料理

夏超ごはんとは?由来やレシピについても

夏越(なごし)ごはんと聞いてピンとこない人も多いと思いますが、実は日本で大昔から続くとある神事から派生した食事のことなんです。

そこで、今回は、近頃話題にもなりつつある夏越ごはんについて由来やレシピについて詳しく紹介してみたいと思います。

ちなみに、この記事をご覧頂いているのが6月30日前なら余裕を持って楽しむことができるかもしれません。ぜひ、新しい日本の食の風習を楽しんでみてください。

夏越ごはんとは?

夏越(なごし)ごはんとは、無病息災を祈る30日の行事「夏越の祓(はらえ)」に合わせ、2年ほど前から米穀機構がはじめた新たな行事となります。

この「夏越の祓(はらえ)」とは、一年の残り半年間の無病息災を祈る大切な神事の事で、一年の前半の最終日である六月の晦日、つまり六月三十日に行われる大祓の神事となっています。

神社では、その日に合わせ、「茅の輪(ちのわ)くぐり」が準備され、それをくぐる事で、半年間の罪などを清め、そして、残り半年間の無病息災を願うと言われています。

そんな、神事に目を付け、新たに始めたのが夏越ごはんなのです。日本人の主食であるお米に目を付け、今では、スーパーや大手飲食チェーンなどでも、この夏越ごはんのメニューを提供するところが増えてきています。

この行事を通して、新たにお米の大切さ、美味しさを知ってもらうことを基本にしている夏越ごはん。基本のメニューはあるものの、各社オリジナルの夏越ごはんメニューも多く展開しています。

もちろん、家庭でこの夏越ごはんを作って食べる事も可能です。各家庭オリジナルの夏越ごはんを楽しむのもよし!基本的な夏越ごはんメニューを楽しむのもよし!そんな、夏越ごはんになっています。

スポンサーリンク

夏越ごはんのレシピについて

夏越ごはんの基本的な形は、ご飯は基本雑穀米を使用します。その理由は、雑穀米に含まれた豆などで邪気を払う為!夏越ごはんレシピにおいて、この雑穀米だけは外す事ができないものとなっています。

雑穀米と聞いて、「どこで購入すれば良いのかわからない。」と言う人もいるかも知れませんが、最近では、自宅にある白米に混ぜて炊くだけのものがスーパーなどでも簡単に購入する事が可能です。

自宅にある白米にその雑穀米の素を入れ、炊くだけで完成です。

何も特別な手間暇などかけることなく炊き上げる事ができ、お勧めです。また、味も特別、気になるような事はなく、反対に白米よりも、もちっとした仕上がりで美味しく感じるのではないでしょうか。

そんな、雑穀米を準備する事ができれば、その上に乗せる具材を準備します。

夏越ごはんに乗せる具材

夏越ごはんの基本は、あくまでも、夏越の祓です。その為、「茅の輪」をイメージした緑や赤と言った旬の夏野菜を使い丸いかき揚げを作っていきます。緑は、ゴーヤやいんげん、枝豆やオクラなどを使用します。

赤には、ニンジンやエビ、パプリカなどもお勧めです。これらの野菜を中心としたかき揚げを作り、あとは、炊きあがった雑穀米の上に乗せれば完成!ただし、タレには、百邪を防ぐと言われる、これもまた旬のショウガを使用する事を忘れてはいけません。

以上が夏越ごはんの基本中の基本メニューとなります。

しかし、必ずしも、このメニューでなければいけないと言う事はありません。

例えば、ボリュームアップさせる為に、雑穀米にそばやうどんを付け、別皿にかき揚げをのせて置き、雑穀米とかき揚げを食べるのか?そばやうどんと一緒に食べるのか選ぶといった事も可能です。

まとめ

以上が夏越ごはんの意味と作り方となります。神社の中には、この夏越ごはんを六月三十日に無料で配布するような所もあるようです。

お参りをして、その場で、夏越ご飯を食べる事ができれば、残りの半年、元気に乗り越える事ができること間違いなし!かと思います。

節分の巻き寿司、ひな祭りのちらし寿司など、日本には、様々な行事に合わせ、お米を食べる習慣があります。これらに比べ、この数年の話しで、まだまだ、定着途中の夏越ごはん。

とは言っても、大手飲食店やスーパーなどが力を入れているという事もあり、今後、節分の巻き寿司などのように定着していく新たな行事になるかと思います。

honmura