手紙とハガキの書き方

残暑見舞いの例文を見れば返事は簡単!出し遅れた時や締めくくりも完璧

残暑見舞いを書かなきゃいけないのにどうしたら良いか分からない・・・。例えば担任の先生から来たものなんてすごくやっかりですよね。無視できないしw

そこで今回は「担任の先生から暑中見舞いが届いたけれど、返事は出せていない」というシチュエーションのためにどのように返事を書けば良いのか、様々なケースを挙げ、対処法を紹介したいと思います。

残暑見舞いの返事の例文

・返事に何を書けば良い?

手紙の文章もそうですが、季節のあいさつや締めくくりの言葉など、相手に言葉を送る際、何かと複雑なルールが存在します。

それだけで「うわっ……」となってしまい、どんなことを書けば良いか解らない、という方も多いでしょう。

とはいえ、暑中見舞いや残暑見舞いの目的は、先にも書いたとおり、「暑いけれど、あの人は元気にやっているかな?」と、相手の近況を知りたいというのが主な目的です。

そう考えてしまえば、それほど難しいこと無いのではないでしょうか。

先生が自分に対して「元気にしてる?」とはがきを送ってくれた。

気にかけてくれてありがとうございます。私はこんな風に、元気に夏休みを過ごしていますよ。2学期にまた会えるのが楽しみです。

そんなシンプルなことを素直に書けば良いのです。

先生は普段、学校でのあなたの様子を知っています。
どんな性格で、どんな友達がいて、何が好きで……。

確かに目上の方ではありますが、
そんな風に身近な存在として接している先生に対してなら、
無理に背伸びをして、難しいことを書かなくても良いはずです。

自分に書ける内容を、シンプルにまとめる。
こういったコンセプトを元に、文章を考えていきましょう。

以下は例文です。

[残暑見舞い 例文]

残暑お見舞い申し上げます

暑中見舞いのお葉書、真にありがとうございます。
毎日暑い日が続きますが、先生はお変わりありませんか。
先月末、私は家族と、母方の田舎である北海道に行き、
大自然の中で思い切り夏を楽しみました。
2学期にお会いできることを楽しみにしております。

平成30年8月

・残暑見舞いになるのはいつから?

夏に送るお便りとして、「暑中見舞い」と「残暑見舞い」があります。
これはどのように違うのでしょうか。

境目となるのは、「立秋」の日です。

「暑中見舞い」は梅雨明けから立秋の前日まで、
「残暑見舞い」は立秋の当日から8月31日までです。

立秋はその年ごとに日付が変わりますが、
例えば平成30年(2018年)であれば、8月7日となっています。

8月といえばまだ夏真っ盛りというイメージですが、
暦の上では立秋から秋が始まるという形になりますので、
「もう秋だけれど、暑さが残っていますね」という意味合いで
「残暑」という言葉が使われています。

残暑見舞いであっても、基本的な文面のルールは変わりません。

等身大の文章で、あいさつや近況報告をしてみましょう。

[例文]

残暑お見舞い申し上げます

暑い中にもかかわらず、お葉書をいただき、ありがとうございます。
この夏、私はお盆に父方の田舎へ行き、従兄弟たちと会ってきました。
皆でゲームなどをしながら楽しく過ごしたのは良い思いでです。
まだ暑い日が続きますが、先生もご自愛ください。
2学期からも何卒よろしくお願い致します。

平成30年8月

残暑見舞いを出し遅れたときの例文は?

・返事はいつまでに出せばいいの?

暑中見舞いや残暑見舞いなど、季節のあいさつを送るのは、
「暑い日が続きますが、元気に過ごされていますか?」と、
相手が無事に日々を暮らしているかを確認したい、
そんな意味合いが込められています。

例えばメールやLINEなどに置き換えてみると解りやすいかも知れません。

「最近暑いけど、元気?」と友達に送ったとして、
返事が全くなかったら、心配になりませんか?

もしかしたら、体調を崩してしまったのかな……と、
心配になってしまうのではないでしょうか。

こういったことを考えれば解るとおり、
返事はできるだけ早く、3日以内に出すのがマナーとされています。

・返事が遅れてしまったときは?

