掃除・洗濯

コインランドリーの使い方 初めて布団洗いと乾燥をする人へ

コインランドリーって初めて行くと使い方が分からず不安ですよね。特に布団となればどうやって洗うか、乾燥時間や金額、お気に入りの柔軟剤が使えるか?疑問だらだと思います。

そこで、初めてコインランドリーを利用される女性でも簡単に布団を洗える使い方のコツなどを、コインランドリー店舗を経営してる経験を活かして紹介してみました。

コインランドリーの使い方 初めての人へ

コインランドリーに行くと様々な種類の洗濯機がたくさん並んでいますが、大きく分けると「洗濯機」「洗濯乾燥機」「乾燥機」の3種類です。

小型機から大型機まであり、洗濯物の量で選ぶようになります。最初に気をつけたいのは、布団は濡れると脱水をしてもかなり重いということで、ヘルニアやぎっくり腰を抱えている人の場合には、洗濯機から取り出す時に注意が必要です。

無理して引張り出さないように、店内にあるカートを使うなど用心された方がいいと思います♪

洗濯機の選び方と使い方

まず、洗濯機の選び方ですが、本来なら洗濯物を入れた状態でドラムが1/3ほどの隙間が空く洗濯機がベストです。

ただし、布団用は横から入れるタイプの洗濯機がほとんどなので、この場合は詰め込んで入るなら大抵は洗えてしまい問題ありません。上から入れるドラムと違って完全に水に浸されるからです。

使い方は簡単で、レバーをぐっと下に押すとドラムのドアが開きます。洗濯物を入れたらしっかりレバーを元に戻し、カチッと音がするまでドアを閉めます。

次に、お金を入れてコース選択ボタンまたは、スタートボタンを押すと、水と洗剤が自動投入され洗濯が始まります。終了時間が表示されるので、それまで自由に時間を過ごせます。

布団用の洗濯機は洗剤や柔軟剤は自前の物が使えない

このように、布団を入れることができる洗濯機となれば大抵は洗剤が自動で出るようになっていて、自前のものは入れることができません。

と言うのも、一度動きだすとレバーにロックがかかり脱水が完了するまで開けることができないからです。そこで、コインランドリーによっては乾燥機で使う柔軟剤も販売されている店があります。

例えば画像にあるような耐熱の紙のようなものに柔軟剤成分が配合されているものです。これは乾燥機に入れてつかうことで柔軟剤効果を与えたり、静電気を防止してくれる効果があるんです。

コインランドリーの使い方 初めて布団を洗う時には

コインランドリーで初めて布団を洗う際には、事前に「品質表示」を見て洗える素材かどうかのチェックをしましょう。洗濯機には使えるものと使えないものの説明のパネルなどがあるのですぐ分かると思います。

布団を洗うのにかかる費用は

金額は洗濯機が600~800円前後で乾燥機代が500円前後なので、トータルで1500円も見ておけば十分です。ちなみに薄手の布団なら乾燥機は小型洗濯機で600円くらいで乾燥機は300円でトータル1,000円かからない事もあります。

洗濯から乾燥が終わるまでの時間は

洗濯から乾燥まで1時間~1時間半ほどかかります。最近は、市販の洗剤や柔軟剤が入れられる最新型の洗濯機が置いてあるところもあります。

乾燥終了後に、乾燥の仕上がりが弱く湿っぽいと感じる時があります。臭いの原因にもなりますので乾燥専用機に移してもう一度乾燥をかけるとさっぱり乾きます。天気の良い昼間なら家に持ち帰って干すのも良いですね。

ウールや羊毛は縮んで堅くなってしまうので避けた方が無難

基本的に敷布団は無理とありますが、合繊のポリエステル素材は水洗いに適していて洗えるものもあるので、表示ラベルで確認してから洗濯しましょう。

キルト加工された羽毛布団なら洗えます

羽毛布団は、中の素材が偏らないようにキルト加工(中綿寄れ防止)してあるものは洗えます。洗濯機には、それぞれ洗える分量が表示されているので、シングル・ダブルなど自分の布団のサイズや枚数にあった機種を使ってください。

