国内旅行

ひろめ市場にひとり旅で行く人へランチやデザートのおすすめ!

ひろめ市場は高知の人気観光スポットで、ひとり旅の方にも人気があります。

市場なので大勢でわいわいがやがやといったイメージかもしれませんが、全国からひとり旅でやってくる人にもよくお会いしますよ。

そこで、ひろめ市場のひとり旅ならではの楽しみ方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ひろめ市場をひとり旅で楽しむには!

高知には地元の食材を使った美味しい料理を食べることができるお店もありますが、どうせならひろめ市場に行ってみませんか?

いくつものお店があり、名物カツオのタタキはもちろんお酒や定食もの、カレーに餃子、と高知のグルメはもちろん多国籍な味を楽しむことができます。

ひとり旅だとなかなかお店に入りづらく感じるかもしれませんが、ひろめ市場ではお店の決まった席、というよりは建物の真ん中辺りがフードコートのようになっています。

また、ところどころに椅子や机もあるので、1人でも気軽に食事を楽しむことができますよ。

ひろめ市場は基本、相席です。相席はちょっと・・・と思うかもしれませんが土佐人はオープンな人柄なので結構話しかけてきたりすることも。

いつの間にか飲み仲間、なんて状態になっているかもしれませんよ。

恥ずかしがったり遠慮していると座る席はどんどんなくなってしまうので、ひろめ市場ならではこの相席システムを楽しんでみてはどうでしょうか?

高知の美味しいものを食べながら、地元の人との会話も楽しんでみる。ひとり旅ならではの醍醐味ですよ。

スポンサーリンク

ひろめ市場でランチを食べるなら

ひろめ市場ではお酒がメインのイメージが強く、居酒屋メニューのような単品しかないと思われがちですが、結構お昼のランチメニューもが充実している穴場でもあります。

平日など500円で食べれるお店もあります。

おすすめは県外から食べに来る人もいる程の安兵衛の屋台餃子と、四万十の青さのりの天ぷらやうつぼのたたきです。特にタタキは塩で食べてみて下さい。

目の前で藁で焼くカツオのタタキ作りは迫力満点です。

他にも高知の名物うつぼのタタキや天ぷら、ひろめコロッケや人気の唐揚げなど単品を合わせて買ってオリジナルランチを作るもよし、お店のおすすめ日替わりランチを楽しむもよし、ひろめ市場は南国土佐らしく自由に楽しめるスポットです。

また、北側には「バル街」もあり、こちらはもとのひろめ市場とは違ったお洒落な落ち着いた雰囲気の空間です。

ワインやピザなんかも楽しめるので女性のひとり旅でも安心して料理とお酒を楽しめます。

ひろめ市場のデザートならこれだ!

メインのひろめ市場が高知らしい食文化や酒飲みと言われる雰囲気を味わえる空間なら、北側は少し落ち着いた空間なので女性や親子連れの方にいいかもしれません。

ランチをした後は土佐のスイーツを味わってみませんか?

高知では言わずと知れたコミベーカリーのお店があります。ここはチーズケーキが有名です。

他にも高知名物アイスクリンやパン、コーヒーも販売されています。チーズケーキは県外発送もできるのでお土産にいかがでしょうか?

また、津野町の物産展として人気の「満天の星」のあり、ほうじ茶が有名です。そのほうじ茶を使ったソフトクリームや満天の星大福は人気商品で売り切れる時も。

バル街にはお洒落はケーキ屋さん「ル・マルシェ」もあり、食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

土佐のグルメと美味しいお酒、地元の人との触れ合い、といったようにひろめ市場はひとり旅でも十分楽しめる場所です。

一期一会が体験できる、ひろめ市場の魅力を是非、体験してみてください。

honmura