先の章にも記載しているとおり、
はがきをもらって3日以内に返信するのがマナーではありますが、
夏休みに長期の旅行へ行っていたので書けなかった、
どのように書いて良いのか解らないまま時間が過ぎてしまったなど、
返事を書きそびれてしまうこともあると思います。

スポンサーリンク

8月31日までなら残暑見舞いとして出すことはできますが、
それを過ぎ、9月になってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

この場合は、少し文章が複雑になるかもしれませんが、
「9月の季節のあいさつ」として、返事を出すのが良いでしょう。

その際、あくまでも礼儀の問題として
「返事が遅くなってしまって申し訳ない」という文面を入れましょう。

ただし、どうして返事が遅くなってしまったのかという理由は、
言い訳めいたものとして受け取られてしまうこともあります。
ここは、あえて書かないようにするのがポイントです。

暑中見舞いや残暑見舞いでは、「拝啓」「敬具」といった
頭語や結語は使わないのがルールですが、
このケースでは9月に入ってしまった後、
季節のあいさつとして文章を書くため、きちんと頭語・結語を入れてください。

拝啓という書き出しや、敬具という締めくくりの言葉、
9月のあいさつ文といった手紙のポイントを押さえて書けば良いでしょう。

[例文]

拝啓

暑さも日毎に和らいで来ましたが、先生はお変わりないでしょうか。
ご挨拶が遅れてしまい申し訳なく思います。
おかげさまで私も夏の暑さを乗り越え、元気に過ごしています。
季節が移り変わる時期ですので、先生もご自愛ください。

敬具

平成30年 初秋

残暑見舞いの締めくくりの例文はこれ!

・どう締めくくればよい?

先の例文でも記述していますが、
文章の締めくくりの定番としてよく用いられるのは、
「また会えるのを楽しみにしています」という意思表示や、
「ご自愛ください」といった、相手を気遣う言葉です。

暑中見舞い・残暑見舞いともに、
相手のことを思って出すものですから、
こういった気配りの言葉はとても大事だろうと思います。

学校の先生であれば、2学期にまたお世話になるのですから、
「来学期もよろしくお願いします」といった
あいさつの文を入れておくのも良いでしょう。

暑中見舞いを送ってくださった先生に対して、
「ありがとうございます」という感謝の気持ちを込め、
相手を思いやりながら言葉選びをする。

その作業こそ、手紙を書くということの意義なのではないでしょうか。

・日付や一言も添えた方が良い?

本来の手紙であれば、頭語・結語を必要としますが、
暑中見舞い・残暑見舞いに関しては、
「暑中お見舞い申し上げます」や、
「残暑お見舞い申し上げます」といった言葉が
それらの代わりとして機能していると考えれば良いでしょう。

そのため、頭語・結語や季節の挨拶は書かず、
シンプルなお礼や気遣いの言葉、近況報告を書けば充分です。

その際、いつ出したのかという記述はあった方が良いのですが、
細かく出した日付を書いたとしても、
郵便局の消印が、数日ずれてしまうこともありえます。

ですから、ここはざっくりと、
「平成○○年 ○月」程度に書いておけば良いと思います。

暑中見舞いであれば7月、
残暑見舞いであれば8月と書けば適切でしょう。

[例文]

残暑お見舞い申し上げます

暑い夏の最中、お葉書を頂きましてありがとうございます。
夏休みの期間、私は部活の練習がてら、箱根まで行ってきました。
坂を上るのは大変でしたが、その後の達成感は素晴らしいものでした。
暑い日が続きますので、先生もどうかご自愛ください。
来学期からもよろしくお願い致します。

平成30年 8月

4.まとめ

・文章に入れるパーツのまとめ

では、ここで改めて、残暑見舞いを出す場合の
記述するべき文章をパーツとしてまとめてみましょう。

1.「残暑お見舞い申し上げます」というあいさつの言葉

2.先生からの暑中見舞いへのお礼の言葉

3.自分自身の夏の近況報告

4.先生の体調などへの配慮の言葉

5.来学期からお世話になるというあいさつの言葉

6.「平成○○年 ○月」という大まかな日付

これらをきちんと記載しておけば、
礼儀を欠いた文章にはならないでしょう。

まとめ

暑中見舞いや残暑見舞いといったあいさつの手紙・葉書は、
季節を大事にする日本ならではの風習かもしれません。

暑い日が続くな、あの人はどうしてるかな……。
そんなことを思い、簡便なあいさつとして出来上がったのが、
現在の夏の挨拶なのではないでしょうか。

せっかく、こういった文化があるのですから、
手紙の文章は難しいと気負わず、
たまには、色々な人のことを思い浮かべながら、
その人を思いやる言葉を選んでみる、
そういうことをするのも、風情があって良いのではないでしょうか。

皆さんも是非、大切な人にお便りを送ってみてください。

honmura