けまっすぐ行くと、右手に少し坂になっているのでそちらを通ります。

そのまま行くと突き当たって海沿いの花街道に出るので左折すると桂浜に到着します。(所要時間40分)

桂浜の駐車場の混雑するタイミングはいつ?

ゴールデンウィークなど混雑する時期は駐車場も満車になり、無料のシャトルバスが出るくらいですが普段の桂浜はそう混む事もありません。時間も少し昼過ぎが多いかな?といった感じです。

桂浜水族館に行くなら催し物の時間がHPで見えるのでそちらに合わせて行くのもおすすめです。混雑するといっても500台は収容でき、身障者用も5台停めることができます。

ゴールデンウィークなど浦戸大橋を渡るルートを選択すると渋滞につかまり、橋の上から動けなくなることも。地元に住む私もあまり深く考えずに通ったところあまりの混雑ぶりに引き返そうとしても動けないのでうんざりしてしまったことがあります。

この時期は臨時駐車場の開放や無料送迎バスもありますが、混雑する可能性が高いので車を利用するなら朝早く開園と同時くらいに着くようにするのが一番良いと思います。

無料のシャトルバスも混む事が多いので、混雑が嫌ならバスの時間をしっかりチェックして行き帰りと早めに並んでおいたほうがリスクが少ないと思います。混雑したとしても、それもまた旅の思い出として楽しんでくださいね。

まとめ

地元でありながらしょっちゅう行く桂浜は本当におすすめの場所ですよ。

特に晴れた日に浦戸大橋から眺める太平洋は本当に綺麗です。おみやげ物店をひやかしつつ、名物のゆずドリンクやイカ焼きを飲んだり食べたりするもの楽しみの1つです。

季節によって色々な表情を見せてくれる桂浜を坂本龍馬の銅像と共に楽しんでみてください。

honmura