ペット

犬の夏バテ対策に 食事のことや下痢した場合についても

犬は人間が思っているほど夏の暑さにタフではありません。なので飼い主さんがうっかりしてると夏バテしやすいんです。

鳴くことで異常を教えてくれればいいですが、多くの場合は気がついた時にはぐったりしてたり、食欲が落ちてたり、場合によっては下痢をしてしまうケースもあります。

そこで、犬の夏バテにはどんな対策があるか?食事や下痢をした時の対処方法などもご紹介します。

犬の夏バテ対策の基本とは

室内での夏バテ対策には

室内ではもちろんエアコンを使いましょう。設定温度は、日頃から飼い主さんと部屋にいる時に様子を見て決めてくださいね。飼い主さんがちょうど良いと思ってもなんだか寒そうにしていたらちょっと温度が低いのかもしれません。

逆に、飼い主さんがちょうど良いと感じていても、犬が暑そうにハアハアと息をしていたらその温度では高過ぎとなります。

エアコンをかけて留守にしてしまうときには、部屋の隅に毛布を敷いておくなど、冷えすぎてしまったときに犬自身が自分で温かい場所へ移動できるようにしてあげましょう。

屋外での夏バテ対策には

屋外へでかけるときには、もしも歩かせることがあるなら肉球カバーを持って行きましょう。熱いアスファルトでは肉球を傷めてしまうことがあります。

また、保冷バッグに入れて小さな保冷剤をいくつか持って行くと役立ちます。

もしもハアハアと苦しそうにしていたら、保冷剤を首の周りやわきの下(足の付け根部分)に当てて冷やします。

とくに、後ろ足の股関節部分を冷やすと効果的です。冷たすぎて嫌がるようならハンカチなどの布にくるんで冷やしましょう。

犬の夏バテ対策の食事

犬は食事の量が少なく、人と違って夏バテを意識して自分で水分が多目の食事を選ぶこともできないので、飼い主さんは常に水分に意識をしてあげてください。

普段の食事では、ぬるま湯や水を加えて水分をふやしてあげてください。

おやつには、スイカやモモ、なしやりんごなど犬が好きな果物をあげると水分とビタミンの両方を補給することができます。

犬によっては氷をかじるのが好きという子もいるので、試してみると良いですよ。プレーンヨーグルトをなめるのが好きという子には、一日50g以下なら与えても問題ないようです。(念のため、かかりつけの獣医さんに相談してからあげるようにしてくださいね。)

また、食欲がなくなっていたら、手作りにチャレンジしてみてください。

野菜とお肉(鳥ささみの細切れや鶏むね肉のミンチなど)をやわらかくなるまで煮て、ご飯を入れておじやのようにします。味付けは必要ありませんが、トッピングにかつお節をのせると良い香りで食べてくれますよ。

夏バテ対策の食事は、10月を過ぎてエアコンがいらなくなるくらいまで続けましょう。

エアコンをつけている間は水分補給がとくに必要ですから夏バテ防止の食事にした方が良いですね。

スポンサーリンク

犬が夏バテで下痢をしたら

犬が夏バテで下痢をしてしまった場合、まずは飼い主さんの目で犬をよく観察してください。初期症状のチェックは大切で、仮に後に病院で診てもらうことになっても、最初にどんなだったか分かっていると獣医さんの対処もスムーズになります。

もし、下痢だけの症状で、犬自身が元気なら軽い夏バテ程度かもしれませんが、ぐったりしていて元気がない状態ならすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

病院へ行くまでの間も、ハアハアと荒い息をしていたら大変なので、冷凍庫に保冷剤があれば首や足の付け根を保冷剤や氷で冷やしてください。もしなければ途中のコンビニで2~3分も立ち寄ればクラッシュアイスの1袋でも買えますので、それで対処しながら行くという手もあります。

ただし、病院が近くならそのまま駆けつけた方が良かったりもしますね。ケースバイケースで状況判断してあげましょう。

仮に、自分で水も飲むことができて食欲もあり、元気なら1日程度様子をみてみましょう。ヨーグルトが好きな犬なら50g以下の範囲で与えます。

乳酸菌は腸に良いので、ヨーグルトを食べない犬の場合には乳酸菌を含むサプリなどを与えても良いですね。

下痢をしていたら、長時間ひとりぼっちにすることを避けて様子を見られるようにしてあげます。容体が悪化したらすぐに病院へ連れていきましょう。

まとめ

日本の夏は気温が高いだけでなく湿度も高いので、比較的暑さには強いといわれるシングルコートのトイプードルでさえも夏バテには十分に注意しなくてはなりません。

どうしても屋外へでかける時には、暑い時間や直射日光をできる限り避けてくださいね。特に、トイプードルなどの小さな犬は、体温調節がうまくいかないと命にかかわることもあります。

夏バテになってしまってから対策をするのではなく、夏バテを避けるように日ごろから犬の様子を見て注意してください。

honmura