冠婚葬祭

複数の古い墓石を1つにまとめる金額等を相談してみました

我が家のお墓は場所こそ1箇所ですが、200年以上前からの古い墓石も複数あり、全部で15個もの墓石があります。(全てにご先祖様が納まっています。)

そのうち1個は15年ほど前に新しく用意した大きな納骨堂ですが、他は1人1個の墓なので、花やお菓子などお墓参りのたびに費用も時間もかなり費やしていました。

冬以外は蚊に刺されながらの大変な作業です・・・

そこで、古いお墓を1つにまとめることができれば、もっと手がからないし、花も立派なものを豪華に供えることができると考え、ついに行動に移すことにしたんです。

そこで、今回は、16個のお墓を1個にまとめた場合の金額や依頼先の選び方、それに完了までの流れなどをご紹介したいと思います。全て私の実体験です。

まず今日現在では、見積もりが終わった段階の記事です。

古い墓石を1つにまとめる金額は

我が家のケースだと大きな費用は以下の4つとなるようです。(我が家は神式)

  • 古い墓を掘り返すのに1万円×墓数
  • 人件費
  • 重機等の費用
  • 神主さんへの支払い

まず、古いお墓は2mほど掘り返して土を取り出すと言われました。

その作業に小型重機が入れるなら1つにつき1万円ほど、手掘りになるなら2万5千円とのことでした。

うちは16個の墓石なので単純に16倍だと思ってましたが、よく見たら夫婦で1つの墓石になってるものがあったので、この場合は17倍で計算になるようです。

幸い、重機が入ることが確認できたので、掘り返し作業は17万円です。

後は、古い墓石は当家の墓地スペースの隅に並べることにして、処分費用はかからないことになっています。

後は、同じ墓地内の納骨堂に収めるだけなので数万円がプラスされることと、重機費用や人件費などで30万円で収まりそうです。

(正確な見積もりが出たら追記します)

古い墓石を1つにするにはどこの墓石屋さんでもOK

共同墓地は分かりませんが、我が家のように山などに昔からの当家の墓地がある場合には、墓石屋さんにはなんのしがらみもないので、好きなところを選んで大丈夫です。

ただし、我が家は地元で選びました。

その理由は、お世話になっている神主(うちは神式)さんと繋がりがあるところが何かと安心だからです。

スポンサーリンク

なお、お墓を1つにまとめる際には、お墓を掘る前とまとめた後にそれぞれ祝詞をあげてもうらなど神主さんにお願いをすることもあるようです。

これは数万円程度だと思いますが正確な数字が分かれば後日また追記したいと思います。

異なる墓地のお墓をまとめるなら役所の許可が必要とのこと

我が家の場合には1つの墓地内でのことなのでどこの許可も不要でしたが、もしも、異なる場所にある墓地を1箇所にまとめるなら、何と!役所の許可が必要になるそうです。

おそらく、これは作業を依頼する墓石屋さんがサポートしてくれますので、分からなくても大丈夫だそうです。

墓地引っ越し手続きの代行 について

なお、手続きの代行をしてもらうには、一般的には弁護士や司法書士のなかに「墓地引っ越し手続きの代行」を業務として行っているところがあるので、そちらに依頼することになるようです。

私の知り合いのママ友が言うには、代行費用は18万円ほどかかったそうです。

納骨堂を数m動かしてもらうことにしました

古い墓地は隅に寄せてもらうことにしたので、墓地は大きなスペースが空くことになります。

せっかくなので、墓地の端っこに設置していた納骨堂を墓地の中央に置いてもらいたくなり、「あまりお金をかけたくはないけど、可能ですか?」と相談したところ「可能」だと判断してもらいました。

納骨堂は設置時にしっかりと作業してる場合は移動させるのに大きな手間がかかると言われましたが、よじ登ってもらい、墓石を揺らしてチェックしてもらったら「これなら大丈夫」と判断してもらえました。

どうやら甘い設置作業だったようです。。。(安全上は問題ないレベルの話です。)

おそらく、納骨堂は墓地の中央にくるように今の場所から数m移動してもらうことになると思います。

ますます良い感じになりそうです。

まとめ

  • 古いお墓は1つにまとめることができる
  • 土葬してる場合には割高になる
  • 重機が入れない場合は手作業になるので割高になる
  • 今ある納骨堂に納めてもらうことができる(新しい墓石は不要)
  • 墓石は動かすことが可能(タブーじゃなかった)
  • 神主さんにも仕事を依頼することになる

15もの墓石があったので、下手すると100万円で収まらないかも・・・と不安でしたが、いざ相談してみたら思ってたよりもずっとやすかったです。

こんなことなら、10年以上前から早く依頼しておけば良かったと思いました。

後は、お墓に眠っているご先祖の皆さんが、今後、手厚くお墓の管理ができることで満足をしてくれれば言うことなしです。

これからはお供え物が15分の1で済むので、豪華な花もお菓子も用意しやすくなるし、墓石を洗うようなことも簡単にできることが嬉しくもあります。

 

honmura