ペット

犬とキャンプに初めて行く注意点や寝床やトイレについて

犬と一緒にキャンプに行くには知っておかないと行けないマナーとも言える注意点があります。

また、それを守りつつフィラリアなど蚊による被害から守るための寝床の工夫や、欠かせないトイレマナーについてもご紹介します。

犬とキャンプに初めて行く時の注意点

最近は愛犬も家族同様に考える家庭が増え、キャンプなどのアウトドアも一緒に楽しむ人が急増しています。

そのためキャンプ場もペット可のところが増えているので犬連れの人でも気軽にキャンプを楽しむことができるようになりました。初めてキャンプ場を愛犬とともに利用する際には、いくつか気をつけておかなければいけないポイントがあります。

犬同伴でも可能なキャンプ場とは言っても犬連れではない利用者もたくさんいます。もちろん犬嫌いの人も中にはいるかもしれません。

ですからマナーはきちんと守る必要があるのです。日頃からしつけをきちんと行なっておき、無駄吠えをしないことや他の犬に対して攻撃的な態度を取らせないようにするなどお互い気持ちよくキャンプを楽しむための最低限のしつけがとても重要になってくるのです。

さらにキャンプ場では胴づなやリードを必ずつけることを徹底させます。犬づれ可能のキャンプ場の中にはドッグランを設置しているところもあるのでドッグラン内だけでリード無しで遊ばせられるということになります。それ以外の場所では必ずリードは必須ですよ。

犬とキャンプに行ったら寝床はどうしたらいい?

キャンプ場での愛犬の寝床はテント内にいつも使い慣れたドッグベッドのクッションなどを置いてあげると一番落ち着くようです。

テントの外に犬を繋いでおくのは山奥などの自然に囲まれてキャンプ場ですと野生動物からの被害も考えられるので避けるようにしましょう。

プードルぐらいの小型から中型犬でしたらちょっと広めのテントを用意してテント内で一緒に寝るのが一番安心です。

その際にテント内でおしっこをしてしまわれる可能性があるので防水シートを床面に敷いたうえにペットシーツを何枚か敷き詰めておくと万が一のおしっこ失敗にもすぐに対応できで便利です。

また自然の多いキャンプ地ではマダニや蚊も多いので要注意です。マダニも問題ですが蚊もフィラリアの媒体となるので虫除けのキャンドルなどを灯したりポータブルタイプの虫除けをテントの入り口周辺に吊り下げておくなどの工夫が必要です。

また愛犬にもあらかじめマダニ対策としてスポットタイプの薬や飲むタイプの予防薬をキャンプに行く前にしっかり与えておくと安心です。

スポンサーリンク

犬とキャンプに行ったら時のトイレは

犬連れ可能なキャンプ場では、他の利用者のことを考えると犬のトイレは極力ペットシーツでさせるのがマナーとなります。

しかし散歩をしている途中でおしっこをちょくちょくするのはマーキングの習性なのである程度は仕方がないことです。ですが犬がおしっこをしたら、必ずペットボトルの水でその場をしっかり流すことが重要です。

特に夏場は犬のおしっこが残っているとニオイが発生してしまい他の利用客に迷惑をかけてしまうことになりあす。

うんちに関してもペットシーツを持ち歩いてうんちの体制をとったらお尻の下にさっとペットシーツや新聞紙を差し込んでその上にさせるというのがベストの方法です。

ペット可のキャンプ場によっては特定の場所を犬用のトイレエリアとして解放しているところもあります。そういった場所があれば必ずそこでトイレをすませるようにしたものです。

慣れないテントの中で寝たり過ごしたりすることになるのでテント内でのおしっこアクシデントの可能性もグンと高まりました、まずはテントを設営したらその下にはペットシーツを敷き詰めておくと、いざという時もしっかり水分を吸収してくれるので慌てません。

もちろん日頃からきちんとペットシーツでおしっこをする習慣をつけておくこともとても重要です。

honmura