季節のイベント

七夕レシピなら子供もよろこぶ!子供向けのちらし寿司やそうめんも

七夕のレシピと言えば主役は子供さんですよね。保育園性や幼稚園生の子供がいる家庭では七夕料理が子供の一生の思い出になることも。

 

大きくなるとあまり喜んでくれなくなるものですが、まだお子さんが小さいうちなら、手伝ってもらいながら親子で思い出作りをしつつ七夕レシピで楽しめますよ。

 

そこで、どんな七夕レシピが子供が喜ぶか?そして、ちらし寿司やそうめんを使った子供ウケする七夕向けのレシピも紹介してみたいと思います。

七夕のレシピで子供が喜ぶものと言えば?

多くの子供が好きな料理となるとカレーですが、カレーなんていつも食べているし、七夕っぽくないと思っていませんか?でも、ちょっと工夫をするだけで子供が喜ぶ七夕料理になります。

 

七夕風にするために、見た目にこだわってみましょう。材料を星型にすると七夕向きのカレーになり、子供が喜んでくれます。

 

4人分の材料は、豚肉100g、人参1本、たまねぎ1個、オクラ4本、トマト缶1缶、スライスチーズ1~2枚、カレールー3個、水500ml、サラダ油大さじ1です。

 

人参は5mmの厚さに輪切りにし、星の形をした型抜きで形と抜き取っておきます。たまねぎはスライス、子供が食べにくいようならみじん切りにします。オクラは1cmほどに切ります。

 

鍋にサラダ油を引いて豚肉を炒め、色が変わってきたら人参を入れ、少し炒めたらたまねぎを入れてさらに炒めます。トマト缶、水、オクラを入れたら煮込んでください、材料が柔らかくなったらカレールーを加えます。とろっとしたらできあがりです。

 

お皿にご飯を盛ってカレーをかけてください。星型にしたスライスチーズをちらします。

スポンサーリンク

七夕のレシピで子供向けにちらし寿司を作るなら?

ちらし寿司は七夕の定番メニューですよね。ちらし寿司も具材を星型にすることで子供が喜ぶ七夕料理になります。普段食べるちらし寿司と味はほとんど変わらなくても、子供はかわいい見た目に喜んでくれます。

 

4人分の材料は、ご飯3合、ちらし寿司のもと、卵3個、キュウリ1本、スライスチーズ1枚、カニカマ3本、人参1/2本、いんげん2本です。

 

寿司桶があれば寿司桶に、なければボールにご飯を入れて、ちらし寿司のもとを混ぜて冷ましておきます。子供にやってもらってもよいですね。まぜまぜするのを楽しんでくれますよ。

 

薄焼き卵を作って薄く切って錦糸卵にし、キュウリは薄く千切りにします。インゲンは薄く斜めに切り、人参は星型に切り抜き、どちらも塩ゆでをしておきます。

 

スライスチーズは星型に型抜きをします。ご飯をお皿によそったら、具材をきれいに飾ります。子供と一緒に飾るのもよいですね。お星さまを散らすのを楽しんでくれると思います。彩を添えるならミニトマトを加えることもおすすめです。

七夕のレシピで子供向けに「そうめん」を作るなら?

七夕の時期は暑くて食欲が落ちると思いますが、そんなときでも食べやすいものがそうめんです。暑い時期はそうめんばかりでうんざりしている子供もいるかもしれませんが、七夕向きにすることでおいしく食べてくれることでしょう。

 

4人分の材料は、そうめんを好きな量、ハム5枚、人参1/3本、キュウリ1/2本、レタス3枚、ミニトマト4個、めんつゆ適量です。そうめんはゆでておきます。

 

料理が苦手な方は、そうめんの袋に記載されているゆで方をよくみてゆでてください。ハム3枚を星型に型抜きをして残り2枚はちぎっておきます。人参は型抜きをして塩ゆでをしておき、キュウリは千切りに、ミニトマトは4当分に切ります。

 

お皿にゆでたそうめんを川のように盛り付け、周りにレタスとミニトマト、ちぎったハムを添えます。そうめんの上に星型にしたハム、人参、キュウリを飾り付けます。

 

これらの飾りつけは子供にやってもらうと喜んでやってくれます。それに自分で作るといつもよりもおいしく感じてくれるのでママからしても一石二鳥ですw

 

最後は、そうめんの上にめんつゆをかけてもよいし、小鉢に入れためんつゆにそうめんを浸して食べてもよいですよ。

せっかくなので、準備の段階から写真をとって残してあげるとせっかくの手間が良い思い出として残せますよ♪

honmura