国内旅行

高知の木曜市のおすすめと雨天時や駐車場について!

高知には木曜市というものがあり日曜市と並んで人気です。

日曜市が大規模なら、木曜市は縮小版のこじんまりとした地元民中心の街路市といった感じですが、高知観光が平日なら木曜市は立ち寄りたいところです。

そこで、木曜市に行く際のおすすめの店や雨天の際にどうなるか?そして駐車場の事情についてご紹介します。

高知の隠れた観光名所、木曜市のおすすめは?

木曜市は高知城の真下にある高知県庁の近くの市道で行われる市です。約70店舗と日曜市が400店舗近いのに比べてだいぶ規模は落ちますが、出店数は日曜市の次いで二番目の大きさです。

オフィス街の真ん中に立つ市で1971年からこの場所で開かれており、椰子の木が立ち並ぶ中での市は南国土佐と言われる雰囲気を味わうことができます。

朝はのんびりと買い物するお年寄りの横を通勤で急ぐ人も。また、昼は仕事の合間に昼食や買い物をする人も多いです。

日曜市はどちらかと言えば観光的な部分もありますが、木曜市は地元民の生活市といったイメージです。

もちろん、同じように高知ならではの食材や食べ物が多く、名物の芋天も買うことができますよ。平日なので芋天を買っている学生の姿を見ることも。

そうめんやところてんなど軽い軽食やおまんじゅうなんかも販売されているので、木曜市の近くの鏡川で食べるのもいいですよ。

鏡川は坂本龍馬も泳いだとされる川ですし、近くには土佐藩の歴代藩主を祭る山内神社もあります。もちろん、高知城もおすすめです。

高知の木曜市は雨の日はどうなる?

台風などよっぽどの悪天候でない限り、雨の日でも開催されています。木曜市自体、距離はそうないので雨でも楽しめると思います。

ただ、出店者によってはお店を休む場合もあるので普段より店数が少なるとちょっと物足りなく感じるかもしれません。

雨の日は傘をさしますが、買い物に夢中になって商品に雫が落ちたり、傘の先が他のお客さんに当たったり、なんてこともありがちです。お店や周りの人に気を付けるようしましょう。

多少の雨なら普通に開催されている木曜市。

日曜市ほどゴミゴミしておらず、買い物もしやすいうえに、見上げれば高知城を望むこともできロケーション的にはなかなか良い場所です。雨の日の高知城もなかなか乙なものですよ。

スポンサーリンク

高知の木曜市 駐車場のおすすめ場所は?

木曜市は高知県庁の路面電車をはさんだ南北に渡る大きな通りで行われます。

木曜市のすぐ側にも駐車場があり、周辺にはコインパーキングが多いうえに平日開催なのでそう困ることはありません。

木曜市から少し離れると安い駐車場が多く、そこを利用して市まで歩いたとしても、さほど距離はないので大丈夫です。

また、JRを利用するなら路面電車が便利です。「県庁前」で降りるともう、目の前に木曜市の路面店が見えているのですぐわかります。

木曜市の開催時間は日の出から日没の1時間前となかなかアバウトな時間帯ですが、商品を買いたいのなら品物が多い朝や午前中をおすすめします。

買い過ぎても発送をしてくれる店もあるので安心です。

疲れたなら近くには「ザ クラウンパレス新阪急高知ホテル」もあり、カフェでお茶をしたり、周辺には昔ながらの喫茶店もあるので休憩もできます、

まとめ

木曜市は日曜市の雰囲気を楽しみつつこじんまりとしているので、もっとゆっくり見ることができる市です。

町の真ん中で開催されているので周辺の観光にももってこいです。日曜市とはまた違った味のある木曜市を楽しんでみてはどうでしょうか?

honmura