ペット

飛行機と犬に乗る際におすすめの会社は?座席や安全性についても

飛行機で犬を連れて移動するのがはじめての方はとにかく心配なことが多いと思います。そこで、今まで私がトイプードルを連れて羽田と福岡を何度も往復した経験をご紹介します。

航空会社の選び方や、小型犬なら座席で一緒に旅ができるか?それに、飛行機で犬を移動させることは安全なのか?それぞれについて以下を参考にしてみてください。

飛行機で犬と移動するならどこの航空会社が良い?

国内線の飛行機で移動をする際に、当然ですがペットの取り扱いに慣れている航空会社を利用する安心です。で、犬の飛行機輸送に関して信頼できる実績があるのは私の利用経験からも全日空(ANA)や日本航空(JAL)の2社です。

この2社は航空業界でも最大手だということもあり、とくに犬の輸送サービスに関するノウハウは非常にしっかりしています。私の職場の人達も、普段の移動は格安航空を利用してても、犬を連れて飛行機に乗る場合にはこの2社のどちらかを選んで愛犬と旅に出る人が多いですね。

犬連れで飛行機に乗る場合の疑問や質問があれば

犬の輸送には細かい規定がありますから飼い主さんとしては疑問に感じることや質問しておきたいことなどが次々と出てくると思います。そういった場合にもサービスデスクの担当に繋いでもらえば安心です。いつでも丁寧に全ての質問に答えてもらえますので他の新規参入の会社などと経験値の多さからも安心感が違うと思います。

特に、初めて飛行機による愛犬の輸送を利用する際には、搭乗日までの日数に余裕を持って手続き等を早めに行なうことが大切で、最悪、犬の調子が悪そうな場合などは便を遅らせたり、翌日に変更してもらうなど対処もスムーズにしやすくなります。

株主優待券を利用すればお金の追加無しでフライト変更が可能

これも私は経験済みですが、ANAの株主優待券を利用すれば、飼い主さんの都合や犬の体調などで急に予定を変更したくなった場合にも、お金の追加がなくフライトを変更してもらえます。

これが仮にネットの格安チケットなどを利用している場合には変更が効かずに、最悪の場合にはチケットが紙くずになるリスクもありますよ。

ちなみに、株主優待券は実際にANAなどの株を持っていなくても、ヤフーオークションなどでいくらでも売られていますし、街のチケット屋さんでも買うことができますよ。

スポンサーリンク

犬を飛行機の座席に座らせることはできる?

愛犬を飛行機に乗せて移動する際に、かわいそうなので是非自分の座席に座らせてあげたいと考える飼い主さんも多いと思います。ですが航空法により愛犬を機内に持ち込むことは現在、日本の国内線全てにおいて禁止されています。

その理由としては、狭い航空機内には犬アレルギーのお客もたくさんいます。いくら国内線で1時間から2時間程度の短い飛行時間だからといって機内に犬がいることで細かい毛などが飛散すると最悪の場合喘息発作を引き起こしてしまい命に関わる状況になってしまう可能性もあるのです。

そういったトラブルに配慮するために愛犬はサイズにかかわらず機内に持ち込みができないように定められています。

そういうことで愛犬はすべて貨物エリアの一角にある空気調節がされたペット専用の貨物室にクレートに入れて輸送するというのが基本的な規定です。

この規定は先にあげたペット輸送におすすめの航空会社である全日空、日本航空のいずれも同じで機内持ち込みは許可されていません。こればかりは仕方がありません・・・。

犬を飛行機に乗せるってそもそも安全なの?

航空会社によって飛行機に乗せても大丈夫な愛犬の条件が色々ありますが、やはり生後半年以降から老齢期と呼ばれる10歳以前の間に搭乗させるのが健康の意味合いからも安全だと言えます。

また、飛行機に乗せることが決まったら、搭乗日の1週間前ぐらいには一度かかりつけの獣医さんのところで健康診断を受けることをおすすめします。これは病気を見つけるためではなくて、神経質かどうかをチェックしてもらうためです。

その際に、もしも愛犬が非常に神経質というタイプの場合にはゆるい安定剤を処方してもらうこともできるようです。

あとは夏にどうしてもやむを得ない理由がある時以外はこの季節に愛犬を搭乗させることはなるべく避けた方が良く、飛行機以外の移動手段である電車、車などを考慮に入れるべきです。

特に夏は空港の気温が極端に上昇しますし、貨物室に搭乗させるまでの間に空港内を移動するだけでも高温な状態に愛犬がさらされる危険性があります。

そうなると熱中症になって弱ってしまい、最悪の場合死亡してしまうこともあるのです。ですから、どうしても夏に移動が必要というのであれば早朝便がおすすめですよ。

ただし全日空も日本航空も気温によっては真夏のペット搭乗を断ることもあるそうですので要確認です。

このように愛犬が飛行機に乗るということは、それなりのリスクがあることを理解した上で飛行機搭乗を決定する必要があります。かけがえのない愛犬だからこそ、安全かつスムーズに飛行機での移動を実現したいですよね。

以上のことを参考に、ぜひ愛犬との素敵な旅行を楽しんでください。

honmura