布団カバーは必ず取り外し、穴が開いていないか確認をしてから入れるのがポイントでもあります。

スタートボタンを押すと最初の紹介にもありましたように、洗剤や柔軟剤は自動的に投入されます。

洗剤は無料で出ますが柔軟剤はプラス50円や100円といった感じになります。

私がはじめてコインランドリーを使用した時は、知らずに洗剤を持って行きました。でも洗剤投入口がなくてかなり悩んだ事を覚えています。

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方 こたつ布団の場合

布団の中でも一番汚れるのがこたつ布団。小さいお子さんがいる家庭は食べこぼしなどたいへんですよね。我が家ではこたつ布団を洗う為、ワンシーズンに何度もコインランドリーに足を運びます。

我が家のこたつ布団は裏起毛の薄いこたつ布団で、ユニクロの巨大な袋に入れてコインランドリーに持ち運びをしています。袋がないとせっかく綺麗になったこたつ布団も持ち帰りの際にホコリや汚れがつくので注意してくださいね。

ちなみに、コインランドリーの店では持ち帰りに使える袋を売ってる店はまずありません。。。

裏起毛は乾燥機を使うと縮んでしまうので洗濯専用機のみで洗い、持ち帰り家で干しています。待ち時間は1時間弱ですが、近所なので家にかえり家事が出来るので便利です。

コインランドリーではカーペットの洗濯と乾燥ができる?

高価なカーペット、ウレタンカーペット、ウールや羊毛などの動物系繊維は縮むので洗えません。

でも、カーペットカバーやラグなど、ポリエステル、アクリル表示があるものなら大丈夫です、出し入れがしやすいくらいの大きめの洗濯機を選びましょう。

カーペットの際に注意したいのは、裏面に滑り止めなどのゴム素材がついているものです。乾燥機に入れると高熱で溶けてしまいドラムに張り付き賠償責任を負う事になりますので気を付けましょう。

※ゴム素材は乾燥機内で高温によって溶けてしまうので洗濯はできても乾燥機には入れることができません。脱水したものを持ち帰り天日干しするしかありません。

コインランドリーの使い方 柔軟剤を使うには

コインランドリーでは衣類を洗う小型の洗濯機(好きなタイミングで蓋を開けられるもの)なら柔軟剤が自前のものでも使えます、でも布団用のものは最初にロックがかかると終了するまで開けることも停止させることもできません。

なので、洗濯機に備え付けられている柔軟剤を使うか、先程の紹介のように乾燥機で使うタイプの柔軟剤を使うしか方法がありません。

ダウニーとかレノアハピネスとかいろんな好みがあると思いますが、どうしてもそれを使いたいというこだわりがある人は、洗濯と脱水までをコインランドリーで行い、後は自宅の浴槽などで柔軟剤を使うしかありません。

ただし、この場合には脱水が厳しいので現実的ではないと思います。

コインランドリーを使う際は営業時間にも注意

コインランドリーには、24時間稼働している店舗だけでなく、個人の方が経営されていて早い時間帯に閉店する店舗もあります。

うっかり忘れてコインランドリーが閉まってしまった場合、翌日の開店と同時に行って洗濯を取り出しましょう。洗濯が盗まれたらたいへんです。我が家の近くのコインランドリーは良心的なところで、経営者の自宅兼店舗になっているので午後11時までは電話をすれば開けてくれます。

24時間経営の店舗では、24時間オンラインでお客様サポートをするサービスをしている大型店もあり、コインが詰まった時などもオペレーターの人に連絡できて、返金の対応をしてもらえたり遠隔操作で機械を動かしてくれるので便利です。

また、コインランドリーは綺麗に清掃が行き届いている店を選ぶこと。そして防犯対策をしていますと宣言している店を選ぶ事が大切です。24時間営業店では深夜に浮浪者が入り寝ていたリ、中学生かたむろしている事もあるそうです。

私は以前、盗まれはしなかったものの、洗濯機のドアが開いていて、いかにも物色した後があり驚いたことがあります。

防犯カメラの設置がしてあるか確認し、安全で清潔な店を選びましょう。街のあちこちで増えるコインランドリー、布団ならクリーニングに出すより1/3の値段で仕上がります。便利に上手に安全に使いたいですね。

honmura