国内旅行

野市動物園の夜の動物園の見どころや雨天やベビーカーの人への情報!

のいち動物園で開催されるイベントで人気のあるのが夜の動物園「のいちdeナイト」です。

昼間とはまた違った動物たちの姿を見れる人気のあるイベントを紹介したいと思います。昼間しか来たことのない方は、一度夜の動物園を楽しんでみませんか?

のいち動物園 夜の動物園のいちdeナイトの見どころ!

のいちdeナイトは比較的涼しい秋に行われるのいち動物園の恒例イベントです。

夜に活動的になる動物達のガイドや、お食事タイムといったイベントの他に、開催日によっては童謡コンサートや秋の星空観察なども行われます。

ほかにもプロジェクションマッピングやキャラクターショー、フェイスペインティングといったイベントも盛りだくさんです。

夜の動物園では普段見ることのできない夜の動物たちの生態を見ることができ、どの日に行っても楽しめる事間違いなしです。

そのため、当日は大変混雑すると思われるので暗くなる少し前に入場するか、公共交通機関を利用するといいですよ。

高知県立青少年センター・のいち駅・のいち動物公園と三か所を結ぶシャトルバスがあります。

入園料は普段の時と変わらず大人460円。18歳未満と高校生以下は無料になっています。9:30~21:00(入園は20:00まで)となっており、この日は日中から夜間まで開催されます。

問い合わせ先 高知県立のいち動物園 0887-56-3500

のいち動物園は雨でも楽しめる?

普段の日はもちろん、夜の動物園が行われる日に雨なんかふったら楽しめない・・・。とガッカリするかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

雨の日はまた違った動物園の楽しみ方ができるので予定変更なんかもったいないです。

雨の日に活発になる動物達もいますし、群れで集まって雨宿りする可愛い姿を観察できる場合もありますよ。

確かに移動は大変ですが、人も少なく、建物内で観察できる動物たちもたくさんいるのでゆっくりと見て回ることができます。

なお、夜の動物園の時も雨天決行なので、心配な場合は雨具を準備してくると安心です。晴れの日には味わえない一味違った経験が出来るかもしれませんよ。

スポンサーリンク

のいち動物園はベビーカーでも大丈夫!

のいち動物園ではベビーカーや車いすのレンタルもあるので安心です。

ベビーカーは200円で入り口ゲートでレンタルでき、コインロッカー(有料)もあります。また、車いす(5台)や双眼鏡も無料でレンタル出来ます。

園内自体は勾配があるエリアもありますが、ベビーカーでも十分周ることができます。また、授乳室は動物科学館に、トイレにはベビーベッドやベビーチェア、ユニバーサルシートもあります。

小さなお子様からお年寄り、体の不自由な方でも十分に園内を散策できるので家族みんなで夜の動物園はもちろん、日中の動物園を楽しんでみてはどうでしょうか?

まとめ

普段は入ることのできない、夜の時間帯の動物園に入園するだけでもワクワクしてしまいますよね。昼とはまた違う動物たちの夜の姿を見ることのできる、のいちdeナイトに是非、遊びに行ってみて下さい。

関連情報

→ のいち動物園の見どころは?レストランのおすすめや周辺の観光地はどこ?

→のいち動物園からアンパンマンミュージアムと桂浜との距離 香川からのアクセス方法も

honmura