季節のイベント

お中元を関西に贈るならいつまで?マナーやおすすめ品についても!

関西圏へお中元を贈る場合には、その地域に合わせたマナーが必要になってきます。関西ならではの時期や好む物があるのでその配慮ができなければ一発で嫌われることにも・・・。

そこで、関西の方へお中元を贈る時にここを押さえておけば大丈夫!というポイントを紹介してみたいと思います。(大阪のママ友からリサーチした内容も反映させてます。)

関西へお中元を贈るならいつまでならOK?

お中元を贈る時期は、関西では7月上旬~8月15日までに届くように贈るのが理想的です。できればお盆が終わるまでに相手の手元に届くよう贈るのが思いやりです。

(ちなみに、関東なら7月初旬から7月15日までに贈るのが一般的なので、関西は関東よりも贈っても良いとされる時期が長いんです。)

そして時期も適正な時期を過ぎて失礼の無いように関東と関西の時期が重なっている7月10日頃には、相手側が受け取れるように贈っています。

ちなみに、私の夫は転勤族なので、関東にも関西にも元上司がいて、いつまたそこに戻るかもしれなません・・・なので、今でも特別にお世話になった方にはお中元を贈っていますが、贈る時に関西と関東の時期を混乱しないように、同時期に贈るようにして、うっかり遅れを防ぐよう気をつけています。

以前、関西にいた時の上司の奥様が、「お盆シーズンは自宅を留守にする事も多くなるので、お盆休みになるよりも多少早めに受け取れると嬉しい」と言っていたのをいまでも毎年思い出します。

確かに、果物だったり開封後に冷蔵庫で場所をとってしまうような食品だと、お盆休みで長期に家を空ける場合には困りますからね・・・。

ここまでのまとめ

  • 関西は7月上旬から8月15日までに届ける
  • できれば7月中に送ってあげるとお盆休みで家を空ける人は助かる

関西の人へのお中元ぼマナーは?

お金にシビアなので負担をかけないように

日頃の感謝を込めて贈るお中元は、相手との関係性によっては多めに予算を組みたいという人もいると思います。しかしあまり高額になってしまうと逆に、相手に気を遣わせてしまう事になるので注意しましょう。

お中元をもらってそのお返しをするのはその家の奥さんです。それも関西の奥さんとなれば、金銭感覚はシビアですから、下手に気合を入れて高額な品を贈ると、「え~!高っかいわ~これ、お返しシンドイわ~」と迷惑をかけることになりかねません。

そこで基準となるのがお中元の相場です。ちなみに相場は全国共通で3.000円~5.000円になっているのでこの相場の範囲内で贈るのが相手も気が楽で助かりますよ。

関西の人には見た目の豪華さも大切

特に関西に住む方へのお中元の品物選びでは、包装紙などに品物のブランド名や店名やロゴなどが、大きく、わかりやすく明記されていると喜ばれる事が多いですよ。

醤油など嗜好が大きく異なる物は選ばない

関西での味付けは薄口というイメージも強いですが、食べ物によってはしっかりとした味付けを好む場合もあります。なので関西だから必ず薄口を選ばないといけないというわけでもありません。

それに、生まれ育ちが関西か?それとも大人になってから関西に住んでいるか?によって人の味覚の好みは違います。

なので、醤油のように薄口や濃口などはっきりし過ぎるものは避けるのが無難です。

ギリギリで贈ると迷惑になることも多い

また、最初の時期の話しと重なりますが、お中元は早くて迷惑なことはありません。

なぜなら、あまりギリギリになって贈ると、貰った方はあわててお返しの品を買いに行くことになり、用事を増やしてしまって迷惑な想いをさせることにもなるからです。

それに、シーズンの終わりともなれば、デパートやスーパー、またはネットで購入をしようにも、買いたいと思った品が完売していて手に入らないことも増えてきます。

とくに、8月に入ると値段の割りにお得感のある「欲しい品」がなかったり、店によってはどれだけ探しても気に入ったものが見つからず、探す方も「こんなんだったら貰わんほうがよかったわ」と迷惑をかけることにもなりかねません。

関西の方は、お金の使い方にもシビアですから、もし、ギリギリに買わないといけなくなって、お得な物が買えなかったら「ええ迷惑やわ」「空気読めへん人や」と・・・。

会社の上司の気持ちを掴むには、その奥さんの気持ちを掴むのが効果的というのは常識ですから、奥さんに「この人、仕事できひんやろ」「あんたの部下やからしゃーないわ」なんて言われたら、お盆明けからあなたの旦那さんは辛い目を見ることになると思いますよ。くれぐれもお気をつけください。

ここまでのまとめ

  • 高すぎると相手の予算に負担をかける
  • 相場は3,000~5,000円
  • 関西の人にはデパートのブランドや見た目の豪華さは無視してはダメ
  • 薄口や濃口は好みもあるので醤油などは避けるのが無難
  • ギリギリに贈らない

関西の人へのお中元でおすすめの物とは?

いくら贈る相手が関西の方とは言え、あくまでも贈る場合の基本は相手の年齢や一緒に住む家族構成なども配慮することは基本中の基本です。

日持ちを心配することなく、賞味期限にも余裕を持って選べる冷凍の肉おやジュースセットなども喜ばれます。

(ただし、最初から冷凍されている物でないとダメ!生肉を自分の家で冷凍すると味がガタ落ちします。でも、業者が特殊な冷凍方法で急速冷凍したものだと品質はキープできてます。)

普段買うにはちょっと気が引ける贅沢品がベスト

関西の方は、仮にいくら所得が多かったとしても、お金の管理にしっかりしている人が多いので、おそらく普通の主婦ならいつもは自分では買わないと思われる、少し割高な調味料などを選ぶのも喜ばれやすいようです。

普段使うにはちょっと高級過ぎるデパートの特選品などは、デパートブランドで満足してもらえ、そのうえ、中身で満足してもらえるので2度お得です!

高級料亭の缶詰や高級ホテルのスイーツなども喜ばれます。もちろん、それがちゃんと高級な物だと分からないと良さは伝わりませんよ。

ただし、ここで注意してほしいのは、「東京で流行ってます」という食べ物などを贈るケースです。全国どこでも認知されているくらいの物ならまだしも、東京に住んでる人くらいしか知らない流行のスイーツなどは、関西の人からすると「何これ?」で終わる可能性があります。

もちろん、味を気に入ってもらえればまだマシですが、そこそこ美味しいスイーツってどこの何を食べてもだいたいは似たような感じじゃないでしょうか?

それなら、人気具合や入手困難さなどがちゃんと相手に伝わる物を選ばないと損です。

贈る相手はアンチ東京な人では?

私の大阪の友達はアンチ東京な子で、東京で流行ってるものは何をあげても「ふ~ん」で終わりですw

もしも、お中元の送り先の上司やその奥さんが「大阪が好き」「大阪が一番!」という地元愛の強い方ですと、よほどの物出ない限り東京色が強いものは最初から毛嫌いされることもありますよ。

カタログギフトは避けるべき

何か1つに選ぶのが難しい場合にはカタログギフトを選びがちですが、上司にご家庭に贈るのはふさわしくありません。大阪の友達は「変なものよりカタログギフトが良い」と言いますが、それはあくまでも友人くらいです。

その人のために選んだという気持ちが伝わるのがお中元のウリでもあるので、何かしら選ぶことは基本です。

honmura