お仕事

出張の持ち物で一泊の場合に最低限必要な物やあると便利な物は?

出張の際の持ち物で、一泊の場合となると長期滞在よりもむしろ難しく感じてしまいませんか?

一泊だけなら、極力コンパクトな荷物にしたいので無駄な物は一切持っていきたくありません!そんな一泊の場合、最低限あれば良いものって何でしょう?またあると便利な物についても調べてみました。

※なお、今回は男性編です。

女性の場合には→ 出帳の持ち物で女子が一週間行く場合にあると便利な物は? 

出張の持ち物 一泊なら?

仕事で外に宿泊する場合、それなりの準備をする必要があります。社会人たるもの、日頃から身だしなみには注意しなくてはいけませんが、出張の時にしか実際に会わないような人たちと仕事で一緒になる訳ですから、尚更これには気を付けたいところです。

一拍で出張の場合、出発の当日は普段通り会社に出社する気持ちで構いません。いつもと違うのは、向かう場所が会社ではない点と、荷物が多いことくらいです。泊りがけになるので、どうしてもその為の用意が必要になります。

この荷物に関しては、ビジネスホテルなどの宿泊先に仕事より先にチェックインできれば、必要になる物以外は置いて行ってしまいましょう。特に客先への訪問の場合、大きな荷物を持ちながら行くことは避けてください。チェックインの時間より早く行かなくてはいけない場合は駅のコインロッカーなどを利用しましょう。訪問先が支社など客先ではない場合は荷物を持ったままでも特に問題はありません。

2日目も同様で、チェックアウトをした後に再び客先を訪問する必要があれば、コインロッカーを利用します。また、帰る前に荷物をそのままロッカーに置いていかないように気を付けてください。これは冗談のような話ですが、実際にこれをやってしまい、慌ててロッカーのある駅に連絡をしてロッカーの業者宛に鍵を送り、送ってもらったという話もあります。

この際にはもちろんその為の実費などの請求を受けてしまい、そのような対応はとってもらえない場合には再び荷物を取りに行かなくてはならないので、これだけには注意してください。

出張の持ち物で最低限なら何がいる?

一拍で出張の際に必要になる持ち物は、携帯やスマホの携帯型の充電器ですね。電池切れで連絡つかないなんて出帳先では会社人生の命取りになりかねませんよ。

後は、着替えと身だしなみの為の道具です。男性であれば、替えのYシャツ1枚と、下着の上下と靴下、ハンドタオルやポケットティッシュなどのちょっとした衛生用品、そして愛用のブラシやシェーバーがあればそれらも持って行きましょう。

ブラシやシェーバーは、ビジネスホテルを利用する場合は使い捨てのものが用意されているので、それらで充分だと思えば必ずしも持って行く必要はありません。タオルも1枚は用意されていることがほとんどですが、持っていると何かと便利なので、自分で持って行ってもいいでしょう。

決まった整髪料やシェービングクリームがあれば、それらも忘れずに用意してください。ですが、よほど珍しいものでない限り、現地のコンビニやドラックストアでも買うことのできるので、荷物になるようであれば無理に家から持っていかなくても構いません。

連日客先を訪問する場合は、替えのネクタイを1本持っていくと、次の日の印象が変わります。相手も出張で来ていると分かっているので、2日とも同じネクタイでも特に悪い印象を持たれることはありませんが、特に営業職の場合はここにも拘っておきたいところです。

あとは旅費などのお金です。クレジットカードがあればそれだけでほとんど足りてしまう世の中ですが、特に出張先では万が一落としてしまった時に面倒になってしまうので、現金で用意しておいた方がいいかも知れません。

そして、現在では1人に1台が当たり前になっていますが、使っている携帯電話やスマホも忘れずに持って行きましょう。

出張先で身だしなみに自信が持てないのが心配なら

これは、出張に行き慣れていない人からよく聞く失敗談ですが、ひげ剃りや整髪料など、日頃使っているものは不要だと思い、出張先で安物のT字カミソリを買ったり、コンビニで適当なヘアワックスなどを買うと、普段通りの自分に仕上がらず、見た目に自信が持てなくなることも多いそうです。

髪型が変・・・、髭が深剃りできてなくてすぐにザラついてくる・・・、こんな状態では、ひと目が気になったり、いつもの自分を発揮できずに思った成果を得られないことも。

なので、身だしなみで重要なものは、いくら重くても、荷物がかさばってもやはり持っていくべきだと思います。

出張の持ち物であると便利なのは?

宿泊用の荷物とは別に小型のブリーフケースを持って行くと、現地ではそれだけで移動ができます。特に客先への訪問では大きな荷物のまま行くのはあまり印象が良くないので、これを持って行くことをおすすめします。

初めての地域の場合でも、携帯電話やスマホで各種の検索サイトやアプリを利用すれば分からないことはほとんどなく、特に地図や本などを持って行く必要はありません。その為に、その携帯電話やスマホの充電器を持って行くことをおすすめしますが、宿泊先がビジネスホテルの場合、各種の充電器が用意されていることも多いので、先に問い合わせてみましょう。それによっては余計な荷物を持って行く必要が無くなります。

宿泊先でリラックスしたい場合にはスウェットの上下などを用意すると便利ですが、一拍であれば荷物になるだけかも知れません。現地で仕事以外の特別な用事でもない限り、外出用の私服は特に持って行かなくてもいいでしょう。

また、しばらくはその地域の天気が良いと分かっていれば必要ありませんが、怪しいような場合には小型の傘を1本持って行った方がいいかも知れません。現地でビニール傘を購入しても構いませんが、帰りに邪魔になる可能性があるので、天気によってはできれば持って行きたいところです。

まとめ

一拍であれば、それほどの大荷物にはならないので、多少大きめなビジネス用のバック1つあれば大丈夫です。ですが、現地での移動を考えて、小型のブリーフケースを用意しておくと便利になります。

できる限り余計な物は持って行かないに越したことはありませんが、宿泊先によっては携帯電話やスマホの充電器を忘れないように気を付けてください。

注意することはこれくらいで、泊りでの出張とは言え、一泊であればそれほど身構える必要はありません。

honmura